らば~そうる “IN MY LIFE”

旅、音楽、そしてスポーツのこと。過去、現在、そして未来のこと・・・「考えるブログ」。

951.HOFNER 500/1

2008-06-13 | 12.THE BEATLES
【PAUL McCARTNEY with “500/1(1961)”in 1963】

 ビートルズのポール・マッカートニーが、ビートルズとして初めて
使用したベースが1961年製の“Hofner 500/1”です。このベースは、
1969年の「ゲット・バック・セション」でも使用されましたが、その
後、どうなったのか不明です。誰かがどこかで密かに保有しているの
でしょうか。

 通称「キャヴァーン・ベース」と呼ばれる“500/1 ”は、1961年4
月からのハンブルク巡業の時に、購入されたものです。ポールがなぜ
このベースを選んだのかは諸説がありますが、いずれにせよポールは
初めて「左用のギター」を手にしたのです。そうでない時、ポールは
ジミ・ヘンドリックスと同様に、「右用のギター」の弦を張り替えて
使用していましたが、さぞかしそれは、使いにくいものだったことで
しょう。

 “500/1 ”の仕様上の大きな特徴は、なんといってもあの「コント
ロール系」でしょう。ブリッジの下にある2個のノブは、2つのピッ
クアップのヴォリュームです。また、2個のノブの間にある、3つの
スライド・スイッチで、プレイヤーは音量や音質を調整します。実は
このスイッチの機能がかなり複雑なのです。補足ですが、コントロー
ル・パネルは「右用左用」で共通の部品が使われていました。従って
ポールのように左利きのユーザーの場合、デフォルトでは文字表示が
上下反転した状態になっています。1963年製を使用した時、ポールは
1966年になる前にこのコントロール・パネルを取り付け直し、右用と
同じ向きの表示に改造しました。

ポールが愛用した1963年製の“500/1” コントロール・パネルが改造されている

 以下、デフォルトの仕様での記述です。上の画像は「改造」された
ものであるため、位置が反転している点にご注意ください。

 3つのスライド・スイッチのうち、最もブリッジ側に位置するのは
出力調整用スイッチです。この“SOLO”“RHYTHM”と書かれたスライ
ド・スイッチを使用することにより、音量を瞬時に変化させることが
できます。いわゆる、「ミュート」に近いものです。“SOLO”のポジ
ションで100 %の出力に、“RHYTHM”ポジションでは約50%の出力に
なります。

 ネック側にある2つのスライド・スイッチは、さらに複雑な機能を
有します。この2つのスイッチは、「ピックアップ・セレクター」と
「トーン・コントロール」を兼用しています。各スイッチの上には、
“TREBLE ON”“BASS ON”と表記されていますが、これはスイッチの
名称あり、その表示の方へスライドすることにより各機能が“ON”に
なるのではありません。ややこしくなってきたので、具体的にご説明
いたしましょう。

 “TREBLE ON ”スイッチを、その表示と反対の方向へセレクトする
と、ブリッジ側のピックアップが“ON”になります。と同時に自動的
にトーンが“10”(もっともトレブリー)になります。また、“BASS
ON”スイッチを同様にセレクトする(“ON”にする)と、ネック側の
ピックアップが“ON”になり、同時にトーンは“ 0”(ハイ・カット)
になります。両方ともセレクトすると、「スタンバイ状態」となり、
音は出力されません。反対に両方ともオフにする(表示側にセレクト
する)と、両方のピックアップがトーン“10”で“ON”になります。

 これらの仕様は、1961年製と1963年製(1963年 8月あたりから使用)
との間で共通しています。“500/1 ”は、ショート・スケールで軽量
ということもあって、ステージでの操作性がよいためにポールは好ん
で使用したのでしょう。その音色は後のリッケンバッカー“4001S ”
と比較すると、アタックやサスティンが弱く、ホロー・ボディ特有の
「モコモコ」した音です。よく言えば「温かみがある音」でしょうか。

 肝心のポールは、どのような「レジストレーション」をしていたの
でしょうか。音質は、使用アンプやレコーディングの状況でも大きく
変化しますが、1963年製を含め、初期の楽曲で「異質な音」と感じた
のは、‘Devil In Her Heart’です。やや「固め」といった感じの音
に聞こえますが、いかがでしょうか。

 1961年製の“500/1 ”は1963年製にとってかわられた後、再塗装・
修理を経て、1964年~1965年ではツアーでの「サブ・ベース」として
スタンバイされていました。ビートルズがコンサート活動を中止して
からしばらくは公に姿を現すことがありませんでしたが、1968年 9月
‘Revolution’のフィルム・クリップで華々しく復活をとげます。

 そして、その後、いまだに公開されていません・・・。



↑If this article is quite good, will you please click?
『コラム』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 950.おちゃめな・・・? | TOP | 952.VISIONの明確化・... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。