la Casa del Lapiz:鉛筆庵

鉛筆庵に住む鍵盤奏者が日々の生活の徒然・音楽などを綴ります。

クラッシュ

2006-02-24 00:01:58 | 映画 か行
         
中央線沿線で仕事だったのでその帰りに「クラッシュ」を立川シネマ・ツーで観てきた。ここ何年もそういえば立川で下車した事はなかったのだが、随分賑やかで活気のある、人の大勢歩いている街だった。シネマ・ツーは駅から歩いて5分ほどの距離のきれいなシネコン。指定席になっていたけれど結構空いていた。驚いたのは上映前にスクリーン横で館の方が「ただ今から上映いたします。」と挨拶が入ったこと、まあ、ご丁寧に!

「クラッシュ」は上映館が限られていてたのでほぼ観るのは諦めていた作品だったので、ここで観られたのは幸運だったそして、いい映画だった~
主人公は・・・誰なんだろう?様々な人種、職種の人間がそれぞれに暮らす街ロスアンゼルス。そのそれぞれがみな自分の人生を生きて、そして交錯する。寒気がするほどの人種差別もある、だけど同じ人間の全く別の面も同時に映像は映し出す。まるきりの悪人もいないが、まるきり善人もいない。(あっ、一人だけ天使がいた)それが人間、全部含めて一個の人間、そこに映されていたのは人間でありまた翻って自分自身なのではなかろうか。全ての断片がつながっていった時に感じたのはほのかな希望と愛だった。まさか、と思うでしょうが本当ですこの映画観て実は泣きました

2005年/アメリカ/112分
監督・脚本:ポール・ハギス
出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー *公式サイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お知らせ:本のプレゼント | トップ | 冬に逆戻り »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うたた寝して今起きました・・・ (Puff)
2006-02-24 02:36:28
良い映画でしたよねー・・・

ワタクシ、群像劇はもともと好きなのですけど

その中でもお気に入りの一つになりました。

人間は悪い面有り、良い面有り。

片方の面だけで捉えて無いところが良いですよね。

一番印象的だったのは鍵屋さんの少女のシーンです。

あそこにすっと天使が舞い降りて来た・・・

そんな感じでしたね
Puffさま、 (rubicone)
2006-02-25 00:48:11
うたた寝・・・お風邪引かないようにね~!!



クラッシュから始まっていく断片がどうなっていくのだろうと、最初はなんかはらはらしてました。いい映画でした、劇場で見られてほんとによかった!



>あそこにすっと天使が舞い降りて来た・・・

美しいシーンでした~
共感できるということ (youko)
2006-02-25 00:48:28
「同じ人間の全く別の面」。。。

これをまさしく今日、仲間と話していました。

映画の内容とは逸れるかと思いますが、

一人の人をいろいろな面から見ることができれば、どこか一つでも共通するところが見つかったり、理解することが出来たり。

そして自分の在りようも分かってくるんじゃないかな。
youkoさま、 (rubicone)
2006-02-25 00:56:42
>まさしく今日、仲間と話していました



きっと、この作品は心に残ると思うわ。もっと近くで上映していればいいのにね!
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-04 00:03:02
こんばんは~♪

上京の折に見た甲斐がありました!

地元では公開されなったかもしれないですし。

誰もがみんな主人公でしたよね。

どのエピソードも心に残ります。

一人の人物をいろんな面から見せてくれて、しかも相互に複雑にクラッシュしあう。そして感動もある。

素晴らしい映画でした!
ミチさま、 (rubicone)
2006-03-04 00:46:46
いつまでも心の奥に留まって、思い出すたびに「素晴らしい映画だったなあ~」としみじみします。



>上京の折に見た甲斐がありました!

私も近くではやってなかったので立川で見られて幸運でした!
はじめまして (YOSHIYU機)
2006-03-05 00:13:56
コメント&TB有難うございます。



重苦しい話から始まり、登場人物が絡み合い変化して

涙を誘う奇蹟あり、実によく練られた物語と感じた。

透明マントは、最高のエピソードでした。

YOSHIYU機さま、 (rubicone)
2006-03-05 23:22:38
こんばんは!



やはり「透明マント」のエピソードはあの作品の中にさあっと吹き抜ける風というか、一陣の光、でしたねー
近日上映 (annio)
2006-03-11 08:22:53
クラッシュ、今度六本木ヒルズで上映されましよ。3月18日からだったかな?
annioさま、 (rubicone)
2006-03-11 23:32:51
立川はもう終映してしまいました。見られてよかった、です。アカデミー賞取ってから上映館が拡大しているようですね。いいことだ~!

映画館で泣かない(ようにしている)私ですが、この作品では思わず泣いてました。重いけど好きです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「クラッシュ」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト AMC、公開5日目初回です。 レディース・デイということで、この手の映画としては人が入ってました。 で、上映5分間位、幕が完全に引かれていなくスクリーンの両端に少し
映画「クラッシュ」ポール・ハギス/監督 (スチャラカランナーの日々)
 映画クラッシュ観てきました。  ポール・ハギス監督は映画「ミリオンダラーベイビー」の脚本家で、初監督作品だそうです。  ストーリーは、というかロスアンゼルスで起こった事故でかかわった人々が多重的にかかわりを持ち、事故や事件や犯罪の中にある人種差別の意識
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
映画「クラッシュ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クラッシュ」★★★★★ クリスマス間近のロサンゼルスで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が交錯する群像劇。 舞台がロサンゼルスということがとても重要とのこと。ニューヨークでは街の性質や人口密度によって人は共同で
「クラッシュ」 (共通テーマ)
ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」
映画「クラッシュ」 (忘れられぬ風景を求めて)
アカデミー賞を作品賞はじめ3つ受賞したこの作品。今日、母・妹と会ったついでに観に行ってきた。ちょうどアメリカに留学することも決まっていたから、きれいごとではないアメリカの姿、そして人間の本質を垣間見た気がした。根深い差別意識だったり、憎しみだったり。でも
  Movie:『クラッシュ』 (Curry Life!)
-街に出れば  誰かと体がぶつかったりする  でも心がぶつかることはない  みんな心を隠しているから  みんな本当は触れ合いたいのさ  ぶつかって何かを実感したいんだ- クリスマス間近のロサンゼルスで起きた ちょっとした交通事故をきっかけに、 さまざ.
『クラッシュ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「この世から犯罪をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、刑法などの法律をなくし、『犯罪』という概念をなくすこと」 と同じように、 「この世から差別をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、『差.
クラッシュ ([踊]Dance!Dance!Dance!)
本年度アカデミー賞作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞。映画の日見た映画。2本目。 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラスの後ろに隠れている。みんな触れ合いたいのさ。衝突し合い、
クラッシュ (獅子の手帳)
クラッシュ 監督: ポール・ハギス 出演: サンドラ・ブロック, ドン・チードル, マット・ディロン, ブレンダン・フレイザー, テレンス・ハワード 内容:人はぶつかりあう。人は人を傷つける。それでも、人は、人を愛していく。第78回アカデミー賞主要3部門受賞! ...
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...