REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



「たまこまーけっと」「たまこラブストーリー」のベストアルバムということです。 今までのCDで聞けた曲もいくつか収録されていますね。テレビ版のオープニング曲CD、エンディング曲CD、そして劇場版のテーマソングCDはこちらでも聴けますね。 あとは、キャラソング「CALL ME ANNE」のリミックスも入ってます。 リミックスCDはインスト盤を除いたら、実質2曲なので、そのうちの1曲がここに入って . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「たまこまーけっと」キャラクターソング・リミックスというタイトルが付いています。 ということで、先に紹介したキャラソングCD「twinkle ride CD」の一部の曲をいじったものが2つと、あとはキャラソングのインストゥルメンタルという構成です。 リミックスは、「おもちアフェっクション」「CALL ME ANNE」なのですが、おもちの方は、リズム音を強調したレゲエっぽい感じなんですけど、曲調 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




劇場版「たまこラブストーリー」の主題歌CDということになります。 収録は主題歌「プリンシプル」と「こいのうた」、それと、それぞれのインストゥルメンタルの合計4曲ですね。 「プリンシプル」は、スローテンポまではいかないかもしれませんけど、比較的ゆったりしたペースの曲に感じます。 テレビシリーズと違って、劇場版は物語性が強い内容でしたので、こういったしっとりした曲が似合っているように思いますね。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




テレビ版「たまこまーけっと」の続編という位置づけの劇場版です。 月日がたち、主人公達はもう高校三年生になっているのですけど、その時期は進路のことがあり、当然その先にはそれぞれの岐路があるわけでして、今までの日常に一つの変化が訪れる時期という背景で話が進んでいきます。 題名の通り、これはラブストーリーなので、「たまこ」と「もち蔵」がどうなる?といったテーマが主体になりますが、そこまでの日常の流れ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「たまこまーけっと」のキャラクターソングアルバムです。 このアルバムで楽しかった曲は、1と3で、どちらも上手に遊んでいて面白い歌詞です。うちの子も大喜びでした。 特に1は最初の歌ですしインパクト大なのですが、超速いラップで活舌が良くないと歌えない歌で、凄いなと感心してしまう程です。延々とお餅ネタの歌詞が続くので、そちらも面白いですね。 それに対して3曲目は大工道具が延々と出て来る歌詞で、よく . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「たまこまーけっと」エンディング曲です。 こちらは気に入っている曲です。曲自体も良いのですが、軽いエレポップ調のきれいなアレンジも気に入っている原因になっています。 私は優れた曲はインストゥルメンタルでも好きになれると思っているのですが、こちらは見事にその条件に適っているなと感じます。 音に分厚さはありませんが、シンプルな中にも心地よさがあって、歌詞無しの演奏を聴いているだけでもイイ気持ちに . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「たまこまーけっと」オープニング曲になります。 比較的明るめなアレンジですけど、個人的にはカッコイイ等の感想は無いです(笑)。 アレンジが良いね~等の格好よさとかより、アニソンらしい感じと言いますか。なんてコメントして良いか悩むのですが、オープニングの映像には合っていると思います。 カップリング曲も静かにほんわかした歌で、この物語の歌らしいと言えばらしいのですが、これらの曲だけで良いかどうか . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




我が家では親子で「けいおん」をとても楽しんだというのもあって、同じ製作会社つながりで鑑賞してみました。 漫画が原作とかではなく、オリジナルの物語のようです。 かなりざっくりと書きますが、このお話の概要は、学校の友人と幼馴染と活気ある商店街のみんなを描きつつって感じで、日常を描くのがメインです。 唯一違うのは人の言葉を話す不思議な鳥「デラ」が居候しているという事によって、日常に変化が生じている . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「アイアンマン2」「マイティ・ソー」を鑑賞して、これは鑑賞する順番を間違えちゃいけないんだなと改めて思いましたので、次は何かを検索したところ、「キャプテン・アメリカ」でした。 ところで、こっちはこっちで関連作品として「エージェント・カーター」というドラマが制作されてますし、映画とドラマでセットで見ないといけないと思ってましたので、ある意味この作品を見る事になって良かったです。 しかしまあ、ここ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今更ですが(笑)見て思ったのですが、この映画は本当に「アイアンマン2」の続編に位置してますね。 そして、政府職員みたいな人が「シールド」と名乗ってました。なるほど、海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に関連しているのか~。と、勝手に関連付けて一人で納得。 そして「アイアンマン2」にも出てきたアイパッチつけたおっちゃんは、ここにも登場。このおっちゃん、シールドに関連しているんだなあと、感じ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1作目を大分前に鑑賞して、そのままになってました。ちょっと見てみようかなと思いまして、やっと鑑賞した次第です。 アイアンマンはハイテクスーツを着用して戦うお話なので、ほかの「スパイダーマン」や「X-MEN」みたいなアメコミ全開?の特殊能力ってわけではないので、個人的にはまだ納得できる設定です。(好きな人ごめんなさい。。。) そういや、海外ドラマ「アロー」の登場人物にも、こういったハイテクスーツ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今頃ですが、2014年の邦画になります。 随分前に実写化の話があったような気がしてましたが、ハリウッドでの映画化だったと思いこんでいたので、邦画として登場したもんだから「あれ?」って感じでした。 実写化にあたって、ある程度のリアルさを求めなければいけないだろうから、アニメ特有のルパンの面白さって言うんでしょうかね?アニメのルパンが売りにしている一流の泥棒達のスゴ技的なもの、奇想天外な逆転技、相 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1984年発売(これは95年再販物)のアルバムです。 ドン・ヘンリーは、元イーグルスのメンバーだった人ですが、これは解散後のソロ・アルバムになりますね。 私はイーグルスの事はよく知らないというのもあって(ホテル・カリフォルニアを知っている位です)、特に変な先入観もなく、当時、素直に楽曲を聴いていたと思います。 この中では、「ボーイズ・オブ・サマー」が5位、「オール・シー・ウォンツ・トゥ・ドゥ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらはダイア・ストレイツのベスト盤ですけど、私が知っているのは3曲のみです。 それは、79年に4位を記録したヒット曲「悲しきサルタン」、そして85年に1位を獲得した「マネー・フォー・ナッシング」、86年に7位となった「ウォーク・オブ・ライフ」です。 「サルタン」はまだ小さい頃どこかで耳にしたのを覚えていて、あの曲何だったんだろう?また聴きたいなあと思っていた事がありますが、「マネー・フォー・ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1995年に発売(こちらはおそらく再販)されたCDです。 あと、個人的に80年代かな?と思っているので80年代にカテゴライズしておりますが、ご了承下さい。 ディオンヌ・ワーウィックと言えば、亡くなったホイットニー・ヒューストンの叔母にあたる方だったと思いますが、やっぱりと言うか、ボーカルの力量が凄いなあと感じるアーティストです。 私が彼女を知ったのは、83年に10位を記録した「ハート・ブレイ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ