la Casa del Lapiz:鉛筆庵

鉛筆庵に住む鍵盤奏者が日々の生活の徒然・音楽などを綴ります。

パンズ ラビリンス

2007-10-12 00:03:49 | 映画 は行
             *公式サイト
2006年/スペイン・メキシコ/119分
原題:EL LABERINTO DEL FAUNO
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル

この作品、期待一杯で出かけたその期待をはるかに超え、そしてまた或る意味で想像を絶したダークで深いそして重い世界が広がっていて、どっぷりその中に沈んで・・・揺さぶられ、溺れてしまった
最初から最後まで激しい緊張が続き、それが暗い色調の中に展開する。その暗さは、フランコ軍とゲリラとの戦闘が繰り広げられる現実の世の中でも、物語の主人公オフェリアが牧神:パンと出会い試練の旅をする迷宮:ラビリンスの中でも同様なのが、見ていて本当に切ない。
現実の世界で自由に息ができない時、オフェリアの目の前に現れたパンの迷宮は、そこで辛い試練を与えられようと、それを解決しようと立ち向かうことを選ぶことができる、という現実世界では彼女が決して許されない「自由」が存在していたのだ。しかし、立ち向かう事を選ぶ自由はあってもその中でもパンに質問することは許されず、与えられた試練は越えていかねばならない。
それは彼女の周囲の人々、母カルメン、メルセデス、フェレイロ医師、フランコ軍の圧制に苦しみ抵抗する全ての人々も同様である。どちらも「no」を言うことを許されない。
この閉塞された世界は、最後に課せられた試練の場面でオフェリアが全てを賭けてパンに「¡ NO !」という言葉によってついに開け放たれる。その言葉はまた、ビダル大尉に向かってメルセデスの口から発せられることになる。現実と迷宮の世界は常に呼応し合う。
この螺旋の階段を上り下りするように行き来する彼女の織りなし構築した世界は、結局は悲劇的な結末であり同時に至福の結末だったのだと、胸が痛くなる慈しみの気持ちと切なさと悲しみの中で納得する。
素晴らしかった
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満開!金木犀 | トップ | 川に沿って歩く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドモドモ-♪ (Puff)
2007-10-12 18:10:15
ワタシも溺れましたーー!
映像に、ストーリーに、メッセージに、
どっぷり浸ることが出来ました。
心に残る映画がまた一つ増えましたね。

>「¡ NO !」という言葉によって
おお、確かにそうですね!
NO !と言う言葉は許されない時代でした。
勇気を持って発することによって未来への扉が開けられるのですね・・・
改めて奥が深い映画だと思いますです。
Puffさま! (rubicone)
2007-10-13 16:18:40
ほんっとに、素晴らしい作品でした~
最後の試練でのオフェリアに迫るパンは恐ろしくて、思わず「やっぱりあなたは彼女を騙してたの?え?」なんて心の中で叫んで、激しく緊張してしまいましたよ・・・たはは・・・。
それだけ、集中して、溺れちゃってたんだなぁ、とつくづく思ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「パンズ・ラビリンス」 (Puff's Cinema Cafe Diary)
公式サイト シネカノン有楽町1丁目、公開4日目初回、シネカノン有楽町1丁目(253席) ********************************************************************** 評価:★★★★☆(実質的には4.4) 思っていた
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...