S&R shudo's life

ロック、旅、小説、なんでもありだ!
人生はバクチだぜ!!!!

韓日交流イベントライブももう5回目です 1日目 vol.2 チェックインして後輩の晩飯

2016-10-01 09:56:46 | 韓国
はい、西面にはタクシーで20分程で到着。

タクシーに行き先を「ロッテホテル」って伝えて、手前のクイーンズホテルよりまだ手前のキムパッチョングの所で降ろしてもらいます。南浦洞でも海雲台からでも絶対この道通るから、ロッテホテルって行き先言ってれば、この辺りのモーテルに宿泊する時は大丈夫。途中で停めてもらえばいいからね(笑)

ただ空港から来る時は道が違うから、タクシーの運転手さんが日本語解らない場合や、韓国語に自信がない人はあきらめてロッテホテルで降りちゃおうwww


キムパッチョングのとこからロッテホテルじゃなく西面ダウンタウンのほうに進むと、俺が最近気に入ってるホテルのほうに曲がるとこの角のお店が変わってたぜ。



携帯電話のお店に変わってたぜ。契約するとトイレットペーパーやカップラーメンが貰えるみたいです。いいな〜これ。日本の携帯ショップもこんぐらいのサービスやってくんねーかな(笑)


ほんで俺と後輩は最近俺のお気に入りの「ダブリンホテル」です^^

外観の写真はもういいでしょ(笑)


今回は「HotelsCombined」ってサイトで予約しました。4つぐらいのサイト見比べてここが一番安く予約出来たから。このサイトで予約すると現地払いでしたよ。

それでかどうか解らないけど、今まで宿泊してた部屋とはタイプが違ってたぜ。




バスルームがスケスケじゃなく、曇りガラスになってたぜ。ほんで今までの部屋よりちょい狭い角部屋だったぜ。




でもこの部屋もデカいバスタブがあります。日本人にはこれが嬉しいよね。ジェットバス付きだしwww




ほんでここ重要!ばっちりウォシュレット付きです!!!!




そうそう、今回はここ3泊、それも金土日の宿泊で185000ウォンでした。(帰国後別月の金土日で検索すると215000ウォンでした(汗))



俺チェックイン済ませてリュックを部屋に置いたら、後輩を部屋で待たせて今度はHbkを彼が宿泊するホテルまで案内するぜ。

彼は今回、俺のもうひとつのお気に入りの「M2モーテル」に予約入れてたからね。そんで地理感のない彼をひとりで歩かせるの怖かったからね(笑)

M2はここから5分くらいの場所にあるからね。すぐだぜ。


ほんで彼のチェックインを済ませ、受付のお姉さんと軽く挨拶がてら会話してさ「部屋の説明は俺がするからいいよ」って言ってHbkを部屋に連れてったぜ。

ほんで彼はこの後現地の知り合いと約束してたから、彼とは今日はここでお別れだぜ。迷子にならないでよ(笑)



それから俺、後輩の待つダブリンホテルに戻って、とりあえず部屋に戻ったんだけど、エアコンの調子が良くなくて部屋をチェンジしてもらいました。

704号室から904号室に替わりました。



部屋のタイプはまったく同じだけど、壁紙や装飾品がちょっと違うのねwww







それから俺達カジノ覗いたりなんやかんやして時間潰してさ、晩飯の時間になっちゃったぜ。

でも俺今夜約束があったから、俺は晩飯食えないんですwww


なんで後輩の食べたい物食いに連れて行く事にしたんで、リクエスト取ったら牛肉が食いたいなんて言うから、ここに連れて来たぜ。



ここは前にハヨンと行った「뉴욕상회(ニューヨークサンフェ)」ですよ。


入口付近は団体さんでいっぱいだったけど、中に入るとけっこう空いてました^^




はい、壁の手書きのメニュー載せときまーす!




まずは注文する前に例の如くパンチャンが登場します。




ほんでここはデカいステーキ肉をフランベして焼いてくれるのが名物なのに、後輩のチョイスはなんの変哲もないカルビ(笑)




なんで自分で焼くんです・・・。まー気軽でいいけどね^^




後輩は満足してたからまーいっかwww

俺はビールと肉を3切れほどいただきました^^;


そう、ここ基本3人前からの注文だから、上の写真のお肉で3人前です。なんで後輩は3人前をほぼひとりで食べました(笑)


さてっと後輩に飯も食わせたから、俺はホテルに戻ってちょっとゆっくりします。今夜の約束の時間まではまだ3時間くらいあったからねwww



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓日交流イベントライブもも... | トップ | 韓日交流イベントライブもも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL