漕手のやんごとなき日常

~立教大学体育会ボート部の日常を漕手目線で~

秋立つ 1年 内山愛彩

2016-10-15 08:32:01 | 日記


茹だるような夏の暑さも、朝のひやりと冷たい空気のせいでどこか遠くに行ってしまったように思います。外を歩けば姿の見えないキンモクセイの匂いが鼻をくすぐり、秋の気配を身近に感じているこの頃です。

秋といえば食欲の秋でしょう!最近艇庫ではTake freeのじゃがいもをマヨネーズやバター、塩胡椒をかけてみんなで美味しく味わっています。食べ物の美味しい良い季節ですね。

ことわざに「天高く馬肥ゆる秋」という言葉がありますが、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?澄んだ秋空の下で、秋の実りある収穫物によって馬は肥えていく...というほのぼのとした農村風景を思わせる秋を代表することわざですが、実はたいへん血生臭い恐ろしいことわざでもあるのです...!

元々は中国の故事からきた農民のことわざで、中国北部に住む騎馬民族が、夏の時期に馬たちに十分に牧草を与え、秋になるとたくましく太らせた馬に乗って農作物を略奪しに一斉に村へと襲いかかってきました。
これを警戒した農民たちは「秋には必ず何かが起こるから気をつけろ」という戒めの意味を込めて言った言葉が由来しているのだそうです。
つまり「天高く馬肥ゆる秋」は能天気なことばとは程遠く、夏の間に肥えて力をつけた馬たちが秋に襲ってくるから気をつけろという警告を意味することわざだったのです。

夏を乗り越え、インカレを終えた立教ボート部もさながら馬の如く!たくさん食べてたくさん漕いで力をつけ、たくましい成長を遂げていると思います。秋には必ず何かが起こる予感がします。

自分は夏に選考に負け、インカレに出場することが叶わなかったので虎視眈々とスカルで練習を重ねてきました。全日本では先輩とペアで出場します。ボート生活7年目にして初めてのスイープ種目。男子部の先輩、クルーの先輩に漕ぎを指南してもらいながら試行錯誤の連続です。焦りや不安もありますが、天高く馬肥ゆる秋。夏につけた力をこの秋の全日本で存分に奮いたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普段気づかないこと | トップ | 国体に出て思ったこと 1年 角谷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。