ルビリエ 5分の物語

詩も書くイラストレーターrubi_rie 雨のつぶやき

6時

2017-05-17 23:22:03 | 
6時に目がさめた。とても悲しい夢を見て。
とても悲しい気持ちなのに 部屋も家族もいつも通り。

いすにすわれば 置き時計の音が いつもよりひびく。
わざわざ 時はおそろしいものさ と教えるように。

あの夢はなんだったんろう。だれかの異状を知らせるなにか。
この気持ちはなんなんだろう。もしかして わたしに起きるなにか。

でもきっと 世界はなにも変わっていない。
世界はいつだって おそろしいものだろうから。
置き時計はそれを かちこち 教えてくれているだけなのだ。

わたしは そんな世界を恐れないのだ。たぶん。
窓のすきまから ちょっとだけ朝の光がさすのを
だんだん楽しくなる気持ちで みつめて
きょうも 人生をはじめるのだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孤独が詩をつれてくる | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む