里のあいちゃんブログ

里のあいちゃんブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教科書や参考書には色をつけないようにし

2016-02-13 17:07:33 | 日記
教科書や参考書には、色をつけないようにしましょう。そんなあなたは、線を引いただけで勉強した気分になってしまうからです。後からその部分を見直す際に、色が付いている部分は当然目に飛び込んできますよね。

すると、その部分だけ覚えてあとは覚えることができません。しかし、教科書や参考書には、無駄な部分は一切ありません。



全て大切なのです。



つまり、全内容をデコレーションするか、一切しないかのどちらかになりますよね。
受験生のみなさんは何度も模試を受けると思いますが、受験する模試も迷うほどたくさんありますよね。

その答えは「受験者数の多い模試を受けること」です。

受験者が多ければその分偏差値は正確に算出されますし、合格判定の信頼性も増すことに繋がります。

駿台や河合塾の模試が母数が多くておすすめです。
また、志望校の大学別模試がある場合は、試験のレベルや形式も実際の入試と酷似したものになるので、必ず受験するようにしましょう。


東大の英語の入試では、文法・読解に留まらず、リスニング・英作文も配点の高い問題となっています。

ちなみに、知らない人も多いと思いますが、ドイツ語やフランス語など、英語ではない言語での受験もできるのです。



帰国子女だけしか使えないというわけでもなく、一般の受験生全員使うことができます。英語には昔から苦手意識があってどうも…という人は、考え方を変えて別の外国語で受験することも考えてみましょう。


例えばフランス語であればすんなり理解できる可能性もありますし、という場合もありますので、全ての可能性を潰さずに考えてみてください。
一部の大学では入試に出題される英語のリスニングの勉強方法をお話します。とにかく大切なのは、英語の音声をとにかく聞きまくることです。
必ず毎日英語を聞くようにしましょう。とは言え、何かをしている間に部屋に流しているだけの勉強法はダメですよ。
毎日少しの時間でいいので、スクリプトを目で追って音声を聞くという勉強をしてみてください。


また、慣れてきたら何も見ずに内容を聞き取る練習も行ってください。

予備校通いは、いくつかの利点があります。まず、受験経験が豊富ですから、受験についてのさまざまな情報が蓄積されているという点です。

次に、チューターという人がいるので、聞きたいことがあれば気軽に訪ねて質問することができます。

逆にデメリットの最たるものは予備校料金が発生する話にはなってきます。通う必要があるのかないのか、よく考えて決断するようにしましょう。


医学部受験マニュアルなら

医学部人気は留まるところを知らず、年々人気も上がっています。
学費の高い私立にも志望者が集まり偏差値がどんどん上がっています。
医学部は、たいてい1つの大学につき一年に100人くらいしか取りません。学費は私立では卒業までに3

000万円もかかるのですが、それでも不景気で医者への道を志す人が多いのか年100人では全く追いつけません。薬学部も6年制になり医学部と同じになったことが、医者を目指す人を増やしているのではないでしょうか。
早寝早起きは受験生にとって重要なことの一つです。放っておくと夜型生活になってしまうかもしれません。

なぜかというと、当たり前ですが入試はあなたの生活リズムに合わせてくれるわけではありません。入試直前になってから生活を変えればいいと思っている人はいませんか?長い間の習慣は、なかなか変えることはできません。


テストを受けるとなると頭をフル回転しなければならないのでそれも考慮した上で、さらに早く起きられるように、毎日必ず早寝早起きをしておきましょう。きっちりやりたい職業がきまっている人はともかく、そうではない人は、あまり受ける学部にこだわらないようにしましょう。

学部にこだわった結果、偏差値が高い学部ばかり受験するより、学部を限定せず入りやすい学部を選んだ方がラクに上の大学に入れますよね。
しかも、学部にもよりますが同じ偏差値で一つ上の大学に入れる場合もあります。
就職をする際には大切なのは学部より大学名ですよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。