Ruban Rose

アロマテラピーやハーブが大好き!!という乳がん体験者のグループです。
植物からのパワーで元気な毎日を過ごしましょう!

高濃度乳房対策の勉強会

2017-02-12 | 勉強会

先日、乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟の勉強会が衆議院会館で開催され
Ruban Roseは、議連の応援団として参加させていただきました。
もちろんピンクリボンアドバイザーの方も多数参加され、
日ごろ乳がん検診を啓発している方々も一生懸命勉強されていました。


勉強会は、東北大学の大内憲明先生の現在も研究が続いているJ-START
このJ-STARTでマンモグラフィと超音波検査併用する検診と
マンモグラフィのみの比較試験を調査しているものです。
この調査についての勉強会でした。



そこで最近問題になっているのが「デンスブレスト」
マンモグラフィでしこりを見つけにくい乳房のこと 
「乳腺高濃度」のことを言います。

そのデンスブレストを知るための、超音波検査が有効なのですが、
死亡率の低下がみられるか。
まだ調査している状況で結論が出ない状況では有効な検査と認められないそうです。

アメリカでは、そのデンスブレストの乳房を持つ方の告知についても検討され、
州ごとに告知を義務付けされていることもあり、
日本でも告知したらどうかの意見が出ていますが、
今の医療情勢では、受け皿の体制が十分でなくフォローアップが難しいようです。

超党派の先生方は、早くに超音波検査の導入と、
デンスブレストの告知義務付けに向けて頑張っていただいています。
とても熱意が感じられた勉強会でした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小学校のがん教育 | トップ | がん対策あり方検討委員会 »
最近の画像もっと見る