☆THE WAY☆ ~今再び、ここから~

風まかせ!気ままなソロツー♪14年、15万キロの想いを今、再び。倒れたってケガしたって、やっぱりバイクで走りたい!

山梨~静岡・・・富士山と紅葉を愛でるツー

2017-09-27 16:02:44 | ツーレポライブラリー
いつかの晩秋

早朝の中央道をかっ飛ばし、境川PAで休憩してから・・・・のお話



8時を回って、クルマも増えて来た事だし、そろそろ出発!

甲府南ICを下り、29~12で、南アルプスICをくぐって、伊奈ヶ湖へと

湖面が鏡のように、樹木や青空を映し出してます。

紅葉も今が盛り。
とはいえ、ほとんどクルマはいません。


去年来たのは、11月の終わり。
ちょっと、路面が危うい感じもしなくはなかったけど、この日は、まだまだ暖かです。

森を抜け、視界が開けた先からまた、山の中へと、


木立の間を過ぎると、分かれ道。

左の平成峡へ・・・と思ったら、工事中で途中から通行止め。
ならば、右の「コークスクリュー、オンパレード♪」へ。
ここは、おススメです☆

ダーッと集落まで下りたら、「ウェスタンライン」~


ネーミングが、ちょっと???な感じもしなくはない、広域農道を駆け抜けて、

413の黄色い道へと。

「一人にさせてほし~い」のはやまやまですが、
前には2台のマイクロバス 

時間稼ぎに、来た道を振り返り。。(この高低差は、ジェットコースターなみ♪)


ドンドン、山の中へと入って行きます。
細い、くねくね道を辿り、


途中の「見晴台」から見える、富士山

(梅ヶ島林道、安倍峠の辺りからの眺めもこんな風でしたっけ)


温泉宿まで来て、その先もまだ道は続いてます。


が、橋のたもとで、バイクを停めて、歩いて行こうか。。。

(何か、身の危険を感じたので?!)

案の定、林道の入り口までの道は、ダートです、ダート!

歩くと、ザクザクと音がするような、ジャリ道・・・

地面は、霜が降りて、真っ白。

辺りには濡れ落ち葉が、まるで腐葉土のように積もってます。

ちょうど、バイクを停めた時に、アタマの上から声がして、
「どこ、行くの?」っと、高台にある宿のおじさんか、来訪者か分からない人に声をかけられました。

どこと聞かれてもねぇ・・・
この先は、地図を見ても、白い道がごちゃごちゃしていて、さっぱり。。
「ちょっと、一回りしようかと思って。。。この林道、どこへ出ますか?」
なーんて、聞いたところで、きっと???でしょうねぇ。

おじさんも、なんか、モゴモゴ言いながら、消えて行きましたけど・・^^;

また、来た道を引き返して、(ここは、2度通っても、楽しめました♪)
R52をまたいで、白い道で36へ

どこもかしこも、錦の彩り~

山あいの集落を抜けて、精進ブルーライン~


ガーラガラの快走路!(対向車はつながってましたけど)
連続カーブにテンション

R139から、右折して、久々71
ずい分、道が整備されて、キレイです。
ここは、いつも空いてるので、なおさら走りやすくなりました。

樹林の中を駆け抜けて、

富士山にドンドン近づいて来ました。

さて、そこからは、富士山スカ・・・・とも思いつつ、寒そうかなぁと、
72からそのまま、R469
で、24のスパイラル!
っと思ったら、前をズラーッと大型車が行くので、ハズレ。

そのまま、沼津へ出て、それでは、R1の西坂!!
今の私なら、ゼッタイ楽しめるハズ

が、しかし。
悲しいことに、またも工事中で、車線規制の一本道。。。 (アイタタ・・・・)

ダラダラ登って、いつになく空いてる箱根新道を下って、小田厚~東名、
順調に流れて、5時半、帰着。


どこからでも紅葉と富士山を愛でるツー、435キロ☆♪

なんでしょうねぇ、
走っているのが、楽しくて仕方ないこの頃。

うちのネコも、やっと静かになったというのに、
「家に帰りたくない病」悪化の一途。。。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬のナイスな峠道☆上毛パノ... | トップ | タイヤ交換したあとは、~山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツーレポライブラリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。