でこのブログ☆私好みの宿日記

雑誌やブログで気に入った宿や店を見つけては
あちこち出掛けています。

HIRAMATSU熱海1 静岡県

2017年05月16日 | 静岡県の宿

ネコの事も自分の中で区切りを付け、娘の結婚式も無事終わり

ちょっと骨休めに、熱海に行ってきました。

熱海駅って知らない間に、新しい駅ビルが建ったんですね。

古めかしいイメージだったのが、駅ビル1つでなんだかとてもオシャレな町になった気がします。

駅の外に出たら、テレビ局の撮影に遭遇。

真ん中に写ってる「ニッチェ」の江上さん、実際見たら・・・小柄でびっくり。

さて・・・久しぶりの熱海で選んだ宿は「HIRAMATSU熱海」

熱海駅に着くと、タクシーの運転手さんが「〇〇様」と書いたネームカードを持って改札口に立っていました。

ひらまつは、専用車ではなく、タクシー送迎なんです。

熱海駅の外には「熱海ふふ」のスタッフさんが同じく名前を書いたネームカードを持ってお出迎え。

ふふは名前が印刷されていましたが、ひらまつは手書き。

それもマジックで書いたカタカナ文字。

このおじさんが書いたのなぁ~~下手な字だった・・・(ーー;)

ま、いいけど・・・

「ひらまつ仙石原」は、HPを見ると、賢島に似た感じなので、あまり興味が湧きませんでしたが

「ひらまつ熱海」は、和の雰囲気で、ラウンジやレストランの写真がとても素敵だったので期待感一杯!

場所は熱海駅から車で15分ぐらい。

熱海の高台・・・熱海城のすぐ近くにあります。

道路を登っていくと、通り過ぎてしまいそうなこんな小道があり

ここを進むと門が現れます。

入口に看板がなければ、ここが宿とはわかりません。

お金持ちの大豪邸か、別邸に見えます。

実際、ここは以前個人所有の別宅だったんだそうです。

横を見ると・・・熱海城。

門をくぐると日本庭園が広がり・・・

その奥に数寄屋造りの母屋が見えてきます。

その前の石畳には打ち水が・・・

さぁ~ここが「ひらまつ熱海」の玄関です。

現代の名工、木下孝一棟梁により数寄屋造りの建築。

洋風の「ひらまつ賢島」とはまったく違い、ここは完全に和の世界です。

日本伝統建築である数寄屋造りは、質素でありながら凛をした佇まいで

洋風建築では味わえない趣を感じますね。

玄関。

タクシーが到着すると数人のスタッフさんがお出迎え。

なんだか、だれかの私邸にお邪魔するような感覚。

襖を開けると掛け軸が・・・井上有一の書。

玄関ホールはそれほど広くはありません。

まあ大勢がドヤドヤ訪れる様なお宿ではないので、これぐらいでも十分ですが。

玄関から外を見たところ。

玄関正面を左へ進むと客室棟へ。

右へ進むとラウンジです。

ラウンジ。

ここでウエルカムドリンクをいただきながらチェックイン。

ジュースは、賢島と同じアランミリア。

どれにしようか迷っていたら、女将さんが「全種類味見されませんか?」と言って下さり

5種類すべて一口ずついただきました。

もちろんすべて美味しかったのは言うまでもありません。

ラウンジの外には、こんな席もあり、ここに立つと「初島」「伊豆大島」「三浦半島」

「房総半島」が一望でき、それはそれは素晴らしいロケーションでした。

次は客室の紹介ですが・・・和の玄関やラウンジと、対象的な洋の客室です。

そのギャップが意表をついて面白かったです。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸みなと温泉 蓮 兵庫県 | トップ | HIRAMATSU熱海2 静岡県 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熱海! (まろろん)
2017-05-16 19:01:16
素敵な予感がします。

私も熱海から 帰ってきたところです。
前から興味のあったMOA美術館に行ってきました。
駅前は レトロ感いっぱいのビルと 新しいところが混在してますね。
泊まったのは ワクワク感は無いけれど 気楽な後楽園ホテルの17階でした。
廊下から 熱海城の下に トンネルが見えたのですが、そこを進むと あんなに素敵な”ひらまつ”があったのですね。
続きを 楽しみにしています、
Unknown (アリス)
2017-05-17 05:26:08
でこさん、おはよう!
次の記事は娘さんの結婚式の記事だと
思っていたよ~

ドレスを見たいです!

でも、骨休めの旅行、いいよね~
こういう高級ホテルにゆっくりできたら、気分も
リフレッシュだね。

私も滋賀県、車で行くのはめちゃ遠かったけど、
びわこバレイも楽しめたし、ラッコリーナも
行けたし、でこさんのブログで紹介されていた
「琵琶湖ホテル」も大満足でした。

でこさんのブログ見てなかったら、滋賀県に興味
持たなかったから、こSNSの力です。

ひこにゃんも、実物はめちゃ可愛かった~

ひらまつみたいな高級ホテルは記事を見て楽しむ
だけだけど、目の保養させてもらうね!
Unknown (でこ)
2017-05-18 05:26:18
まろろんさんへ
猫の件では暖かいお言葉をたくさん頂きありがとうございました。
あの後、少し嬉しい事があったので、それはまた記事にしますね。
熱海後楽園ホテルは高層なのでさぞかし
お部屋や大浴場からの眺望がいいでしょうね〜
実は熱海には数回行きましたがMAO美術館には
行ったことがありません。
有名なのにね。。
どうでした?良かったですか?

そうです!
そのトンネルの少し先にありました。
ひらまつ…素敵なお宿でした。
また続き見て下さいね。
Unknown (でこ)
2017-05-20 04:47:53
アリスさんへ
香川から滋賀は遠かっただろうね〜
車はアリスさんが運転したの?
アリスさん遠くても平気で運転できる人?
インスタ見て、あちこち楽しめた様子が
伝わってきたよ!(^^)
琵琶湖テラスなかなか良かったでしょー
琵琶湖ホテルの記事も楽しみです。
先日友人が1泊で名古屋から道後温泉までクルマで行ったそうで
「遠かったぁ〜」と言ってたわ。
ほぼクルマに乗ってた記憶しかないと(苦笑)
でも、金比羅さんにも寄ったらしいよ。
私も早く香川に行ってみたい!
Unknown (ぴのこ)
2017-05-20 19:12:03
こんにちはー

熱海はしばらく行っていないから、駅ビルが変わったことも知りませんでした。ひらまつの記事を楽しみにしています
「下手な字」

ウケたけれど、ちょっとヒドイんじゃなーい?笑
Unknown (でこ)
2017-05-21 05:44:22
ぴのこさんへ
ひらまつだから、どんなお迎えかちょっと期待したのよ。
そしたら見た目お疲れモードのおじさんが
マジックでテキトーに書いたっぽい名札持って
ボ〜〜っと立ってるじゃない。笑笑
おまけにカタカナで。
え?あれがそう??…と、かなりがっくり。

その隣に立ってた「ふふ」のお兄さんさんが
若くてイケメンだったから余計感じたのかもしれないけどーー苦笑
Unknown (mimi)
2017-05-22 21:15:28
でこさん、こんにちは!

ひらまつさんの眺望はすごいんですね!
「初島」「伊豆大島」「三浦半島」「房総半島」まで見えちゃうんですか?
しかも良いお天気で申し分ないですね。

 ジュース飲み放題も
 申し分にゃいね~   ぎん

きっと客室もお料理も温泉も
素晴らしかったでしょうね!
次回も楽しみにしています。
(MOA美術館、私は大好きです。)
Unknown (でこ)
2017-05-24 12:19:09
mimiさんへ
熱海駅からすぐのところに大きな高層マンションを建設中でした。
ほぼ出来上がっていましたが、完売だそうです。
東京からも通勤圏内ですし、熱海もどんどん変わっていく気配です。
それに比べて名古屋は・・・といつもの口癖ですが
JPタワーに続き、ゲートタワーのオープンし
名古屋駅もすごい発展ぶりですね~
嬉しいです。
MOA よかったですよ (まろろん)
2017-05-27 07:57:44
でこさんは ミホミュージアムに行かれたことはありますか?
名阪国道の壬生野インターから 信楽方面に30キロ程進んだ山の中です。
 すばらしい建物が山の中に現れ、世界の美術品が、展示されてるので、最初に行ったときは びっくりしました。
あま市から100キロくらいなので こちらもいいですよ。 
MOAは 海を見下ろして建ち、とても贅沢な建物です。
半日見学して、散歩するだけでも 入館料の価値はあります。
展示物は 東洋のものがメインです。
幸い 春にしか公開されない”紅白梅図屏風”の特別展示があり とてもラッキーでした。
お出かけになって 損はないと思います。

後楽園ホテルの高層階は 気分よく泊まれる大型ホテルでした。
景色は 対岸の建物が見え、普通に海が見える感じです。
特別すばらしい景色というわけではありません。
ただ 花火の時は 目の前で打ち上げらしく、
きっと迫力満点でしょう。
まずまず 楽しかったのでした。

でこさんの続きを 楽しみに待ってます。
Unknown (でこ)
2017-05-31 20:19:22
まろろんさんへ
お返事遅れてごめんなさい。

ミホミュージアム・・・さっそく調べてみました!
甲賀なら近いです。
全然知りませんでした。
口コミもとってもいいですね。
今度そっち方面に行く機会があったらぜひ行ってみます。
近くでも知らない所って結構あるんですよねぇー
良い情報ありがとうございました。

熱海の花火・・・一度見てみたいわぁ~~☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL