台湾の情報ならお任せ RTIブログ

台湾の情報満載!RTIのホームページでは見られない情報をご紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画館に食べ物持ち込み、果たして?

2010年01月18日 04時18分20秒 | 台湾ニュース

(これは問題ない?映画館で売られる炭酸飲料とポップコーン)

映画を見るなら好きなスナックを食べながら・・・という人もいる。しかし、行政院消費者保護委員会が昨年行った調査によると、食べ物の持ち込みは一切禁止と言う映画館が少なくない。そういった映画館では、館内でポップコーンなどを売っていて、外部からの持ち込みは禁じている場合が多い。政府はこれでは平等の原則に反し、消費者の権益を損なっていると判断、台湾省電影戯劇商業同業公会聯合会(映画演劇商業同業組合連合会)と台北市電影戯劇商業同業公会が共同で新たな規定を作るよう命じた。
新たな規定では、外部からの持ち込みを禁じるなら、映画館内で食べ物を販売することも認めない。映画館側は食べ物の販売をやめないので、外部からの食べ物の持ち込みが可能になるという。行政院消費者保護委員会の承認を経て、早ければ今月21日から実施される。

(映画館のチケット売り場。「見るだけ」と、「ポップコーンと飲み物付き」のプランがある)

(これがチケット。「6排9號」とは「6列目の9番席」ということ。台湾の映画館は全席指定。香港も中国大陸も台湾と同じ。これは夜10時50分からのものだが、台湾の映画館では深夜1時半ごろからの上映も多い。ポップコーンと飲み物付きで台湾元360元だった)

しかし、何でも持ち込めるのでは問題が起きる。そこで、この規定では映画館が特定の食べ物の持ち込みは禁止できるようにした。例えばにおいの強いもの。台湾の料理に「臭豆腐」という、一般的に「臭い」とされるものがある。これと共に台湾風フライドチキンの「炸鶏排」も対象として名が挙がっている。また、音の出るもの。カボチャやスイカの種である「瓜子」やピーナッツが対象らしい。
しかし、この「一部禁止する」というのは実施する上で困難が無いのだろうか。「臭いにおい」や「強いにおい」、それに「音」の基準はどうするのか。音の出る食べ物でなくても紙袋に入っていて、出し入れすることで音が出ることもある。また、酒類を持ち込むのは大丈夫なのか。

(チケットを買ってから、こんな売店でポップコーンやホットドッグ、炭酸飲料と引き換える。ポップコーンは普通のものと甘いものの二種類ある)

2時間ぐらい何も食べずに映画を見ればいいじゃないかと思いもするが、「人に迷惑をかけないなら映画を見るときぐらいリラックスして何かつまんでもいいじゃないか」という考えも一理ある。映画館に行けば、携帯電話をマナーモードにしていない人もいるし、おしゃべりする人もいる。結局のところは「何が臭いのか臭くないのか」という問題を含めて、周りに他人がいることを意識した、節度ある態度と行動が求められるということ。いわば「しつけ」と「常識」の問題なのだろう。(U)

(この日、見たのは『打不倒的勇者』。クリント・イーストウッド゛監督の新作だ。「TAIWAN」という言葉がセリフに三度出てきて観客は驚いていた)

(期待の新作、『艋舺』の宣伝コーナー。春節・旧正月前の2月5日に公開。主演は台湾で今一番人気の趙又廷と阮経天。左から)
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台北駅の「會面點」に物申す! | トップ | 第34期棋聖戦、張栩三冠が台... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画館内での会話・飲食 (万太郎)
2010-01-18 18:29:13
私は原則禁止と思いますが、皆さんは如何ですか?
煎餅をバリバリ、ポップコーンをガサゴソ、飲み物をこぼしたり...、大変じゃない。
私的には「映画鑑賞である!」と気取っています。

美術館内の絵画鑑賞ではモチロン飲食は禁止、大声での会話もご遠慮下さいだからねぇ。
動く絵画=映画も同じように見たいと思います。
飲食は映画の事前・事後に併設のパーラーやカフェでやれるようになるといいですね。

でもコメディーを見たりするとお腹が減るぅ!

では
基本的に同意しますが… (U)
2010-01-18 20:38:35
万太郎さま、コメントありがとうございます!
私も原則禁止とのご意見に基本的には賛成です。でも、「コメディー…」でご指摘のように人間はわがままなもので、映画によっては「食べてもいいじゃん」と思ってしまうんですね。だからこそ、原則禁止がいいでしょう!ちょっとツライけど…。
でも、気になったのはやはりこの規則なんです。本質を突かない、毎度の「よく考えられていない」政策。持ち込み解禁でトラブルが増える恐れもあります。思い付きとしか考えられず、結局トラブルが出てもそれは映画館側まかせ、「消費者の権益を守る」って自己満足だけで何の意味もないじゃない!(泣)
Unknown (???)
2010-01-19 09:29:58
日本の例で恐縮ですが、

歌舞伎も相撲も、桟敷で弁当を食べながらお酒を飲みながらお喋りしながら見るのが伝統です。

クラブの歌手もバンドも飲んだり喋ったりしている客を相手にしています。

台詞を聞き漏らすと、何が何やら解らなくなったり、考えて頭が痛くなる筋立ての鑑賞ではない、

そんな映画も見てみたい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画館に食べ物持ち込み解禁? (台湾からの古新聞)
映画館での飲食についての新たな規則が実施されるという。というか、映画館への食べ物持ち込み解禁にも近い、かなり自由な持ち込みが可能になるという内容らしい。 突然の政策が実行されることも多い台湾。実施されてから、ああだこうだと混乱を生むことも少なくない。...