上砂理佳のうぐいす日記

10/18まで京急百貨店上大岡店7階アートステーションにて、銅版画の特集展示をしてもらっています。お近くの方はぜひ★

今年もお世話になりました★

2015-12-31 | うぐいすよもやま日記
紅白歌合戦を見ながら、ワインでまったり。
やはり黒柳さんの衣装はインパクトありますね。イノッチ+有働アナの安定感。
大掃除も済んだ!思い残すことはない!
今年もお世話になりました★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日ギエムが「ボレロ」を踊ります★

2015-12-29 | バレエにハマって幾星霜
シルヴィ・ギエムの「ボレロ」生中継!大晦日!
ジルベスター・コンサートっていうんですね。紅白終わってからテレビ東京系(ここではTV大阪)を見て年越しなんて…生まれて初めてかも。
録画しなくてはいけません!
もう二度と…踊るギエムが見られないのならば
ギエム年越し「ボレロ」に関して・公式HPより
BSでもやる!これなら地方の方も大丈夫そうです。

どうしよう。
緊張し過ぎて画面見れないかも。フィギュアと同じ…今から緊張してる(笑)。
そういえば、この間浜松に行った際に、仲良しのIさんが「ギエム見てきたよ!素晴らしかったよ!」と絶賛してはりましてん。
ツィッター見てても各公演絶賛のようで
そしてどうも、大ちゃんがNYから帰国直後?ぐらいに、彼女の舞台を見ていたような情報が!?あーやったー。嬉しいー。
大輔さんはギエム初見参ではなかろうか。
テレ東と大ちゃんは深いご縁があるのです。
数々のアイス・ショーのプロデュースもだけど、ソチ五輪直前の熊川哲也氏との対談企画もテレ東さんのお膳立てだったのよね。
あれ良かったよね。泣いたわ
なんつうか「高橋大輔をよ~くわかってくれてる」のがテレ東だ。決してテレ朝ではない(笑)。
もしかして、テレ東~バレエ~高橋大輔~の流れで、このギエム特番にも大ちゃん、からまないだろうか。熊川氏と一緒にが出てきてくれてもいいのよ
あーそんなサプライズないかなー。踊り終わったあと、ギエムのインタとかあるのかなー。

ギエムももう50歳なんだあ。でもIさんのお話では「全然衰えてない!」ということで、驚異的つうか「ああいつもの彼女なんだなあ」と。
はい。全国の皆様、バレエの至宝が!このジャパンで!踊りを終えます!
絶対見とくれやす(何故か関西弁)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本女子の「はああ」感★

2015-12-28 | 15-16 コンペとショー
本郷理華ちゃんの直後に真央ちゃんが滑ると、「ぜんぜん滑りが違う~」と思わざるを得なかった。。。理華ちゃんも大好きなワケですが、真央ちゃんはやっぱりスケーティングそのものが良いのですね。それは去年のXOIでも感じました。
普段、「3アクセル!」とか、ジャンプばっか強調されるけど、もっと「滑りの質」の話を解説者もして欲しいです。

全日本女子は、知子ちゃんと理華ちゃんが早くも「追われる立場」になって、かなり緊張してるように思えました。知子ちゃん、3連もヒヤッ、ステップもつまずいてヒヤッ…珍しい。でも後半から落ち着いてきたので、ホッとした~^^ ほんと貫録出てきたあ。
理華ちゃんも転倒するとは思わなんだ~でもこちらも、後半持ち直しました。GP初戦が一番良かったように思うのは、ノンプレッシャーだったからかな。「リバーダンス」は、ミスしても曲が盛り上げてくれるから良いのよね。
あっこちゃんの指導が入ってから、メキメキ「踊り心」が向上して嬉しい。今後、シェイリーンの振付とかでも見てみたい。いろいろ期待を抱かせる人です。

真央ちゃんは最初のアクセル失敗してから、かなりテンションが下がってしまって、元気がないように見えました。つらいよ~。滑る前から表情が悲痛な感じでした。
いったんここで落としておいて、世界選手権に調子を合わせてきたら良いよね。4大陸は欠場した方が良いのでは。復帰していきなり連戦で、相当お疲れ感があるから、休んでパワーを取り戻して欲しい。
でも会場の真央ちゃんコールが、あたたかで良かったですね 全日本はこうでなくっちゃー。おとといの小塚君への声援も、とても温かだった
普段見てるGPの試合と違い、全日本は一人一人の「晴れ舞台」なので、会場の空気感が違う。アットホームというか。

今井遥ちゃんを映さないのですかそうですか…私は遥ちゃんのスケートが好きなんです!ジャンプのタイミングが合わないのは、滑りのスピードがあり過ぎて制御出来てないからだと思うんですが(違う?)。これ前も書いたけど、ナマで見ると遥ちゃんの滑りは本当にスピードあるんです。その次が佳菜子ちゃんかな。
新鋭では、本田真凛ちゃんが美しい。トータルバランスで華があって見てて楽しい素晴らしい別嬪さんで今後どうなるのかな。
樋口新葉ちゃんは昨年に続き最終G入りで、やはり本番強かったですね~。うん。かつてのみどりちゃんっぽい スピードがいい 「マスク・オブ・ゾロ」みたいな力強いプロはぴったり!
新葉ちゃんのグイグイ押してくるパワー・スケートを見ていたら、村上佳菜子ちゃんの15~16歳の頃を思い出します。あのころの佳菜ちゃんもこんな感じだったー。溌剌!元気!怖いもんなし!
世界ジュニアで優勝して、シニア入りしていきなりGP優勝したんだっけ。あの椅子に座ってタンバリンで挑発する(?)エキシビション・ナンバー(曲名が出てこん)なんか、「少女って最強」と唸らされたもんね。
やっぱり女の子は15~6才が最強やなあ~。ロシア女子優勝のメドベデワの驚異の点数を見ていたら、複雑な気持ちになりました。来年はまた新しい少女が台頭するの!?

男子も女子も面白かったのですが、なんか最終滑走者の佳菜ちゃんの「あれ?」なオチがマヌケというか笑わされた(笑)。そうなんです。女子の最終の人が、「2015年最後の滑走者」なんです。佳菜ちゃん~!まあご本人落ち込んでないからいいのかなあ(笑)。
でも、いまひとつ自分の中では、大きな盛り上がりに欠けた全日本でした。五輪と五輪のちょうど真ん中で、モチベに欠けるのが原因かな。
次の五輪まであと2年で、そしたら、今、若い選手も熟して大人になって、代表争いももっと白熱化するかも。今は過渡期かな。
とりあえず、スケーティングが私好みの昌麿君・草太君の2大若手男子、期待してます★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本男子の「うーん」感★

2015-12-27 | 15-16 コンペとショー
全日本フィギュア、ちょっと「うーん」な感想ですねえ。。。
武史師匠の解説も西岡さんの実況もイマイチ熱気がなかったように思うし、どの選手もミスが多くて、私は乗り切れませんでしたあ。大輔さん来年から実況ゲストで来てくれんかな~(噛むか)。
刑事君が頑張ったのと、無良君のリカバリー、草太君、しょーま君の若手チャレンジは良かったけど、今回はまあ「ゆづ優勝鉄板だよねえ」だから、ハラハラ感がナッシング。
あ、龍樹君が初めてキスクラで笑った(笑)。カメラに向かってポーズまで取った!素晴らしい。画期的だあ(笑)。

大ちゃんの弟分、中村優君、これで世界ジュニア派遣枠に入れたかな。相変わらず可愛い王子様系ルックスですが、ジュニア最後のシーズンとなるので、なんとか3Aを安定させて欲しいもの。表現も滑りもいいけど、少し大人しい感じなので、ガッツ(!)があふれ出るようになるといいなあ。でも歌子先生、柔和なお顔ですよね。大輔氏といる時は険しい表情が多かったから、今は全然違うわあ。亜紀ちゃん先生が可愛いよ~。

岩手フィギュア界を背負った佐藤君(?)はFSでは映らなかったけど、どーだったのかなあ。いい滑りなんだけどなあ。逸材ですよね。
神戸チャリティで可愛い「踊れる男の子」していた友野君が、もうこんなに大きくなってるなんて感慨深いわ。4サル跳んでたけど、あのプログラムはインパクトありますねえ。日本男子、「踊れる人」が増えて本当に嬉しい。それに今の選手は、踊り+ジャンプ+滑りのバランスがいいのでイライラしない(笑)。

草太君のFS、コフトンがやってた曲ですよね。構成といい「大物感」あふれてるわ。私、草太君のスケーティングとっても好き。自然に出るスピードが、見ていてスカッと爽快。でも15歳であの手足の長さだと、もっと背が伸びてしまうのかな?そうなるとどうかなー。

昌麿君はなんだかなあ~~~~。
今季はFSで感動的な演技が続いたから、かなり期待していたので残念。
私は昌麿君ファンだけど、今の点の出方は、彼にとって「いいの?」って思うよ。3Aとクワドの幅と流れは確かに素晴らしいけど、フリーレッグが相変わらず氷スレスレなのが気になります。私がジャッジなら、プラスマイナスゼロで、GOEは0。
今回は明らかに「勝ちに行く!」ムードに飲み込まれていて、トゥーランドットの世界ではなかったと思う。まあ若いからそれでも充分なんだろか。
結局、SPもFSも一番「ノーミスに近い人」は無良君だと思うんですが、彼は世界選手権に行けないのですよね。GPシリーズの出遅れが悔やまれるー。

ダイスはこれも期待していたのに…なんでや~~~~~(泣)。
公式練習での衝突があったそうですが、その影響もあるんかなー。運が無いと言えば運が無いけど、ダイス自分では何も言えないしなー。真相は解らないわ。
もう、曲がけ練習の時は、当該の選手一人でリンクを使う規定にしたらどうなんでしょう。他の5人はサブリンクで練習するの。
4回転を跳ぶ人が増えて、しかも複数回、多種になってきたら、それだけ助走も取らないと跳べないし、3回転ばかり練習してるのと訳が違いますよね。フィギュアって考えてみたら物凄く危険なスポーツなんだから。
ジャンプの危険度は劇的に増してるのに、練習の規定は何十年前から変わらないっての、やっぱりおかしいな。それか、1グループを6人から4人にするとか。

ゆづるさんは連戦の疲れもあったのかなー。久々に後半お疲れ気味でした。多分、4大陸は出ないでこのまま世界選手権でしょうね。ハビがユーロに出て調整して…そこで大体の調子が占えるかな?どうでしょうね。ボーヤンはまだまだだし、ゆづのライバルとしては、案外昌麿君が一番怖いかも。テン君の復調具合がわからないけど、彼は今季はもう「狙って」ないと思うから、やっぱりダークホースが昌麿君かな。

結局、一番印象に残ったのが、小塚君のフリーでした。先日、FOI10周年でパン&トンが同曲で滑るのを見て、号泣した影響かも。
ミス多かったけど、彼の何か必死な(?)想いが、大ちゃんの五輪のビートルズFSに通じるものがありました。
あれはもはや「悟り」の表情…微笑に思えましたが、さてどうするのか★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスプチパーティは★

2015-12-25 | うぐいすよもやま日記
そうそう、クリスマス・オン・アイスの後で、京橋のとあるカフェで「プチ打ち上げ」でした。
このケーキプレート、なかなか可愛くないですか~!猫好きにはたまらない!
ティラミスとチーズケーキ両方とも美味しかったあ。そして小さなカップの中は、これまた美味しいプリンが。
打ち上げでは、みんなで高橋大輔氏の話で充満してました。ハタから見たら異常な光景かも(笑)。よくこんな赤の他人の男の子の話題で、盛り上がれるものです(笑)。
昨日の放映(BS)は、地上波と同じ20日の大阪昼公演の収録みたいでしたが、ノーカット版で良かったね。横浜公演に行った友人の話では、千秋楽にMayJがサプライズゲストで出演したとか。
去年はコバさんがいきなり「ニョキッ」とあらわれて、興奮のるつぼでしたね~!阿鼻叫喚って、ああいう状態を言うのね(笑)。
クリスマスのアイスショーって、やっぱり最高どす。来年もありますように★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イブだなあ★

2015-12-24 | うぐいすよもやま日記
先週行った梅田阪急のクリスマスマーケット。北欧のお店が沢山来てて、夢のようですわ。
顔の大きさ位あるクリスマスクッキーとか。なんか全てがデカいんだよね(笑)。
光と音の演出が見事で、さすが「祝祭広場」。
外国みたいに、教会の前に広場があるんじゃなくって、ショッピングゾーンに広場があって人が集うってところが、いかにもな日本★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・オン・アイス2015の高橋大輔氏★

2015-12-21 | 15-16 コンペとショー
今年の大阪公演会場、は「東和薬品ラクタブドーム」っていうんですね(旧なみはやドーム)。つうことは、大阪府が東和薬品さんに売却したということかな~。まあ存続してくれたら有難いです。「ジェネリック」の黒柳さんの、あの会社ですね。

大輔さんは、もう「大ちゃん」とは言えないような、大人の男のムードをムンムン醸し出していて、新しいプログラム2本とも、今までで一番好きなぐらい気に入りました!
第一部では、スケスケのシースルー・ヒラヒラ黒衣装で、腕とか腹とか背中とかもう丸出し(笑)。
でも友達の話では、「あれは高性能肌襦袢だった!」ということ。
どうなんでしょうか?写真見る限りでは、腕は剥きだしだよねー。
アフロスポーツのお写真
ここから「報道・出版」のカテゴリーで「クリスマス オン アイス 2015」で検索すると見られます。

その不思議な衣装と、荘厳で?新しく?祈りのような?なんとも形容しがたい曲と、斬新で複雑な振付が融合して、今まで見たことの無い「新・高橋大輔」のスケートでした。
身体のキレもいいし、何よりジャンプが高い!
大ちゃん特有の、軽くディレイのかかった「ふわりルッツ」です。
曲名もわからないんだけど、シェイリーン・ボーンの振付なんですよね。大ちゃんの「マンボ」とか「道化師」とか作った女性です。
意欲的で、踊りに見とれているうちにアッという間に終わりました~。
あの滑りを明確に表す言葉を、私は持たないので、どうか他の方の名レポを読んでください(笑)。
なんだろ。あれ。「色気」とか「魂の滑り」とか。そういう言葉では陳腐になっちゃう。
とにかく美しいんですよー。ばんざい芸術。

大輔さんもう1本のプロは、第二部のクリス・ハート・コラボでした(これも曲名わからん)。
美しいバラードで切ない系です。クリーム色のジャケット?的な上半身で、襟元からきらきらスカーフのようなものが見えてました。
脱ぐのかな、と思ってたけど、脱がなかった(笑)。
こちらも情感あふれる、あたたかだけどキレの良い演技でした~
第一部の方はジャンプはルッツとバレエジャンプだけだったけど、こちらは3ルッツ、3フリップ、3サルコゥ、(+もう1個3トゥ?違うか)かな。
色んな面で余裕が感じられました。力み過ぎも絞り込み過ぎもなく「ちょうどいい塩梅」の調整力。
あー。もう一度見たい!
あの足元のマジック!吸い付くスケーティング!ディープ・エッジ!
ということで、テレビ放映は、23日(祝)テレビ大阪(テレビ東京系)と、24日(木)BSジャパンであるようです★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

準備中★

2015-12-19 | うぐいすよもやま日記
このバナー、何代目でしたっけ。
バンクーバー五輪前後?★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「おにぎらず」失敗★

2015-12-19 | うぐいすよもやま日記
帰宅したら得体の知れないモノが食卓に…。
「今年流行ったナントカいうのん、テレビでやってたから作ってみたけど、上手くいけへんかったー」と、うぐいす母。
作ってみようとする根性がすごい★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Butterのパンケーキ★

2015-12-18 | うぐいすよもやま日記
梅田で、グループ展ランチミーティングでございます。
パンケーキプレートがテーブルを埋め尽くしたら圧巻(笑)。
茶屋町の「ギャラリー4匹の猫」のすぐ近くにあるパンケーキ専門店「Butter」は、やっぱり美味しいです!パンケーキの味が違う。クリームもアッサリで甘過ぎない。
「旅」をテーマにしたグループ展は、再来年の春・4月にまたやろうか、ということになりました。
そーんな先の話…なんて言ってても、これがあっちゅう間に!日が過ぎるんですよねえ★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都で撮影してるやんー★

2015-12-15 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
私が浜松へ行っているあいだに、京都で撮影してたなんて~~~~

窪田君は1月からのドラマで斎藤工さんと探偵モノをやるのですが。
こちらは公式ツィッター→
私の版画「二年坂幻想」の舞台となった、二年坂!
そんな所に来るんかい。。。だったらドラマをからめた絵柄にしておけば良かった(えっ)。

いやしかし、これ「東寺(とうじ)」やないと思うんですが…「八坂の塔」では。
東寺は京都駅方向なので、もっと南やでー。
まあいいです(笑)。
もしかして、撮影クルーもみんな関東の方ばっかりだろから、詳しく知らんのかもね。
私もスカイツリーと東京タワーを間違えたりしますから(それはない)。

夜の京都も、ライトアップが幻想的で、この辺りはたまらんとですよ
テレビ誌でドラマプロデューサー氏が語るには、
「シャーロック・ホームズがロンドンを舞台にしていたように、美しい街・京都をおしゃれに撮りたい」ということでした。
そういうコンセプトやったんかあ~。ええわあ(つい関西弁)
ということは、二人は京都の古い町屋の下宿に住むことにするんかなあ。
だったら着物も着せて欲しいなあ。。。京都で着物!どんだけ美味しい

関西と言えば、斎藤・窪田の御両人は関東人?ですが、生瀬勝久さんが出るんですよね~。
もうバリッバリの関西人。
生瀬さん、大好きなんす 「トリック」でハマッたわ
「デスノート」に比べて、キャストが安定しているのでそれも嬉しい(笑)。
窪田君は、推理作家の有栖川有栖(ありすがわありす)を演じるのですが、「ゲゲゲの女房」の「倉田さん」を見る限り、関西弁は大丈夫。
はい。ネイティブな私が言い切ります(笑)。

これからも、ずっと京都で撮影かな~~~~~★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸ルミナリエ★

2015-12-11 | うぐいすよもやま日記
神戸ルミナリエ倒れる
昨夜からの関西は荒れ模様で、強風で倒れちゃったのでしょうか。
(そんなに薄いもんなのかな?)
ともあれ、お客さんなど人的被害はなかったそうで。満員の時だったら大変でした。
ルミナリエのあたりは海からの風が吹き付けてくるので、わからんでもないです。
せっかくこの週末までなのに、復旧できるかしら。。。頑張って欲しい!

ちょっと横道。
関西のフィギュアスケートファンのみなさま。
「カルメン」系の男性衣装(つまりマタドール)を見るたびに「ああ~ルミナリエ!」と思いませんか!
ライサチェクの闘牛士ショートとか(笑)。3シーズン続いて「ルミナリエ」でした(笑)。
あの紋様のデザインはイタリアの人がやってると聞きました。
見事です。アートです!
でも近年長蛇の列で、なかなか見れないの。最初の頃はそうでもなかったんだけど。

神戸ルミナリエは、震災復興のともしび=象徴として開催されて、最初は1回だけの企画だったそうですね。
でも好評で、企業の協賛などをあおぎ地元の人達の尽力もあって、ずっと続いてこれたのですが、近年金銭的に苦しく、「もう復興はいいのではないか」という声もあり、なくなるかもしれない。。。そうです。
そんな~~~~。寂しい~~~~。
「復興イベント」としては役目をはたして「終わり」でいいのかもしれないけれど、もう今は「復興→お祭り」的な意味合いも持ってると思うので、どうなんでしょうか。難しい。

淀川花火でも思うけど、ローカルイベントは、見る人から「ワンコイン募金」集めたらいいのにな、と。
それこそセブンイレブンあたりが協力して、コンビニ店頭に「今年もルミナリエを!」募金箱を一年中置くとか。
それか、ルミナリエ開催期間、神戸のお店全店で「来年の開催にご協力を」と募金箱を置くとか。
イベントって、見る側は一瞬で終わるけど、「やる側」は大変ですよね。金銭的にも時間的にも。
その辺を汲んで、「見る側」も自ら「やる側」にまわる。
「これをやる意味ってあるのかな」って、考えるようになるから。
私は神戸っ子ではないのですが、何か協力したいな。
ルミナリエの絵を描いて、ポスカにして販売して、売り上げを寄付?とかいいかも。
仲間の作家さん集めて、「ルミナリエ展」をやったら、もっと売り上げあがるかな。
それいいかも!?
【追記】
と書いたら、こんな記事をみつけました→神戸ジャーナル
消灯式…知らなかった!でも募金はやっているのですね★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やふー検索語大賞★

2015-12-09 | うぐいすよもやま日記
そろそろブログのカテゴリーに「窪田正孝」って作るべきか私…悩むわ
「YAHOO!検索語大賞」の「PERSON~俳優部門~」で、窪田君が1位になりました。
パチパチ
本日、東京で受賞イベントがあったようで、受賞インタビューが。
ニュースでもやってました。
よかったねえ。はい、私も検索しまくった1人ですよ(笑)。Googleだけど。
「演技は大胆に振り切ってるのに、なぜにこういう場ではオドオドなのか」と、司会の雨上がり宮迫に突っ込まれてましたが、いますよね。こーゆー人。
ますます、「高橋大輔と窪田正孝は似ている」説を唱えたくてならない私でした(笑)。
外見じゃないですよー。
大ちゃんは濃い~い系だもんね(笑)。窪田君は塩顔(?)
外見じゃなくて、性格つーか中身ですね。
【似てるポイント】
・本業(仕事)は真面目な完璧主義だけど、それ以外は「ほわー」としている
・普段は、地味に生きている(あまり趣味がない)
・TVなどでの「しゃべくり」は苦手
・緊張しい
・なので、バラエティ出演は「いっぱいいっぱい」
・なので、ファンは本業よりもバラエティ出演や会見などの方が緊張する
 (噛まないか、お茶をひっくり返すなど「やらかさないか」)
・なのに、「失言」がない
・ブログやツィッターなど、SNS系の更新は苦手だ
 (大ちゃんは現在インスタのみ。窪田君は俳優3人ブログやめて、その後なし)
・洗濯が好きすぎる(異常)
・洗濯にこだわりがありすぎる(手洗い、干し方など)
・シャワーを頻繁に浴びる(日に何度も)
・天然入ってる(本人は気付いていない)
・自分から「俺様」アピールはしない(ほど遠い)
・生来、腰が低い
・私服がおしゃれ
・誠実だ(ここ重要)

どですか
似てるからファンになるのかも(笑)。
現在、窪田君は水曜夜中に日テレ系で放映してる「HiGH&LOW」に出演してます。
が、「オドオド」と真逆のクールでワイルドな役で、パンチとキックで暴れています。
超かっこいーんです
なんなの?この人?って思います(笑)。

大輔さんも、普段のオドオドっぷりと、氷上での別人っぷりの、「振り幅」が凄いんですよね。あそこにやられるんです~
窪田ファンの皆様と、高橋ファンの皆様で、心情カブる部分ってきっとある。
あるあるよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水木しげるさんとメキシコ★

2015-12-07 | うぐいすよもやま日記
水木しげるさんが大往生を遂げられましたね。
…120歳まで生きると思ってたのになあ。マンガファンとして、ご冥福をお祈りします。
私は「水木しげるの大冒険~幸福になるメキシコ~」という本を持っています。今から16年前、友達が貸してくれてむちゃくちゃ面白かったので、自分で買い直して「家宝」に。
タイトル通り、南米旅行記の文章とマンガ、写真で構成されてて、シャーマニズムや精霊の話も面白いけど、なんといっても「仮面」の話のインパクトが凄い!
南米は、サイケデリックな仮面を作って売る土着の伝統文化があるらしいのですが、その仮面デザインが、クモとか蛇とかトカゲとかワニとか…グロいモチーフばかりなんです。
木を彫って着色してて、派手で荒々しくて、ちょっと(いやかなり)アタマがおかしい系(笑)。
ぶっ飛びデザインだけど、不思議と調和が取れていて、ユニークで可愛さすらあるんです。一度見たらもう忘れられない。

水木さんは強烈な仮面コレクターらしく、100個くらい一気に買っちゃう。
あるひなびた村の仮面職人の家に直接買い付けに行って、気に入って大人買いしたその金額は、一家の年収分はゆうにあったとか。
買い物パワーも半端ないけど、よく歩きよく食べる。「食後にでっかいホットケーキを(デザートとして)食べる」くらい、胃が大きくて丈夫だったんですね。まさに化け物並みの体力と好奇心です、センセイ。

この本も水木マンガと同じく、みっちり濃い~いボリュームで途方もなく面白い。仮面の写真が沢山あるので、それを見ているだけでもワクワクします!
「そこかしこに“霊”はいるのだ」という南米の神秘的空気が、水木さんと上手く重なってるんでしょうね。

水木さんの「珍本」としては、他に「南方熊楠」の生涯を描いた漫画とか。これは和歌山が舞台なので、関西人としても興味深いです。「年金」じゃないわ「粘菌」の研究で有名な人ですね。とにかく変人の?

水木さんも手塚さんも逝って、原節子さん、横綱北の湖。
昭和は遠くなりにけり。。。を実感するなあ★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浮世絵考★

2015-12-06 | うぐいすよもやま日記
あべのハルカス美術館で「フィラデルフィア美術館浮世絵名品展」が開催されていました。
友達に連れていってもらったんですが、美術館入口にムーミンショップや「あべのベア」コーナーも出来、美術館グッズのお店も充実しています。
ナマの浮世絵木版画を販売してるのには驚きましたが。。。写楽よ!?
さすがに初版当時のものではなく、版木を新たに彫って新しく刷ったものだそうです。
昔の版木は、限定枚数刷り終わったらカンナで削り、また違う版を彫り、刷り終わったらカンナで削り…とリサイクルして、ペラペラに薄くなったらお風呂の焚き付けにして終わったとか。
お店の方が言ってはりました。いやはやさすがは江戸時代のエコ…それか、ちょっとホラ入ってるんかも(笑)。
浮世絵は、庶民が気軽に買えるお値段だったそうです。うどん一杯くらい?今のマンガや雑誌みたいな感覚だったんでしょうか。
写楽が出てからは、人気歌舞伎役者の顔のどアップが人気バクハツ。色もとても綺麗で、何より細い線がシャープでため息もの。人間ワザとは思えないんです。
髪の生え際…おでこの部分の生え際の繊細な表現に「命賭けてまっせ」感があるんです(笑)。

すんごいですね。やっぱり日本人は出先が器用なんだ。版木に「桜の木」を使っているところがまた日本らしく。木目が紙に写るところが良いんですよね。
今、現代の、写楽みたいな「浮世絵」があったらいいのにな。人気役者の版画とか。
私が若い頃は、「美人画」というジャンルがありました。林静一さんとかね。もっと現代的になったらペーター佐藤さんとか。
いま、ホンマに「美人画」無いなあ~。「美人」がいないというのも大きいけど。神秘的美人がいないというか。
イケメンの方が圧倒的に多い気がする…「イケメン画」を、どんどん販売する文化が育たないものでしょうか。すさまじい売れ行きだと思う(笑)。肖像権の問題になってくるから難しいんかなー。

美術館上のカフェでケーキとカプチーノの「写楽セット」(?)めっちゃ美味でした。
ここのカフェは、見晴らし最高。
黄昏から夜景になっていく時間帯に、一人でボーッとするのもいいです★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加