上砂理佳のうぐいす日記

10/18まで京急百貨店上大岡店7階アートステーションにて、銅版画の特集展示をしてもらっています。お近くの方はぜひ★

JR京都伊勢丹で展示中です★

2014-08-28 | うぐいすとお仕事

★展覧会案内★
JR京都伊勢丹10階アートギフト(TEL 075-344-7765)にて
8月27日(水)~9月9日(火)まで、銅版画と水彩画の特集展示販売開催中です。
JR京都駅に直結してますので、旅行の方もお近くの方も、どうぞお立寄りください
サイン会の日 9月7日(日)午後2~4時 は、私も会場に居ります。

今回は、京都ということもあり、アートギフトさんからのリクエストで、
「祇園の舞妓はん」「産寧坂の舞妓はん」という小品水彩画を描きおろしました。
上の絵は「祇園」バージョン。お茶屋さんの前で。
暑い夏が終わり秋に向かうということで、着物の柄を「なでしこ」に。
髪かざりには「桔梗」を。
若い若い舞妓はんなので、少女っぽく可愛く。
暖簾の「千鳥」が飛びだすところで、「希望」をあらわしてみました。


「産寧坂」 水彩画

産寧坂は、通称「三年坂」ですが、昔、安産祈願で清水寺に詣でた人が、
この坂をよく通った…ということで、産寧坂ともいわれるようになったとか。
坂は石畳でけっこう急なので、転ばないように、
ひょうたんのお守りが売られています。
このあたりは、なんとも小さい迷宮みたいな通りなんだけど、
不思議な空気感があって好きです。
竹久夢二が恋人と短期間住んでいた家のあともあるので、
なんか、夢二もここを歩いたんかな~と、妄想します。

 「舞妓はん」大苦戦(汗)。
見るは易し。描くは難し。
頭のかんざしのビラビラ(垂れ下がってるあの飾り)も、
舞妓はん1年生は長く、先輩になるほど短くなる、とか。
着物が長いので、スソを持って歩かないといけませんが、
どちらの手で持つかも、ちゃんと意味があるとか。
私が京都の町で、実際に見た「あー舞妓さんだー」も、
意外と観光客の仮装「なんちゃって舞妓はん」だったりして。

舞妓さんの姿に変身させてくれるお店は、祇園界隈にも、ちょこちょこあります。
もう、私は出来ませんが(当たり前だ)、10代の若いうちにやっておけば良かった
やっぱりお肌が綺麗でツルツルでないと!
それにあの「ぽっくり」を履いて、祇園の石畳を歩くなんて、
若い脚力がないと出来ません…今やったら1メートル歩いてコケて足捻挫

この夏も、外国人の方々が、わんさと京都に詰めかけていました。大阪も。
大企業の社長でも、バックパッカーの若者でも。
みんな「半パン」!
さぞや暑かったやろねー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スケートの魅力って★

2014-08-27 | 14-15コンペとショー
今回のフレンズ、現役バリバリ!スケーターは小塚くんだけでしょうか。
日曜昼公演、抽選会の時に「たかちゃんフリーやって」というバナーを、一階の客席で掲げている人がいて、発見されて場内爆笑になりました\(^O^)/ 彼は第2部登坂で、「お客さんのリクエストに応じて滑ります」なのよね。
夜公演でまたしてもそのバナーは振られ、ショートの衣装でスタンバイしていた小塚くんは、また着替えてフリー。これはキツい。
が。本田兄さん、田村兄さん、荒川姉さんと司会の男性に「フリー二本、大丈夫だよね~」とプレッシャーをかけられながらも、なんかやる気満々っぽい(?)、たかちゃんでした。
新しいフリーはラテン系哀愁のバラード?ボーカル入りでしたが、これがなかなかに素敵な一品で。
なんで素敵なのかなと思ったら、男性ボーカルの声の伸びと小塚くんのスケーティングの伸びが、うまく合致してたからだと思う。雄大で流れるように美しくて。
今までのフリープログラムでは表現し尽くせなかった、素晴らしい「スケーティング」の魅力を、存分に見せてくれました。こんなボーカル入りなら賛成だな。
やはり彼は、踊りで表現するよりも、「滑りがすべて」なんだなと。雄弁に物語っていました。
是非とも試合でも、このまんまの滑りを見せて欲しいです。試合になると固くなっちゃうのよねん。
滑りがいい人…フレンズのメンバーはスケーティングの上手い人が多いですが、本田くんもまた変わらずなめらかな滑りでした。あっという間に端から端へ。すごいスピード。
友香さんは、ささやくような繊細な女性ボーカルで、「一服の清涼剤」のような滑りを見せてくれました。まったくまったく氷を削る音がしない!
やっぱり「スケーティング」って、無限の魅力ですわな★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨコハマ再び★

2014-08-25 | 14-15コンペとショー
新横浜スケートセンターで開催された「フレンズ・オン・アイス」。二年ぶりに堪能しました。
今年は第9回目。荒川静香嬢は大きくなったオナカを白いワンピースと毛皮のコートに包み、少しだけリンクにも出てきてくれました。
千秋楽後の挨拶時には、なんとイナバウアー披露!大丈夫ですか!ハラハラするわ。でも、終始明るく幸せそうな「しーちゃん」でした。
大輔さんは、オープニング・メンズトリオ(ジュベール、ライサチェク、大輔)のコラボ・鈴木明子嬢とのコラボ・自分のソロ・フィナーレと5回登場。
荒川さんの代わりに、座長格で頑張ってました。全部アップテンポのナンバーだから、体力的に大変だったのでは。でもあの切れ味鋭い動きを見る限り、膝の調子はまずまずなのかな?
ダンス!ダンス!ダンス!って感じで、私も自然に体が動く。いつもにも増して、豪華で素晴らしいショーでした。
また後に感想レポを。

せっかくヨコハマに来たので、三年ぶりの「横浜トリエンナーレ」も覗いて来ました。現代アートの国際展です。
これは横浜美術館前に展示された、トレーラーの作品★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カネは人を狂わせるというドラマ★

2014-08-23 | うぐいすよもやま日記
昨日、新聞で紹介されてたから見た「振り込め詐欺」ドキュメンタリー・ドラマが、なかなかの出来でした。
最後まで食い入るように見てしまった。気が付けばどんどん前のめりに(笑)。
恐ろしいなあ…。
詐欺集団って「企業」なんだ。頂点にいる人が一番賢く、下っ端を上手く使いこなしながら儲けて、自分自身は決してつかまらない。腹立つわー。
「新人研修」の様子が、自己啓発セミナーとよく似てる…ホワイトボードに書かれた文字とか講師の口調とか。
主人公が組織の上へ登っていくけど、結局裏切られて悲しい顛末に。
主演の西野くん(キングコング)が思いのほか上手くて、驚いてしまいました。彼って脚本も絵本も書くし、多方面に才能あるんやろね。
最初は軽い気持ちだったのに、札束の魅力に負けて詐欺の仕事がやめられなくなっていく。だんだん顔つきも殺伐として最後は廃人になる。
人間、簡単にお金儲けちゃダメですね。感覚が麻痺する。
カネと権力を持つと、人格まで変わる。人生も変わる。
幽霊よりずーっと恐ろしいですわ。。。
組織が一掃されず、振り込め詐欺が無くならないのが腹立たしい。
先日も書いた「チケット大量高額転売」も、組織でやってると思うのですが、結局「高額なチケットでも買う」人がなくならない限りは、商売が成立してしまう。
それは、振り込め詐欺で、「ついつい振り込んでしまう」人が後を絶たない現象と、似たり寄ったりでは?
人間の弱さや欲、時には優しさにつけこんで狙ってくるところが、なんとも悲しいけれど、世相を映したドラマでした★
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スケ連体質に思うこと★

2014-08-21 | うぐいすよもやま日記
明日から新横浜の「フレンズ・オン・アイス」始まります。
今日はリハーサルがあるので、早くも駆け付けてる人がいっぱいでしょうね。

なんか、「フレンズ」に合わせたかのように、仰天ニュースが来ましたが、わたしゃもう橋本聖子会長は辞任の時だと思います。
オリンピックはスピードスケート陣惨敗だったし、フィギュアは、真央ちゃんや大ちゃん達スター選手のアイドル人気に乗っかる期間が長過ぎた。
チケットはどんどん高騰する上に、抽選をかいくぐらないと取れない。会場はどんどん大箱になり見えにくくなる。
選手の活躍は喜ばしいけれど、観戦して楽しむ状況は悪くなる一方でした。
チケットですが、一般人には全然取れないのに、オークションでとんでもない価格で大量に出回るのは、それ専門の業者が買い占めてるってことでしょう。転売で儲けようとして。
私はスケ連公認ファンクラブ会員として、二度ほど連盟に「定価以上のチケット転売禁止の対策を」と手紙を出しましたが、当然のように返事もなく変化もない。
プロじゃなくアマチュア競技なのに、それでいいんかい?と思いますよ。

それに昔、フィギュアって観戦無料か1000円だったりしたんですよ。
国際試合はさすがに高かったけど、それでも今ほどじゃない。アマとして良識ある価格。
確か2002年の全日本は一律1000円でした。ところが昨年末の埼玉スーパーアリーナの全日本は、アリーナ15000円。
完全に足元見た商売でしょ。
スピードスケート全日本選手権がずっと1000円のままなのだから、「フィギュアファンは今ならカネを出す」って見越した、スケ連の殿様商売じゃないですか。
ファンも不満をためてきたけど、旬の優秀な選手を生で見たいが為に、我慢してきた部分もある。
でも、ソチも終わったし、真央ちゃん大ちゃんの世代は引退・休養だしで、自分自身もクールになっていたところでした。
いい機会です。
罪を犯してタイホされた連盟の強化部長が、いつの間にか失脚から復帰して、五輪金メダルの為に暗躍し、結果高笑いしているという。
そんな日本のスケート連盟。会長も役員も半数以上入れ替えたらいかがですか。柔道界みたいに。
同じところに、長年たまっている水は腐る。
そして案外、その水の中にいる人は、腐っていることに気付かない。
余りにも長い間その世界に浸っているので。

大ちゃんが「パワハラ・セクハラ被害を受けました」って、連盟と会長を批判するわけないやん。丸くおさめる=ナアナアしかないじゃないですか。
ここ日本で、スケート靴を履く職業をやるならば、スケ連と喧嘩は出来ないのですから。
橋本会長も、自分には選手は逆らえないって、解ってやってるんだから、汚いもんじゃないですか。
アマチュア競技で、ファンに多大な支援を受けて成り立っているのに、その自覚が無さ過ぎる。
いい気になるのもたいがいにせい。
「フィギュア界ってこんなもんかい」という失望を、トップ自ら世間に与えて、恥ずかしいと思わないのかな。

リークしたのは内部の人でしょうが、どういう意図があったのか。
橋本さんを失脚させたいのか。大ちゃんを貶めたいのか。
よく解りませんが、連盟の腐った体質は、長年のフィギュアファンならクンクン嗅いできてる。
ナアナアで終わらせず、この一件を機に、刷新したらどうなんでしょう★
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

堂島リバーフォーラムにレゴが来た★

2014-08-19 | うぐいすよもやま日記

「トイ・スト-リー」

堂島リバーフォーラムで開催中の
「レゴ・ブロックで作った世界遺産展」に行ってきました★
ウワサには聞いてたけど。レゴって芸術なのね。
すごいな~と。感心しました!
よーこんなんやるわっとか(笑)。
会場の堂島リバーフォーラムは川沿いの、カフェもある素敵空間。
開場と同時に入ると、ゆったり見られますね。夏休みなのでチビッ子もいっぱい。


スペイン「サグラダ・ファミリア」
やっぱり実際に見たので一番好き!壁面の繊細な彫刻をレゴで表現するのがすごい


インド「タージ・マハル」優雅です 丸い面を表現するのが難しい


イタリア「ピサの斜塔」ちゃんと傾いていたけど、結婚式のケーキっぽかった(えー)


モスクワ「聖ヴァシリー寺院」玉ねぎの屋根とカラフル色彩がお菓子の国みたいで好き!


イギリス「ウエスト・ミンスター宮殿」 


ああこのお方もレゴで。。。


池のアヒル(カモ?)もレゴで表現(一瞬、船かと思いましたが水鳥)


世田谷「楳図ハウス」(世界遺産じゃないよ)
物議をかもした楳図先生のしましま邸 まことちゃんもおられました キュートで大好き


こんなのも 「世界はひとつ レゴで平和を」


「記憶の公園」…上砂理佳作

レゴの大作がズラズラと展示されているのですが、照明が暗い中に浮かび上がるので、とても幻想的で見応えがあります。明るい照明なら、それはそれで素敵かな?
「10000ピース 制作2週間 レゴビルダー○○」とか書いてあります。
最後に、入場者は無料でレゴ制作できる「お遊びタイム」がありました。先着100名で、白いレゴブロックの山から好きなパーツを選び、自由に創作できます。
スタート!制限時間なし。
同行の友人はさっさと綺麗なお家を作っていくのでした。
まず、外塀を作ってから、ドアをはめこみ窓を入れ…中は螺旋階段。
なんてモダンな建築だ!
同い年の友人の、堅実にして華麗な人生が滲み出ているかのようでした。
私はものの5分で根気が尽きて(笑)、いきあたりばったりの創作、
テキトーにパーツを探してきて、「ま、こんなもんでー」といういいかげん。
凡庸極まる作品作りに、全てがあらわれているのでした。
レゴって人生つうか性格出るね。。。恐るべし★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつか来る日★

2014-08-15 | うぐいすよもやま日記
「世紀のバレリーナ、シルヴィ・ギエムさん引退」と大きく報道されましたね。
いつかは来る…その日が、来年末かあ。
引退公演が本国フランスでなく日本で予定されている、というところがなんとも。でも、一番共演が多かったのが東京バレエ団だから、納得かな。
20代、30代の頃のギエムの舞台を、大阪で沢山沢山見ることが出来たので、もう思い残すことはありません。感動は一生の宝物。
思えばギエムが若い頃は、日本はバブル全盛で、海外のバレエカンパニーもひっきりなしにやってきた。大阪でも大抵、東京と同じ公演がありましたしね。
「バブル」って、芸術分野にとってはありがたい。彼女がパトリック・デュポンと共に来日した「デュポンと仲間たち」という小さな公演も、今の時代だったら実現不可能だったでしょう。
「ボレロ」も「シシィ」も「ルナ」も「眠れる森の美女」も、素晴らしく美しかったけど、私が一番印象深かったのは、ルグリと組んだパ・ド・ドウ。
世界バレエフェスティバル大阪公演で、ギエムは既にエトワール。ルグリはまだエトワール昇格前(?)だったと思います。
周りは錚々たるスターばかりなのですが、二人が一番若いオペラ座のカップルということもあり、まるで、お伽の国から来たお姫様と王子様でした。
まばゆいばかりの若さと美しさ。堂々とした品格とテクニック。
両方がダイヤモンドでキラキラ輝いているので、どちらを見たらいいのかわからない(笑)。
普通、パ・ド・ドウはどちらか一方のダンサーがメインで、その人の動きばかり注視してるんですが、この時は、どちらも一瞬たりとも見逃せない!ので、息を止めて困りながら見ていたという(笑)。
あんまりすごかったから、かえって何を踊ったか記憶がストンと抜け落ちています。
当時のプログラム見たら「グラン・パ・クラシック」になってる。
でも、大阪公演だけ変更になって「ブラック・スワン」だったのではないかと思うの…誰か覚えている人いたら教えてくださいー。
ま、とにかく、演目を忘れる位まばゆい二人だった!ということです。

寂しい!
ギエムの何が素晴らしいかというと、彼女は「自分で自分の仕事を作っていく」人で、決してこき使われて消耗するダンサーではなかった、ということ。
オペラ座のお姫様でいることも出来たのに、ロイヤル移籍、そしてフリー…と、年数を経る毎にたくましく強くなってゆくのです。
天才だけど、いつも同じところにとどまらず進化を続ける。
50歳になろうとする女性が「ボレロ」をやること自体、ハイパーで奇跡なんですが、彼女なら70歳まで踊れるんじゃないか!なんて思ってしまう。それほど強靭で、衰えを感じさせない人なのです。
ああ、もっと詳細なインタビューが読みたい。
どういう心境なのかなあ★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞍馬天狗★

2014-08-13 | うぐいすよもやま日記
京都の貴船と鞍馬に行ってきました。
出町柳からローカルな叡山電車に乗って、終点が鞍馬駅。この電車は途中で、比叡山に行く線と二手に分かれています。
鞍馬駅降りたら、とにかく右を向いても左を向いても「天狗・天狗・天狗」なわけでして。
こ~んなでっかい天狗像、前はありましたっけ?鼻がなんとも。10年ぶりくらいに鞍馬来たから、もう色んなことを忘れています。
やはり市内よりは気温が3℃くらい低い感じ。
ここから奥の院を目指して山道を登り、また下ると貴船側に出ます。
ガイドブックにはこの間の距離を「1.5キロ」と書いてあるので、「軽い軽い」とあなどりがちですが、実際は険しい山道で、特に下り坂はハードです。木の根が張り巡らされたデコボコ道なので、絶対ヒールの靴で来ちゃダメ。スニーカーで。雨の翌日は特にズルズル滑ります。
汗だくヘロヘロでやっと貴船側に降りたら、待ち受けてるのは、冷たい冷たい「流しそうめん」という天国。または「川床料理」。
有名な川床料理ですが、私は、地元関西人があーんな高い精進料理を食べるとは、到底思えません(笑)。あくまで観光客向け、接待御用達ね。
先日の台風で増水したせいか、川の流れは早く強く、ちょっと恐ろしい。
緑が萌える夏と、紅葉の秋が見ごたえありますが、雪が降ったら格別だろうな、鞍馬★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫蘇ジュース★

2014-08-05 | うぐいすよもやま日記
うちの姉が作った「自家製シソジュース」です。
ソーダで割ったら超美味!★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます★

2014-08-04 | うぐいすよもやま日記
暑中見舞って、最近出したりするのかなあ。
私は仕事がら、ハガキはしょっちゅう出したりもらったりしますが、この間「切手って今、何円?」と言う人に会いました。
もう、10年くらい手紙書いてないらしい。年賀状は全てメール。
切手は今、52円ですよ!
封書に貼るのは82円ですよ!
…と答えたら、「高っ!」と。
高いのか安いのか。
でも、ハガキ41円時代を知る人間にとって「あそこから11円しか上がってない」と思えば安いのか?
どうなん。

今日は、新しい版画の版を掘っています。
母の田舎、高知の集中豪雨が心配★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンズ企画会議★

2014-08-01 | うぐいすよもやま日記
日テレプラスで「フレンズ企画会議」見ましたよ♪
新宿プリンスホテルのクラシカルな一室…この間のプリンス東伏見の時に収録したのかな。
しーちゃんはお腹をカバーしてるっぽいお洋服だったけど、ESSE?のインタビューでは、まだリンクで練習続けてると言ってたので、体型的にはあまりわからなかったですね。ほっそりお綺麗です。食欲も大丈夫!
ってか、旦那さんが居ててご懐妊中で、ワンコ達がいてて(笑)、それでも今までと何ら変わらないプロフェッショナル・しーちゃんって!ホントに凄いです。さすがだな~。
私の予測では…赤ちゃんは女の子かも?と思うんだけど、どうでしょう。
いつの間にか、武史くんは子供3人になってたのか!
しーちゃんと武史くんの「引退後は意外に大変」トークが興味深かった。そうだよね。テレビの解説して、武史くんはコーチもして、合間にリンク探して自分の練習もするんだから!
埼玉では、練習のためにリンク借りたら一時間30まんえん!ソチでは10まんえん!はあー(話を聞いた明子&大輔ユニゾンでビックリ)。
あっこちゃんは、「引退組一年生」として、二人の先輩の話を興味深く拝聴してました。
「練習しないと出来なくなっていく。つくづく私は“練習で作られている”のだな~と」という話が面白かった。引退すると1日のスケジュールが不規則になるから、食事をいつ取るかがなかなか難しい、とも。
大ちゃんはBLTサンドの「玉子抜き」を注文してましたが、玉子キライなんかい(笑)。ストライプのシャツがなかなか良い感じ!
電気をつけたまま寝たから、まぶたが腫れてる~と自己申告してましたが、みなさん全体的に、まだ脳が寝てる感じでした(笑)。
あんま大ちゃんはしゃべんなくて、引退組お3人のスタンスとちょっと違う感じかな。
どうも、フレンズ終わったら9月から「完全休養」みたいですが、まっさらな気持ちで、自分がどう動くのか、見極める時間が要るんかなとも思いました。周りのみんなも気心知れた仲だから、「気長に待ってるよ」という良い雰囲気。
「大輔さん、とりあえず卒論を仕上げませう…」と心でつぶやいた私ですが、考えてみれば何ら「フレンズ企画」は出てこない番組でした(笑)★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加