la Casa del Lapiz:鉛筆庵

鉛筆庵に住む鍵盤奏者が日々の生活の徒然・音楽などを綴ります。

トリスタンとイゾルデ

2006-10-31 00:03:04 | 映画 た行
           *公式サイト

2006年/アメリカ/125分
監督:ケヴィン・レイノルズ
出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・カヴィル

「1500年前にケルトの伝説として誕生、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、やがて宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語「トリスタンとイゾルデ」。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなった古典の映画化」goo映画より
やはりこういった西洋の古典を題材にしたものは西洋音楽をやっている以上観ておきたいじゃありませんか

トリスタンとイゾルデというと子どもの頃読んだ「アーサー王物語」に出てきたものの印象が一番強烈に残っている私。ほれ薬、って?とか最後の場面で必死でイゾルデが聞く「帆の、帆の色は?」「帆の色は・・・黒、真っ黒でございます!」「あぁ~!」絶望して息絶える・・・悲恋ってこういうのかぁ~、と思った、かどうか・・。

この映画が始まって驚いたのは、アイルランドの力が強大で統一されていなかったイギリスは蹂躙され続けていたということ。そして、ローマ帝国の名残があるというくだりも興味深かった。船でちょっと行けばお互いの国に着くほど近いところで、取ったり取られたりの戦争を繰り返し続けていたのね。その狭間で翻弄されるトリスタンとイゾルデ、ここには媚薬は出てこないし、帆の色を瀕死の床で質問するところもない。
この時代のイギリスってきっとこうだったんだろうと思わせられる灰色にふちどられ沈んだ色が広がる重厚な世界、重そうな甲冑を身にまとう騎士たち、そして華麗な衣装、美しいイゾルデ。暗い海岸にたいまつが激しく振られ肉と肉のぶつかり合う戦闘が続く。緊張感が持続し目が離せない。国と国との戦争が続く中、会うべくして会い、愛し合いそして運命に引き裂かれる二人。悲恋にどっぷり浸かりました。(音楽は、?でした。すごく印象が薄かったのは何故だろう)

*Wikipediaトリスタンとイゾルデ
*Wikipediaアーサー王物語
妖精物語(アーサー王)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しそう? | トップ | E.パユ:インテグラル Ⅰ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読みましたよ (わん太夫)
2006-10-31 23:20:36
その昔ですが、原作(当然日本語ですが)を読みました。
N響で曲も聴きました。
ギリシャ神話の「テーセウスの英雄伝説」が元になって書かれているようです。
テーセウスが、アテネに凱旋するとき、生きて帰れた時には「白い帆」を、死体となって帰還するときは「黒い帆」を掲げる約束になっていたのです。
テーセウスは無事凱旋したにもかかわらず、妻との約束を忘れ、「黒い帆」を掲げて帰還したため、妻は悲嘆にくれ、自害してしまったのです。
わん太夫さま、 (rubicone)
2006-11-01 00:25:06
重厚で緊迫感のある映画で楽しめました。媚薬と帆の色はどこに出てくるのかと観る前には思ってたんですが、それはなかったです。

>「テーセウスの英雄伝説」
に帆の話は出てきていたんですね。
ドモドモ-♪ (Puff)
2006-11-02 01:42:48
深夜にお邪魔しますよ・・・・・

帆の色のくだりが出て来るのですかー
昔、読んだ覚えがあるのですが、
そうか、そうなんですね
・・・って、凄く感慨深かったりする。ウフフ

ジェームズ・フランコくん、やっぱり観たいかも。
マーク役のルーファス・シーウェルも素敵ですよねん・・・・・
美形二人、やっぱり観に行こうかな。エヘヘ
Puffさま、 (rubicone)
2006-11-05 21:37:05
こんばんは~!!
まさに仰るとおり、トリスタン憂い顔も素敵でした。でもでも、マーク王がほんとにいい奴!という感じでトリスタンよりも彼の方に惹かれてしまいましたよハンサムだなぁ~
う~む (annio)
2006-11-08 08:04:11
映画見ましたよん。
イゾルデが美形というよりも、元気なお嬢さんで、変にリアリティがあるので、安っぽい不倫ドラマのように感じてしまいました。。。
憂い顔で立ちつくすトリスタンは、バーンジョーンズの絵のようではありましたけど。
悲恋ものなのに泣けなかったので、ちょっとがっかり。
そう、だんぜん、マーク王がよかった!
「あなたはいい人だから、私もツラかったのよ」
なんて、こんな小娘に言われて、可哀想すぎ!!
若気の至りというか、幼さの残酷さですね。
その一瞬の隙をついて攻め入る敵。
そのあたりは、戯曲っぽくて、面白かったです。
ハンサムなトリスタンよりも、誠実なマーク王がいいと思っちゃうのは、自分がおばさんになったからなのかなああああ?
annioさま、 (rubicone)
2006-11-09 00:02:13
>自分がおばさんになったからなのかなああああ?
ぎくぅ・・でも、確かにいえてるわ!!

しかし、ある意味マーク王の悲恋、になってたかも、です。つい、彼に肩入れするおばさんです。
おばさんでも (annio)
2006-11-09 08:10:14
この「トリスタンとイゾルデ」が、「ロミオとジュリエット」など、あらゆる悲恋ものの原型となった、と広告に書いてあったような気がします。
でも、ディカプリオのロミジュリの方が、よっぽど感動したぞ。
annioさま、 (rubicone)
2006-11-10 00:06:41
>ディカプリオのロミジュリ
未見なんですが、その前のオリビア・ハッシーのは観ました。彼女、息を呑むほどきれいだったなぁ~!(思わず鼻歌♪)
とりすたん好きは少数派? (かえる)
2006-11-12 18:40:54
こんにちはん。
巷では、マーク王の方に肩入れしてしまう人が多かったみたいですねー。
しかし、私はフランコくんが好きなんです♪
マークがいい人であれ何であれ、恋心はどうにもならないのよーってなカンジでした。
アイルランドとのせめぎあいも見ごたえありましたねー。
かえるさま、 (rubicone)
2006-11-12 23:59:46
こんばんはぁ~!
恋に落ちちゃった二人は、まさに「恋は盲目」で突っ走っていく、その気持ちは痛いほどわかるの。だけど、マーク王がほんとに「いい奴」だったんで、トリスタンとイゾルデの密会場面では、はらはらしてしまいました。あ~、どきどきした!

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「トリスタンとイゾルデ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔て ...
芸術の秋 パターンを変えて (わん太夫の迷路)
かような訳でドクターストップには従う事にしました。 その代わり、映画を2本。 土曜日の午後に「父親たちの星条旗」、日曜日の午後には「トリスタンとイゾルデ」。 どちらも大変な混雑。わん太夫の行く所大勢の人を引き連れているみたいです。 「父親たちの ...
★「トリスタンとイゾルデ」 (ひらりん的映画ブログ)
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。
【劇場映画】 トリスタンとイゾルデ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、 ...
『トリスタンとイゾルデ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
前髪が大事。百も承知なのに、やっぱりせつない恋の物語。 ケルトの伝説として語り継がれてきたラブ・ストーリーの原点。 イングランドのコーンウォールの領主マークを育ての父に持つ騎士トリスタンは、戦いで重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着き、 ...