(T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T)

自分を探す旅に出よう・・・なんだかな~?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さあ立ち上がろう!「スタンドアップ」

2006年01月15日 | 映画/DVDさ行


シャーリーズ・セロン、10キロも太らなくたって主演女優賞取れるじゃない、この演技なら!!
なんといっても私が始めてシャーリーズを見たのは「ディアボロス」でのキアヌとの共演、この世にこんなに可愛らしい人がいるのか!!と驚嘆したものでした。
それからというもの、彼女の役柄は可愛い妻、恋人、顔とスタイルが売り、という感じでしたよね。本人の意図とは違ったのでしょうが。
「でも、モンスター」は残念ながらまだ見ていないのですが、本作、「スタンドアップ」のシャーリーズは、押しも押されもしない演技派女優でした。

この映画のパンフレットを見て始めて知ったのですが、シャーリーズという人は、辛い過去を背負った、なかなかの苦労人だったんですね。
だから、この映画は彼女の表情にも淡々とした役作りの中にも、そうした奥の深さが現れていたのかな。

<ストーリー>

16歳で私生児を生んだために「あばずれ」というレッテルを貼られてしまった主人公ジョージー。
子連れで結婚した相手には暴力癖があり、その暴力にとうとう耐えられなくなって、二人の子どもをつれて、故郷の北ミネソタの町に戻る。
そこで、生活していくために、父親と同じ鉱山で、男たちに混じって仕事をすることになった。
しかしそこは完全なる男の職場。
仕事の辛さもあるが、それ以上に耐えられないのは、度重なる嫌がらせ、女性に対する敵意。セクハラなんてものじゃない、男も女も関係ない、人間としてここまでやるか?というくらいの嫌がらせを受け、それでも稼ぐために我慢する女性たち。

1989年当時、鉱山で働く女性は30人に1人の割合だったという。

そんな中で、ジョージーに対する性的嫌がらせはエスカレートしていき、上司に訴えても相手にされず、とうとう耐えられなくなり、会社を辞めるジョーシー。
でも、それでは子どもたちを養っていくことは出来ない。

ジョージーは立ち上がる決心をする。




主人公ジョージーをとりまく人々も魅力たっぷりです。
しかも、最近どこかで見たような・・・???

 ジョージーの父親ハンク:リチャード・ジェンキンズ
 「ディック&ジェーン」で見たばっかり。むつかしい父親役、そして娘に対する想いに、涙しますよ、きっと。

 ジョージーの母親アリス:シシー・スペイクス
 「イン・ザ・ベッドルーム」「ストレイト・ストーリー」など数多くの出演作があり、数々のショーレースでノミネートされるなどの実績を持つ女優さんです。
娘を愛する母親の姿は、思わず胸が熱くなりました。

 友人グローリーの夫カイル:ショーン・ビーン
 説明するまでもなく「ロードオブザリングス」「ナショナルトレジャー」始め数多くの作品に出演なさっており、日本でもファンがい~っぱいのショーンさま。
 お~い、悪役じゃないよ~。ここまでいい役、始めてみました。かっこいい!!もう素晴らしい!!感激!!ジョージーを支える数少ない友人の一人を、さりげなくしかもよく目立って、演じていました。いいのか?またファンが激増するぞ、ショーンさま!!

 友人グローリー:フランシス・マクド-マンド
 どこかで見たな~って思ってたら、「恋愛適齢期」に出演なさってましたね。
 病気のため鉱山で働けなくなったショーンさまの代わりにこの鉱山で働く女性第1号として、男社会の中でもうまく溶け込み、力強く働いている。ジョージーのよき理解者。病魔に冒されてしまうが立派に生きていく姿は素晴らしい。


今日はこの映画を見れたことがとても嬉しい。
本当の自分をわかってもらえずに、勝手につけられたレッテルを背負って生きていくことのせつなさ。親としての子どもへの愛。子としての親から注がれる愛。
困難にぶつかったとき、黙って耐えていけばいいのか、それとも勇気を持って立ち上がるべきなのか?

母親は子どものためなら、思わぬ底力がでてくるものなのですよね。
自分に降りかかることだけのためなら、あそこまで戦うことはむつかしかったかもしれません。でも、子どもにまで嫌がらせが及んでは、黙っていられない!!
いくら鉱山で働く男性が荒っぽいからといって、そこまでやらなくとも・・・と思っている人は少なからずいたはずなのに、集団になると、それを言い出せない。
そんな社会にもむっちゃ腹が立ちましたね。
でも、最後、立ち上がった人は偉い!!

弁護士さんもよかったです 

ということで、私はこの映画からすごく元気と勇気といい気分を与えてもらったと思います。


  公式サイト こちらです 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恒例!土曜日のおやつ☆ | トップ | ビーズのアクセサリーお好き... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメントありがとうございました (kazu)
2006-01-17 21:48:09
母親の愛の深さ、強さを感じました。 

ホント、元気と勇気を見る人に与える

映画でしたね。
いやはや参ったね (ココ)
2006-01-17 21:50:17
いい映画だったねー!

合計3回ほど泣いてしまった~

フランシス・マクドーマンドが最高!

「ファーゴ」見たことある?

オススメよー!

C・セロンは見事だね

ウディ・ハレルソンも普通にいい役だったし(彼にしては珍しい、笑)

S・スペイセクもR・ジェンキンズも最高でした!

ショーン様はもうもうもう!

なんてこったー!

TB&コメントありがとうございます。 (☆どなびすけ☆)
2006-01-17 23:44:28
C・セロンの演技、見事でしたね。

ホントに綺麗です。同感ですっ!!

私も大好きな映画のひとつになりました。

また遊びに来てくださいね。

これからもよろしくぅ。

TB&コメントどうもです~ (PINOKIO)
2006-01-18 00:22:10
数々のセクハラ&イジメ、くやしくてくやしくて。。。!!

父親が立ち上がってくれたときはほんとに嬉しかった。

それに、ショーン・ビーンに対するイメージがすっかり変わっちゃいましたw
好評なのが嬉しいです! (ルーシー)
2006-01-18 01:03:59
 kazuさま 

 はい、普通の人でも、がんばればできないことはないんだ!って元気付けられました。

愛もあふれてましたよね 





 ココちゃま 

 ショーン様のこと、いっぱい書いてよ~

アップ、待ってますよ~

だって、ほら、感想書きたくなってきたでしょ?





 ☆どなびすけ☆さま 

 あの目がね~、静かに、口には出さないけど、物を言ってる、って感じがしてよかったです。

こちらこそ、宜しくお願いします 





 PINOKIOさま 

 父親が立ち上がったときに思わずゾクっとしました。

ああ、やっぱり黙ってみていられなかったんだな~って。

ショーンさま、ほんと物静かでいい男でしたよね~

本気で怒って (駒吉)
2006-01-18 13:15:30
TBありがとうございます。

久々に映画を観ながら本気で怒って、お父さんには思いっきり泣かされました。。。

そしてシャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんで、

これからが楽しみになりました。

シャーリーズセロン (kazupon)
2006-01-18 21:45:43
ルーシーさん遅くなりましたが今年もよろしくお願いします!

この映画男性にはうーんと考えさせられるものがありましたが、ショーン・ビーンのご主人や、弁護士の救いある男性が出てきてホッとしました^^グローリーを介護している

夫の姿を見てちょっと寂しそうな顔をした

セロンの場面が印象的でした
駒吉さま (ルーシー)
2006-01-18 21:47:29
>シャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんで、これからが楽しみになりました。



私もそう思いました。

これからもっともっと活躍するでしょうね。楽しみです。

私も3回は泣きましたね!!

kazuponさま (ルーシー)
2006-01-18 22:12:36
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

最初、ショーン・ビーンが病気だというのがよくわからなくて、でも、最後、お互いがお互いを支えあってる姿がなんとも素晴らしかったです。

セロンが、「子どものいないあなたにはわからない!」みたいな言葉を投げつけたでしょ、後になって、子どもが出来ない夫婦(多分)だったってことがわかったんですよね。

あのときの一瞬のセロンの表情、見逃しませんでしたよ~。

TBありがとうございました! (映画三昧)
2006-01-19 10:44:58
もともとショーン・ビーンは、完璧な悪役というより、007の時から味方なのか区別しにくいようなタイプの役柄で重宝されていたふしがありました。

「フライト・プラン」でも、それが生かされています。

今回イメージが大きく変わったということはないですね。こういう役は前から似合うタイプの俳優さんでしたヨ。
こんにちは (masu)
2006-01-19 13:38:42
TB&コメント有り難うございました。あ、初めましてルーシーさん



母親の子供に対する無償の愛はすごかったですね!自分はまだ子供産んだことありませんから、彼女の気持ちを全て理解する事はできなかったですけど、感動しました。



私も同じくこの映画には勇気をもらいました!

これからも宜しくお願いします
お越しいただきありがとうございます (ルーシー)
2006-01-19 23:45:10
 映画三昧さま 

 「フライト・プラン」もうご覧になったんですか?

私も楽しみにしてるんですよ。

ショーン・ビーン、友達が大好きなんですが、彼女も同じこと言ってました。

前からこんな役が似合う俳優さんだって。

知名度が上がって、注目されてますもんね、私も今後に益々期待しています。





 masuさま 

 子どものためならがんばれる!!っていう気持ちが痛いほど伝わってきましたね。

だからこそ、子どもまでもが嫌がらせされていることには我慢できずに、勇気を持って立ち上がったんだと思います。

私たちももっとがんばれるんだ!!って元気が出ましたよね。

こちらこそ宜しくお願いしますね 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スタンドアップ (シネマ日記)
ネタバレ注意試写会に行ってまいりました。みなさん、この映画のテレビコマーシャルを見たことがありますか?あのコマーシャルから得る印象ってどんなんでしょう?ワタクシが受けた印象は「若い女性が主人公の爽やかなサクセスストーリー」って感じでした。けど、本当はこの
『スタンドアップ』 (京の昼寝~♪)
力もない。自信もない。味方もいない。それでも、立ち上がってみようと思った。   ■監督 ニキ・カーロ■脚本 マイケル・サイツマン■キャスト シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン、シシー・スペイセク、リ
気分転換に… (カンジのあなた!(H氏公認))
いや~ご無沙汰っす。   これだけ、ブログをサボった経験が無いのでいっそのこと店じまいしようかと…(爆)いえ、独り言です。なんか、新年早々身の回りが落ち着かなくて大変でした。ようやく、通常営業かな?なんてに思っております。昨日は思うところがあって、
イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描
「 スタンドアップ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ニキ・カーロ主演 : シャーリーズ・セロン / ウディ・ハレルソン /原作 : 集団訴訟 (ClassAction)    公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ この映画は実際に起こったセクハラ訴訟を基に作られた作品です。 原作は2002年に出版され...
『スタンドアップ』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/01 &nbsp; スタンドアップ 監 督 : ニキ・カーロ 脚 本 :
スタンドアップ  (花ごよみ)
        監督は女性監督のニキ・カーロ。     夫の暴力に耐えきれず離婚して    シングルマザーになったジョージー(シャーリズ・セロン)は    2人の子供を抱え、少しでも高い給料を得るために鉱山で働く。      そこは未だ閉鎖的な男社会の職場
スタンドアップ (SmallTalk)
1月14日公開作品の中で、一番見たいと思っていた『有頂天ホテル』が満席完売だったので、『スタンドアップ』(2005年/米国 原題:NorthCountry)を見た。以下、感想を箇条書きに。ただし、まだ公開間もないので、「ネタばれゼッタイしないで~!」って人は読まないほうが...
「スタンドアップ」 (てんびんthe LIFE)
「スタンドアップ」 ニッショーホールで鑑賞 はっきりいって始まって2/3が終わるまで気持ちが落ち着かなかった。ムカツキ!!イライラ。そしてその後は私にも目に涙がたまっていました。通路を隔てたところに座っていた女性は完全に鼻水をすすっていました。1980年
『スタンドアップ』 (ラムの大通り)
----「立て!」って、これまたスゴいタイトルだね。 「うん。でも正確には『立ち上がれ!』という意味。 この映画は一言で言えば、 鉱山という“男の社会”で働き始めた女性ジョージーが、 度を越えた嫌がらせや耐え難い屈辱の中、 ついに“立ち上がる”ことを決意するという
スタンドアップ NORTH COUNTRY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
シャーリーズ・セロン主演 ジョージ(シャーリーズ・セロン)は法廷で戦う この後、多くのセクハラ裁判で女性が勝つようになった実話だそうです ジョージは着のみ着のまま 北に向かいます NORTH COUNTRY 家庭内暴力から逃げミネソタ田舎町の両親の元へ帰って来ました
スタンドアップ (I am invincible !)
夫の暴力から逃げて、2人の子供をつれて故郷に戻ったジョージー(シャーリーズ・セロン)。 しかし、炭鉱で働く父(リチャード・ジェンキンス)も母(シシー・スペイセク)も、彼女を全面的に味方してくれるような言葉はかけてはくれなかった。 旧友グローリー(フランシス.
スタンドアップ・・・・シャーリーズ・セロン (ぷち てんてん)
昨日道路の氷の塊をシャベルとつるはしのような物(つるはしのようなごつい物ではないのだけど)で取り除きました。ガッツンガッツンと(笑)いや~、今日は筋肉痛です。腰が痛い~(T-T)ウルウルでも、天気が悪くならないうちに映画館に行きました。☆スタンドアップ☆(2...
スタンドアップ (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2006年1月14日 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン ほか 今月公開される洋画では一番楽しみにして作品♪意外と人が少なかったような気がしたけど・・・。立川.
スタンドアップ (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2006年1月14日 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン ほか 今月公開される洋画では一番楽しみにして作品♪意外と人が少なかったような気がしたけど・・・。立川.
試写会 スタンドアップの感想だべ。 (ドナルドと一緒のばたあしテニス)
思わず、泣いてしまった!!シャーリーズ・セロンの「STAND UP」 ジェンダーやフェミニズムに興味があれが、楽しめる内容。 CMのナレーションでは、軽い感じがするが、ちゃんと社会的
スタンドアップ (ネタバレ映画館)
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!  伏字がいっぱい必要なほど露骨なセクシャル・ハラスメント。ここまでくると、男どもに同情の余地はない。女性の多い試写会での鑑賞だったから、「
スタンドアップ (色即是空日記+α)
原題 「North Country」   邦題 「スタンドアップ」  最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。でも最後にこれが効いてくる! 鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。   2人の子供を.
映画「スタンドアップ」 アカデミー賞ノミネート最有力! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
ゴールデングローブ賞にノミネートされた 映画「スタンドアップ」の試写会に行ってきました。 佳境にもめげない強い女性の物語と 思いきや「セクハラ訴訟」の 始まりの話でした。 今の時代「セクハラ」という言葉に 慣れてしまい、簡単に口にする女性も多いですが 始まりは
スタンドアップ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  あたしはうつむかない。一人でも立ち上がる。    
スタンドアップ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニキ・カーロ 【出演】シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーナンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 【公開日】2006/1.14 【製作】
スタンドアップ/NORTH COUNTRY (我想一個人映画美的女人blog)
社長のタコオヤジを後ろからハンマーで殴りたくなった。 もちろん、炭坑現場の幼稚で下品な男どもも、、、。 またまた2005年度アカデミー賞最有力作品の登場☆ そして、真実のドラマ。 最近のシャーリーズセロンは、ただのキレイなだけの役はやらず、 「モンスター」にして
『スタンドアップ』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『スタンドアップ』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;WB  上映時間;124分 R-15 監督;ニキ・カーロ 出演;シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン観賞劇場:..
映画:スタンドアップ 試写会 (駒吉の日記)
映画:スタンドアップ 試写会@中野サンプラザ 「THE 有頂天ホテル 」が初笑いな作品ならこちらは初泣き(号泣に近いかも)作品でした。 シャーリーズ・セロン、モンスターでも「すごい!あの美人が!」でしたがこちらでも女優魂で魅せてくれ、ジョディ・フォスターの「
スタンド・アップ (Aloha Days)
やってくれましたね、ニキ・カーロ! 「クジラの島の少女」に続いてまた目が痛くなっちゃったよ この監督さんの作品は要注意です(笑) この作品、何が一番嬉しかったって・・・・・そりゃぁあーた! ショーン様を起用していただけたことでしょう! イギリス生まれ、生粋の
スタンドアップ (It\'s a Wonderful Life)
北米の炭鉱業がメインの街であった実話を基にした映画です。 前に炭鉱が出てくる映画って何となくタイプが似てると書きましたけど (「リトル・ダンサー」「遠い空の向こうに」「ブラス!」等など) どの作品も仕事がどんどん無くなっていくネガティブな炭鉱町の生...
スタンドアップ (遅くまで起きた夜は★)
{/kaeru_fine/}鉱山労働者として働くシングルマザーが、男性社会の中で立ち上がっていく姿を、実話に基づいて描いた作品{/kuma_fly/}。『モンスター』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロンの演技力が光る{/kirakira/}。              夫の暴力
映画のご紹介(83) スタンドアップ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(83) スタンドアップ 今年初めて映画館へ行った。 観た映画は、 「スタンドアップ」! 「スタンドアップ」は、アメリカ初のセクハラ訴訟を提起した女性の話だ。
「STAND UP」あなたが立ち上がる時はいつ? (田中陽子の映画ほめちぎり)
「STAND UP」―立ち上がれ! この映画のすべてあらわしている言葉だ。 あな
スタンドアップ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2006年最初の傑作。とにかくシャーリーズ・セロンに尽きる。彼女の恐ろしいほどの存在感と見事な演技力には誰もが胸を打たれるはず。
映画:「スタンドアップ」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: ニキ・カーロ 出演: シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク 原題: NORTH COUNTRY 制作
感動実話対決新年参戦!『スタンドアップ』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
「子供が仕事をもってきてくれる」…… 不思議なんだけど、実際よくある現象なんだよねえ。 子供がいない人には実感が湧かないだろうとは思うけど、 例えば『シンデレラマン』が、そうだったでしょ? 『ハリー・ポッター』の原作者J・K・ローリングスも、 生活保
スタンド アップ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)は、連れてきた2人の子どもとの生活のため、給料
スタンド アップ NORTH COUNTRY (自然に生きる 映画に生きる)
シャーリーズ セロン、フランシス マクドーマンド(2005年) 年明けて初めての映画館での鑑賞でした。シャーズは自分の中でお気に入りの女優なので大好きです。この作品の事を知り、絶対観に行こうと決めていました。 暗かったけど、良い映画でした。泣いてしまいまし
大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと
スタンドアップ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“力のある者たちが弱き者を傷つけていたら、まず立ち上がれ。たとえたった一人であったとしても。” シャーリーズ・セロン主演の“スタンドアップ”を観てきました。 夫の執拗なDVから逃れ生まれ故郷に帰ってきたジョージーは、街の人々の冷たい視線の中、自分の力
スタンドアップ(映画館) (ひるめし。)
私なんか、と何度も思った。お前なんかと、と何度も言われた。 それでも、立ち上がってみようと思った。 CAST:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 124分 いや~またシャーリ
スタンドアップ 評価額・1200円 (Blog・キネマ文化論)
●スタンドアップをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 子供を連れて故郷に帰ってきたジョ
映画館「スタンドアップ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...
FUN … 『スタンドアップ』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「立ち上がる勇気、そして…」
『スタンドアップ』 (Aliiyブログ)
モンスター 通常版 『Aliiy』編集部のナオです。 お待たせしました! 『Aliiy』の人気コーナー"シネマdeキレイ"が本日更新しました。 今回は『スタンドアップ』をピックアップしています。 『モンスター』でアカデミー主演賞を獲得した、シャーリー
スタンドアップ (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)          助演女優賞(フランシス・マクドーマンド) ノミネート作品 アメリカではじめて行われたセクハラの集団訴訟を描いたこの映画は、シャーリーズ・セロンの熱演もあって、賞レースで話題になっている作品の
スタンドアップ (North Country) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニキ・カーロ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ キレイゴトの大嫌いなたおです。綺麗事ばかり言う人に限って、平気で嘘を付いて人を裏切るし。解決策が“臭いモノに蓋”で終了なんて、もってのほかで。でも、綺麗な人 ...
B3:スタンド・アップ (~勝手に映画評価~)
暴力夫から逃れるために2人の子供たちと共に実家に帰ってきたジョージーは、シングルマザーとして子供たちを養っていくために友人の紹介で鉱山で働くことにした。今よりも男女差別のひどかった時代であったために、鉱山で働く女性たちは性的迫害を何度もうけること ...
スタンドアップ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ 正直、アドレナリンが出まくっててこーゆー言い方しか出来ません。 え~、ワタクシ今から汚い言葉を使いますのでお気を悪くされた方には 先に謝っておきますね。 申し訳御座いませ ...
NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) (サーカスな日々)
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、 ...
「スタンドアップ」 (ひらりん的映画ブログ)
シャーリーズ・セロン主演。 どうも、炭鉱労働者の話らしく、寒いところで過酷な・・・みたい。
スタンドアップ (North Country) (communication 101)
ミネソタの鉱山での実話を元にした映画。映画としてはまあまあだったかな。 ストーリー自体は、1980年代、暴力を振るう夫から逃げ出したJosey Aimes (Charlize Theron)は、働く必要に迫られ、鉱山で仕事を見つける。だが、肉体労働で圧倒的に男社会である鉱山 ...