晴耕雨ログ

晴れの国の片田舎で暮らす自然派おばさんと気ままワンコのあれこれ
<17文字のひとりごと>

えらい事になりにけり

2016-12-28 22:13:33 | Weblog
 申年がいよいよ去って行きそうです。なのに年賀状も出来てない。お餅も搗かなければと気をもみながらも、どちらも機械がやってくれるものと意外にのん気な農婆です。
昔と違いわが家の年賀状は書くものではなく作るものとなって久しい。それでも添え書きのひと言でもと気遣うものです。
 PCが働いてくれさえすればデザインを選ぶだけと軽く考えておりましたが・・・あらら、今までの手順はどうだったかなと去年までの事が思い出せない。
 四苦八苦して記憶を呼び戻しやっと出来ました。親戚用、夫のお付き合い用、私の親友への新年のあいさつ状。
来年は、古希を迎えることとなる夫の安否確認のような在職中のお付き合いはそろそろ欠礼してもいいのでは・・・と思いながら、自分の親友宛てには元気を誇示しようと気合も入ります。
 最低限の賀状を仕上げ、残りは後出し年賀状とさせていただきます。

 子どもにとって楽しみなのはお餅搗き。園や学校でのスタイルで爺婆のお手伝いです。
わが家は昔からお鏡餅と少しばかりの餡餅を丸めるだけであとは白餅・豆餅も伸し餅として切り餅になります。搗きあがった白餅から3組のお鏡餅を切り分けるのは夫の役割。
いたって簡単な機械餅つきにもお鏡餅には舅の代から役割分担があります。主の威厳でしょうか。
 孫たちの丸めるお餅もえらい事になりました。
  < 年波に右往左往の年の暮 >
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歳の瀬 | トップ | つつがなく »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく (ららおとめ)
2016-12-28 22:43:53
パソコン任せの年賀状、只今ひと言近況などの添え書き中。
餅米は、今から洗います。
29日は、二重苦とか云うらしいですが、我が家は「福ふく」と、読んで、明日餅つきの予定です。
機会任せの年賀状と餅つきです。
こんばんは (ブラ・ニンです)
2016-12-28 22:46:45
思い出せるのは明晰さと、若さのなし得るワザでしたね
新年を迎える準備 (しまそだち)
2016-12-28 22:57:48
餅つき 片付きましたの
丸餅 大きいですね

今日あたりに準備するのが 正しいのですね
実家では、 30日くらいに予定しています
皆帰るのが その日なので

年賀状 卒業したいです


省力しすぎかな (晴耕雨読なくらし)
2016-12-29 05:59:33
年賀状にしろ餅つきにしろ、
年内にやらねばならないことが遅れると焦るね。
ただ若い時のような根気がなくなったのも事実です。

餅は一時食べるだけだし、
餅米も作らなくなった数年前から、
餅つき行事は終わりました。
年賀状の添え書きも書かなくなりました。
門松も松を山から切ってくるのを止めて、
市販のお飾りとなってしまいました。
今は山からいただくのはウラジロだけです。

歳を重ねれば重厚で趣のある人生を送っているかと思った時もあったけど、
現実は省力化の人生です。
齢68年が10日後に迫る爺の呟きです。
おはようございます (うらら)
2016-12-29 06:15:49
私も毎年、パソコン前に思いだすまでに時間がかかります。

我が家はもうお餅はつきたて一升のし餅をスーパーで買ってきます。
昔はお孫ちゃんたちのように私たち姉妹も祖母のお手伝いしていましたね~
丸餅に何個か小豆餡を入れて食べるのが楽しみでした。

なんだか懐かしい。
くたくたです (ようちゃんばあば)
2016-12-29 07:25:47
嫁が30日まで仕事で留守なのに 孫が一日中いるので 日頃に経験ない肩こりが~~!!
きょうから 息子や夫も休みなので おひるごはんだけでも にげだしたい!!

お孫さんたちのおもち 粘土遊びみたいで 楽しそう。
自己責任で食べてもらいましょう(笑)
いい記憶が残りますよねえ。

おはようございます。 (タカコ)
2016-12-29 08:41:24
お孫さん、上手に遊ばせながらの暮らしの伝授、
息子たちにはできなかったなぁ~と、反省。

ところで、搗きあがった白餅から3組のお鏡餅を切り分けるのは夫の役割。と、有りますが、
四角い鏡餅?じゃないよね。
Unknown (fukurou)
2016-12-29 09:46:17
ルイコ様
おはようございます。
寄る年波ですか?
如何ともし難いですね!
やっと昨日十数枚の年賀状を出しました。あとは来てから出します。
来年70歳で年賀状卒業宣言でもしようかなと思っています。
孫の手 ()
2016-12-29 17:24:49
忙しそうですね。
年の瀬が詰まって来ますと忙しくなくっても気がせきますね。
PCのおかげで年賀状も自宅で都合のいい日に出来ますし、餅つきも機会が有れば半日も有れば十分に付けますから便利な世の中になったものですね。
孫の手を借りて人手でする力作業はやはり熱が入っていい思い出になりますね。
なるほど・・・ (ルイコ)
2016-12-29 19:38:15
 ららおとめさんへ
 29日のお餅搗きは苦が付くと言われるようで我が家は28日となってます。
福が付くと理解すれば納得ですね。
 伸し餅は切り分けてこそお餅なんで早目に搗くことになります。こんないわれももう少し大きくなると教えましょうかね。
 大掃除もまだ出来てませんし・・・家庭の主婦は大変ですよね。
苦心の作 (ルイコ)
2016-12-29 19:42:59
 ブラ・ニンさんへ
 年々歳を取り、反応の鈍い事。ゆっくり頭を解きほぐして思い出すのも脳のトレーニングと思えばいいでしょう。
 しかし、年賀状はそろそろおいとましたいところです。
お餅完了 (ルイコ)
2016-12-29 19:49:52
 しまそだちさんへ
 お餅だけは完了ですが・・・いつも新年準備は除夜の鐘を聴きながらも続く我が家です。
 大きく見える丸餅はお仏壇や神棚用の小ぶりなものです。床の間用も我が家サイズは驚くほどコンパクトです。(^_^.)
 お母様はお待ちかねですね。
良いお正月を・・・。(^_^)/
迎春準備 (ルイコ)
2016-12-29 19:58:47
 晴耕雨読なくらしさんへ
 我が家の迎春準備は嫁いで40年になりますが、昔と変わらず続けております。
 もち米も自家栽培するわけでもないのですがやはり年末行事として止められませんね。
 ウラジロが揃えば立派です。我が家はウラジロこそ田舎とはいえ調達できません。
 新年はお誕生日とおめでた続きですね。
第二人生は省力化で末永く歩みましょう。
あら、よかった(^_^.) (ルイコ)
2016-12-29 20:05:42
 うららさんへ
 スローな始動は私だけでなかったのね。
記憶をよみがえられるためには少し早目に取り掛からなければ・・・来年への教訓とします。(^_^.)
 関東は伸し餅ですね。
昨年、うららさんのブログに切り分け目盛付きのビニール袋入りの伸し餅があったような気がします。
 丸餅食文化のこちらでは見かけませんが・・・。(^_^.)
同じく (ルイコ)
2016-12-29 20:14:17
 ようちゃんへ
 わが家も同じく、母親が仕事に出ている間は孫守りしながら爺婆は迎春準備です。
 年末は冷蔵庫の片付けメニューでお昼を済ませています。普段は上げ膳据え膳の私も久しぶりの台所仕事は新鮮です。
 
 (ルイコ)
2016-12-29 20:19:43
 タカコさんへ
 孫を見るのは我が子の時とは少し違いますね。歳を取ると気持ちに余裕が出来るのでしょうか。叱るべきでないと寛容になれます。
今思うに、子育てはこうはいきませんでした。(~o~)

 うふふ・・・鏡餅は勿論〇ですよ。切るのではなく手でちぎる(千切る)わけですね。
年賀状 (ルイコ)
2016-12-29 20:24:07
 fukurouさんへ
 今年こそ、今年こそと安否を知るだけのお付き合いの年賀状はごめんなさいにしようかと考えます。
 定年してしまえば疎遠になるのも致し方ないでしょうね。
70歳定年制、どこか区切りでいいですね。
年賀状 (ルイコ)
2016-12-29 20:28:51
 燦さんへ
 PCを使うようになって年賀状もずいぶん楽になりました。ただ、操作を忘れる中古に参ります。
 その昔は、印刷屋さん任せ、いつからかプリントゴッコなるものが登場して遊びのように作ったものです。
 懐かしい年賀状作成は40年近く昔でしょうか・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL