幸せの芽

毎日、1ハッピー♪
1日1つの幸せ貯金。
身近なことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そぼろご飯の思い出

2010年07月09日 | 日記
簡単に、そぼろご飯を作ってみた。
『鶏挽き肉』じゃないのが、有り合わせの簡単なところ。
グリーンピースで三色になりました。


私にはそぼろご飯に、大切な大切な思い出があるのです。深い思い入れ、というかな。

今は亡き私のおばあちゃんの思い出の料理。

ある夏の、何でもない日のお昼ご飯に
『出かけて家に誰もいなくなるから…』という感じで、
まだ小さかった私におばあちゃんはお弁当を持たせてくれた。

お昼に赤いお弁当箱を開けて、パアッと笑顔になる匂いがふわっと香ってくる。

食べてみればとっても味が染みていて
冷たいお弁当なのに、あったかい気持ちが伝わってきた。
今でも忘れられないくらい、美味しかった。

だからそぼろご飯と言えば、おばあちゃんの味。

私が小さい頃はつんつんとして喧嘩ばかりだったけど
亡くなる少し前に仲良くなれた気がする。
ボケてしまったところもあるからなのか…。

私のこの性格や、自然物に嬉々として声をかけるようなこの感受性は、
おばあちゃんによく似ていたんだなあ…

歳を重ねる度に感じることです。


少しでも、一緒に笑顔になれて良かった。
今はもう祖父母ともいないけど、心の底では大好きだった。


久々に自分の作ったそぼろご飯を食べながら
胸と鼻に、じんわりするものがありました。

おばあちゃん、おじいちゃんと一緒に、そっと見守っててね。


何年経っても
きっと色褪せない思い出なのだろうなー…。

音楽だけでなく、食も立派な思い出になるね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あじさい

2010年06月18日 | 日記
梅雨入りした様子。

紫陽花がきれいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

てづくり

2010年06月16日 | 日記
何かケーキを作りたい気分が高まり
流行っているようです。

自己満足と創作欲と空腹を満たすためなのでとても人に出せるものではなく
そのうち終息するでしょう

写真は主に
ブラックチョコレートとホットケーキミックスとリキュールで簡単に作ったもの。

伯母さんの手作りケーキやお菓子には叶わないけれど。

現代は「簡単」「レシピ」などと
キーワードで少し探してみれば
すぐ作れるようなお手軽レシピがあるのは
私のような几帳面でない人にとっては
ありがたいなあと、思うわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いちぢく

2010年06月14日 | 日記
最近の癒しの香り。
ディプティックの「フィロシコス」
いちぢくは、昔からが味も香りも大好き。


いちぢくと言えば子供のころ
田舎の秋田にいる祖父母宅へ行くと、
近所のお宅の小さな庭にあったいちじくの樹。
そのいちぢくの香りを思い出す。

実を実を付けていれば
いちじくの香りをかぎたくて
犬の散歩でその通りの前を歩いていった。

春になれば近くの公園では
レンゲの花でピンクに染まり
その花で首飾りを作る子どもたちがいた。

この香りをかぐと無意識にその頃に戻っているような気がする。

無邪気でおてんばだった、あの頃に。

だからかな。
癒されながらも、どこかホッとするのは。


そういえば最近は
「一面のレンゲ畑」も「いちぢく」も見ません。
「いちぢく」に会えるのはスーパーぐらいね。

写真は今日の朝焼け。
夜明けからピンク色でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜明けの扉

2010年06月12日 | 日記
珍しくクラシックに耳を傾けて
夜明けの瞬間を待つ。

最近のお気に入りは
ショパンやバッハ。

ロックではThe ENIDも良い。
フュージョンのようなクラシカルなロック。おすすめです。

Queenが動のロックならエニドは静のロック
と例えてみる。



午前4時前。

まだ暗かった空が
ぱあっと一段明るくなったことに気づいて顔を上げた。

本当に一瞬だった。
太陽が登ったその瞬間に立ち会ったことが嬉しい。(写真は荒いけれど)


夏が近くなっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポチ!

 おーえんしてみる?