晴耕雨ログ

晴れの国の片田舎で暮らす自然派おばさんと気ままワンコのあれこれ
<17文字のひとりごと>

畑の片隅に

2017-03-07 21:07:51 | Weblog
 晴れの国、桃畑には黄色いタンポポ、白いハコベ、青空色の星のひとみが春を告げています。
しかし、今日は寒い。寒くてやりきれず午前中は図書館、午後は映画に出かけた。
 ♪悲しくて悲しくて とてもやりきれない~
たしか中学生の頃聴いたあの懐かしい歌と白花タンポポのアニメ映画<この世界の片隅に>をぜひ見たいと思ってました。
 昭和の悲惨な戦中の暮らしのひとコマひとコマにも人の温もりや幸せが感じられるものでした。
懸命に生きていく人の姿に涙があふれるばかりでした。
口下手な農婆には上手く伝えられません。ぜひ<この世界の片隅に>観てください。

 映画はアニメで描いたあの時代、先日のNHKラジオ深夜便<明日への言葉>もまたあの時代を落語で伝えるものでした。
<高座で伝える東京大空襲>アマチュア落語さんが伝えて下さいました・。
 <明日への言葉>再放送も願いたいところですが、ぜひこちらも訪問してみてください。
  < 春の野に一隅照らす明かりあり > 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のたより | トップ | 道草しちゃったぁ~ (#^.^#) »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (うらら)
2017-03-07 21:21:56
別名「星の瞳」と言う素敵な名前があるんですか!
稲取の空き地に咲いているのを見ました。
可愛いですよね。

「この世界の片隅に」は広島のお友達もとても感動したから見てと言われたのですが、こちらでは上映されていないんですよ。
満席になるほどの話題作で友達も二回目でやっと見ることができたというのに、なぜでしょうね?
残念です。
平和への熱き思い (晴耕雨読なくらし)
2017-03-07 22:18:57
確かこの映画は、
あまちゃんののんが声優しているのだね。
なかなか観に行けません。

12月に観光バスの中で、
母と暮らせばを観て涙しました。
2年落ちぐらいで話題の映画を観る爺です。
おはようございます。 (バジル)
2017-03-08 03:30:23
ホシノヒトミ、ここでもさいてるんですね~~。
我が家の窓から表を見たら今日もうっすら雪が降ったようです。
まだまだ春は遠い気がする北海道です。
「この世界の片隅に」、こちらでも上映されてはいないようです。
いつか上映してくれるかもしれません。
心して新聞の映画館だよりを見ておきましょう。
晴れの国 (ららおとめ)
2017-03-08 06:29:38
晴れの国のお隣、広島の竹原に滞在中です。
高速のサービスエリアでは、晴れの国の果物が、いっぱい並んでました。
瀬戸内海は、穏やかですね。
Unknown (fukurou0731)
2017-03-08 09:34:12
ルイコ様
おはようございます。
大阪も寒かったですよ。昨日より今朝の方が冷たいです。でも確実に植物たちは春を感じているようですね!
Unknown (夕螺)
2017-03-08 11:37:29
僕も原っぱの片隅に名も知らない雑草の花が咲いていると立ち止まってしばらく見てしまいます。
その瞬間はこの社会を忘れるのですが、しばらくして花の世界と現実の世界のギャップに心折れてしまいます。
映画は苦手なんですが、調べてみます。
いい映画なのに (ぐり)
2017-03-08 12:01:43
見られないということありますね
そういう映画こそ見たいっと思うのに
残念ですね
こちらも映画館がなくなり
映画会という形でしか見られないのが残念です
野に咲く花 (桑畑)
2017-03-08 16:09:57
ここに来た頃は、野になく花を写真に撮りまくりブログにUPしてました。
もうしぐさがたまらないですね。
そのころの感覚がなくなり
すっかり名前は忘れています。
年を取りました。

映画よさそうですね。
日程があえば見に行きたいです。

星の瞳 (ルイコ)
2017-03-08 20:33:19
 うららさんへ
 星の瞳がかわいいですね。お花の名前はやはり可愛くなくてはね。
 この映画は昨年の話題作ですね。
岡山ではどこの劇場も上映されていますが、きっと遅れてるのでしょうね。
 もう一度じっくり観たいほどいい映画でした。
邦画 (ルイコ)
2017-03-08 20:39:16
 晴耕雨読なくらしさんへ
 日常はTVをあまり見ないのですが、声優はのんさんですね。
 映画は一人で観るものとしてます。シニア割引になる60歳を迎えるのも喜びでしたが、いざ60歳を迎えてみても昔ほど出掛かられませんね。
 やはり邦画が何となく身に馴染みやすく好きです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事