廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-

廃墟の他、廃墟感のある場所や事柄、遺跡や遺構、時空旅行、暗渠、都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角など

★ 廃墟徒然草 -Sweet Melancholly- へようこそ ★

2020-01-01 00:00:00 | はじめに
拙blogは、廃墟はもちろん、廃墟感を感じる場所や事柄、遺跡や遺構、時空旅行、暗渠、
都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角などを徒然にアップしています。
当ブログはリンクフリーです。必要であればバナーをご使用ください。



★ お す す め 記 事 ★

中ノ島探索記:軍艦島の姉妹的島だった中ノ島。そのベールに包まれた実像を完全紹介。
消滅する街~新宿ノーザンウエスト~:高層ビルの狭間に残る新宿最後の昭和の街なみ。
鶴見線石油支線:廃線が物語る京浜工業地帯の発展と衰退、さらに現在の謎の運行まで。
東京暗渠~神田川支流~:たった3kmの暗渠に眠る、東京の知られざる街の記憶の旅。



★ 新     着 ★

01: 東京ディープツアー 2020年、消える街角:街角遺産で愉しむ東京時空散歩案内! [16 毎日新聞出版]
02: 誰も見たことのない世界遺産「軍艦島」DVD BOOK:過去媒体未出の映像・画像満載の豪華版! [16 宝島社]
03: 軍艦島オデッセイ〜廿世紀未来島を歩く〜:2008年発売のDVDがBD版で復刻 [15 日活]
04: オール讀物:廃墟から世界遺産まで簡単解説 [15 文藝春秋社]
05: 軍艦島 奇跡の産業遺産:世界遺産に“なれなかった”軍艦島の真の魅力とは [15 実業之日本社]

01  02  03  04  05 



★ 執筆関連作品 ★

05: 軍艦島入門:300枚以上のオールカラーの画像とともに軍艦島のいろはを解説した入門書 [13 実業之日本社]
04: 地形を楽しむ東京「暗渠」散歩:2のムックの増補書籍化。オールカラー&3D地形図採用 [12 洋泉社]
03: 東京ぶらり暗渠探検:東京山の手の暗渠を歩き尽くした国内初の暗渠本 [10 洋泉社]
02: 廃線跡の記録2:失われゆく鉄道大国ニッポンの原風景、第二弾。鹿島線を執筆 [11 三才ブックス]
01: ワンダーJAPAN vol.13:東洋一の砂選機。千葉にあった飯田建機工業のリポート [09 三才ブックス]

05  04  03  02  01


ワンダーJAPAN 連載『新宿ノーザンウエスト~昭和と平成の交差点~』(vol.06~09)
vol.06  vol.07  vol.08  vol.09



★ 企画・編集関連作品 ★

05: 軍艦島:ワンダーJAPAN TVの軍艦島スペシャルが未公開映像と共にDVD化決定 [13 日本コロムビア]
04: 軍艦島 廃墟からのメッセージ:軍艦島を世界遺産にする会坂本道徳による廃墟軍艦島からの未来へのメッセージ [14 亜紀書房]
03: 軍艦島 30号棟 夢幻泡影 1972+2014:閉山直前と40年後の軍艦島の姿をとらえた、写真家高橋昌嗣の懇親の作品 [14 大和書房]
02: 軍艦島超景:軍艦島の撮影に命をかけた写真家柿田氏の渾身の追悼写真集 [13 三才ブックス]
01: 産業遺産の記録:鉱業、建築、鉄道、軍事などヴァラエティに富んだ産業遺産の入門ムック [12 三才ブックス]

05  04  03  02  01   



★ O project 産業廃墟作品 [iOSアプリ] ★

03: 軍艦島黙示録 Vol.03『1972 青春 軍艦島』外伝 (iOSアプリ)
 軍艦島で仕事経験のある写真家の大橋弘氏のインタビュー [12 SCA talking book]
02: 軍艦島黙示録 Vol.02 昭和のタイムカプセル (iOSアプリ)
 島内に残る昭和の痕跡から昭和という時代を振り返る [11 SCA talking book]
01: 軍艦島黙示録 Vol.01 軍艦島ベストビューポイント (iOSアプリ)
 軍艦島を画像とナレーションで様々な角度から徹底解説 [11 SCA talking book]

03  02  01



★ O project 産業廃墟作品 [DVD] ★

11: 軍艦島 DVD BOOK 奇跡の海上都市 完全一周:島内を完全一周ノンストップで解説&空撮も収録 [15 宝島社]
10: THE OBROADERS オブローダー~廃道冒険家~:未公開映像を加えた廃道シリーズの劇場版、BDでリリース! [15 日活]
09: 廃道レガシイ:廃道アドベンチャー・シリーズの完結編!廃道DVD第三弾 [14 日活株式会社]
08: 廃道ビヨンド:前作『廃道クエスト』を遥かに越えて危険と冒険に挑んだ廃道DVD第二弾 [14 日活株式会社]
07: 廃道クエスト:廃道の魅力を様々な角度から紹介。廃道界のカリスマ平沼氏主演 [13 日活株式会社]
06: とっておきの軍艦島ガイド:軍艦島と関連施設をオープロ自らが隅々までご案内 [11 日活株式会社]
05: 鉄道廃線浪漫 -風の声、時の音-:鉄道廃墟を映像と音楽、随想的なナレで綴る映像詩集 [10 日活株式会社]
04: 軍艦島オデッセイ -廿世紀未来島を歩く-:昭和の超近未来都市。その過去へタイムトリップ [08 日活株式会社]
03: 軍艦島 -FOREST OF RUINS-:30年間封印された廃墟の聖地、軍艦島の全貌。国内初のDVD [04 日活株式会社]
02: 軍艦島ダブルアンセムパック:下記軍艦島2作品を1パックにした究極のDVDセット [08 日活株式会社]
01: 萌の季節 -Ruins in Green-:タルコフスキーを彷彿させる怒濤の雨水が降る廃墟他 [04 オルスタックピクチャーズ]

11

10  09  08  07  06

05  04  03  02  01


★ O project 産業廃墟作品 [書籍] ★

05: 軍艦島全景 -gunkanjima odyssey archives-:軍艦島のあらゆるフェーズがこれ一冊に [08 三才ブックス]
04: 廃線跡の記録:栗原田園鉄道、安比奈線、豊後森機関庫、他多数執筆 [10 三才ブックス]
03: ワンダーJAPAN vol.14:坑道から施設まで全てが残る池島炭鉱の詳細リポート [09 三才ブックス]
02: ワンダーJAPAN vol.12:上陸解禁になった軍艦島の見学コースを徹底リポート [09 三才ブックス]
01: ワンダーJAPAN vol.11:志免炭鉱竪坑櫓の内部見学の詳細リポート [09 三才ブックス]

05  04  03  02  01



★ O project 産業廃墟作品 [ウェブ] ★

 軍艦島オデッセイ -GIGA INDUSTRIAL RUINS-:軍艦島ウェブエンサイクロペディア





  
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『東京ディープツアー』の現地ツアー 開催!

2016-09-13 02:00:23 | 東京暗渠
6月に刊行し、既にお知らせした、
東京ディープツアー 2020年、消える街角』(毎日新聞出版)の連動企画として、
書籍で取り上げた物件を見ながらの街歩きを楽しむイベント、開催決定!

戦後70年以上が経った今もなお、
当時の姿が遺る平成のバラック街▼



バラック街付近に端を発し、西新宿まで続く、
拙ブログでも以前に取り上げた神田川の笹塚支流の暗渠下り▼



そして最後は、映画『不夜城』の舞台ともなった、
歌舞伎町でも、最も深い新宿のセンター街を巡る▼



ちょっとディープな東京再発見ツアーを、
私、黒沢がご案内いたします。

最後に、希望者参加の懇親会も、
新宿センター街の中華店「上海小吃」で行いますので、
みなさん、どうぞご参加ください。

【開催日】

2016年 9/22 (木:秋分の日)か9/14(土)の両日開催。
※内要は同じですので、ご希望の日にちをお選びください。

【時間】

15:00〜17:30 (バラック街と暗渠)
その後、各自移動して新宿歌舞伎町で集合
18:00~18:30 (新宿センター街)
終了後は、希望参加者での懇親会@上海小吃

【参加料】

2,000円 ※懇親会は別途(約3,000〜4,000)

【お申し込はこちら】↓
【9月22・24日限定】
平成に遺るバラックと暗渠、新宿路地裏ツアー
(書籍『東京ディープツアー』連動企画)


【提供】

TABICA



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『東京ディープツアー 2020年、消える街角』発売

2016-06-15 13:36:06 | 東京ノスタルジア
東京ディープツアー

最近の記事で、東京の様々な物件をランダムにアップして来ましたが、
それらをまとめた書籍、
『東京ディープツアー 2020年、消える街角』(毎日新聞出版)
が、本日発売です。

このブログで、
おもに「東京ノスタルジア」カテゴリーの物件をまとめたものですが、
それ以外にも、軍事遺構や水道遺産、鉄筋集合住宅など、
普通の観光案内には載っていない、
ちょっとディープなスポットを巡って楽しむ時空散歩です。

寄稿には、暗渠マスターの本田創氏、裏昭和マスターの藤木TDC氏、
赤線&色街マスターの木村聡氏、団地マスターの大山顕氏に参加頂き、
充実の内容となっています。

ぜひ、ご覧になってくださいませ。

<収録物件>
【軍事施設】
●品川台場――時空の歪んだ光景
●旧東京第一陸軍造兵廠――平成に甦った軍事施設跡
●戸山ヶ原軍事施設跡――江戸〜東京の変貌が眠るエリア

【鉄道遺産】
●赤煉瓦高架橋――ボロボロの高架橋に眠る帝都の面影
●新橋駅 幻のホーム――地下に眠る徒花
●東京都港湾局専用線跡――東京に養分を運んだ葉脈

【水道遺産】
●玉川上水余水吐跡――江戸時代の浄水システム
●砧下浄水場――水道事業の黎明期を伝える昭和モダン
●旧野方配水塔――内部潜入リポート

【路地裏酒場】(藤木TDC)
●神田小路・今川小路――追憶の戦後、ガード下酒場
●初音小路――閑静な住宅街に忽然と現れる木造アーケード飲屋街
●新宿センター街――青線建築が今なお残る魔窟

【花街残影】(木村聡)
●吉原――江戸の昔から連綿と続く色里
●玉の井・鳩の街――小説の舞台となった赤線跡
●消えた赤線跡――21世紀の色街探訪の形

【木造住宅素描】
●木造長屋街――長屋が育んだコミュニティー
●平成の奇妙な木造住宅A――都市のホコロビに潜む闇
●平成の奇妙な木造住宅B――最果ての桃源郷

【鉄筋集合住宅点景】
●同潤会三ノ輪アパートメント――初期鉄筋アパートの全貌(大山顕)
●旧東京市営店舗向住宅――震災復興の昭和モダン建築
●青山北町アパート――青山の別世界・昭和の団地(大山顕)

【新宿ノーザンウエスト】――15年にわたるスクラップ&ビルドの記録

【青梅】――様々な時代がミルフィーユ状態で残る不思議な街

【コラム】
●暗渠百様――川筋から見る東京の変遷(本田創)
●絶滅危惧種としての商店街――浅草地下商店街
●都市の御嶽〜空地――再開発の紙が舞い降りる地

◆東京ディープツアー 2020年、消える街角◆

価格:1,500円(税抜)
A5版/112ページ/オールカラー
発売元: 毎日新聞出版
発売日: 2016/06/14
ISBN-10: 4620323861
ISBN-13: 978-4620323862

東京ディープツアー

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

新宿センター街~夜

2016-06-12 01:14:57 | 東京ノスタルジア
世界最大の歓楽街、新宿です。
その中に点在する小規模の歓楽街の中で、
もっともディープなスポット、新宿センター街。
前回は昼のセンター街をアップしましま。
今回は夜のセンター街です。
Google Map
ひとたび夜になると、その妖しさは一段と増し、
まさに魔窟の名に相応しい様相となります。



センター街があるエリアは、
ロボットレストランやギラギラガールズなどの店が並び、
夜ともなると、歌舞伎町の中でもひと際ギラギラした街となります。
そんなギラギラのド真ん中に、
まるで時間のエアポケットに吸い込まれたような形で、
異彩を放つのがセンター街です。







前回アップした構造のよくわからない建物の1階に店を構える、
「ダリカレー」のギラギラな装飾は、
日本のギラギラとは異なるアジア~ンな雰囲気を醸し出し、
ここは東南アジアか?と思いたくなるほど。







ダリカレー横の路地を入った奥にある「上海小吃」は、
その店構えもさることながら、
蛙から鳩、果ては牛の筋とペニスやサソリの唐揚げなど、
国内では滅多にお目にかかれない珍料理が堪能できます。
もちろん、人気の揚げパンをはじめとした一般的なメニューも充実。
いずれも“日本化”が弱く、本場に近い味を楽しめるのが魅力です。







前回の記事でアップした、周囲を囲むように建つバラックも、
夜ともなれば、その雰囲気は一変。
エリア中心部のアジア博覧会とはうって変わって、
戦後闇市を彷彿とさせる世界がジオラマのように広がります。







前回に記事でもとりあげた「かずこ」
画像はお休み日のものですが、
普段は屋号が書かれた赤提灯が下がります。







新宿二丁目の有名店「白い部屋」出身のかずこさん。
くったくない話が面白いママです。
お店は不定休なので、事前に確認が必要かと思います。







路地を曲がるとセンター街のブラックホール、
クラブ「竹千代」があります。
ブルートタン制の建家に、サランラップ貼りのエントランス、
カウンター4席という、なにをとっても類を見ない店です。







竹千代ママ(左)と店長のまさるくん。
東京一のクラブと豪語する竹千代ママの話は、
とにかく面白い。
まさるくんとの漫才的な掛け合いも楽しく、
話を聞いているうちに、いつしか夜はふけて。。。

普通の歓楽街や普通の歌舞伎町に飽きたという方は、
新宿センター街へ足を運ばれてはいかがでしょうか。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

魔窟、新宿センター街~昼

2016-06-10 12:42:32 | 東京ノスタルジア
世界最大の都市、東京。
その中で最も巨大な歓楽街、それが新宿です。

特に新宿駅の東側一帯は、その全てが歓楽街を形成し、
駅から歓楽街の境界まで、徒歩で15分もかかるほど。
その中には、エリアを区切った小さな歓楽街が点在しています。
西口駅横の思い出横丁、歌舞伎町に隣接するゴールデン街など、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
そんな新宿の中に点在する小規模の歓楽街の中でも、
もっともディープなスポット、それが今回紹介する新宿センター街です。

Google Map
歌舞伎町の核ともいえる風林会館ビルの麓に位置するセンター街は、
Google Mapで最大拡大してもその中に収まってしまうほど小さな歓楽街です。



新宿センター街の入口。
「since1951」すなわち戦後6年が経過した時にできたことになります。
無料案内所に隣接して口を開けるセンター街のゲートは、
新宿一の魔窟への入口です。







メインゲートに隣接するビルは複雑な構造で、
しかも看板や店舗の拡張により、
その全貌を把握することが困難です。







かつて馳星周のベストセラー小説『不夜城』の舞台となった場所で、
金城武主演の映画でも知られます。
センター街内にある中華料理店で働く中国人が、
青竜刀で惨殺された実際の事件をベースにした物語で、
バブル景気で諸国からの移住者が膨れ上がった時代の、
歌舞伎町の話でした。







戦後、駅前の飲食街は付近に移転したのを受けて、
その流れ客をめあてに青線バーが建ち並んだそうです。
現在でも3階の「ちょんの間」が残る店も多いとか。







上の画像の中央の路地を進むと、
そこは昼なお仄暗い妖しげな雰囲気が漂います。







エリアの中央にある構造のよくわからない建物の周囲には、
闇市のバラックを彷彿とさせる店がひしめきます。
ひしゃげたトタンとベニヤ張りの建屋の上に、
様々なゴミが乗る光景は、
とても平成の世のものとは思えません。







きもかわいいギャルのイラストが壁面に描かれた店は、
かつて新宿2丁目の有名店「白い部屋」で働いていた、
かずこさんのお店、「かずこ」。







そして路地の曲がり角には20年以上営業を続ける、
おでんの美味しい「楓」
そして、おかまのママがきりもりする蒼いバラックの「竹千代」
隣接する黄色い麺処は、閉店して久しく経ちます。

エリア全体が戦後からの様々なダークサイドを体現して来たセンター街は、
ひとたび足を踏み入れた瞬間から異界へ彷徨いこんだかのような錯覚を覚えます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加