la Casa del Lapiz:鉛筆庵

鉛筆庵に住む鍵盤奏者が日々の生活の徒然・音楽などを綴ります。

豆の話

2017-08-10 23:01:59 | 食・その周辺
長野県の大町のお土産に『くらかけ豆(おひたし豆)』という珍しいお豆をいただきました。
ひたし豆は使うので知っていたのですが、この「くらかけ豆」という豆を見たのは初めて。
ひたし豆は緑ですが、この豆は緑に黒の模様入り。

説明によれば
「大豆の一種、良質のたんぱく質も豊富な健康食」
とあり、その調理法は
「一晩水に浸して、好みの硬さに合わせて茹でる」
・・・浸してます。

そして茹でた後の食べ方は(この時は約15分茹でました)
「好みで、だし醤油につける、おひたし、ポン酢、和え物、サラダなど」
とありました。

とにかく食すのは初めてだったので、従来のひたし豆と同様おひたしにして食べました。
美味しかった~
お弁当のおかずにもしてみましたが、これまた美味しかったです!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花をドライフラワーに。 | トップ | 森豪男「本の舟」@Art Galle... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食・その周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。