上砂理佳のうぐいす日記

10/18まで京急百貨店上大岡店7階アートステーションにて、銅版画の特集展示をしてもらっています。お近くの方はぜひ★

復活と再生

2009-01-27 | 08-09 コンペとショー
全米選手権、ジョニーは総合5位でした
なんというか。オーラが薄かったです。痩せてるというか体から覇気が感じられなかった。第二グループで滑ったら、やっぱりそうなってしまうのか。
一昨年は「惨敗」で号泣。あれは胸が潰れそうだった。
昨年は「復活」。勝負には負けたけどスケートでは勝った!
でも今年のジョニーは、何か「たんたんと」後退していったような印象です。

ムロズが素晴しかった!ランビを少し崩したような顔も面白い(笑)。ジュニアの頃はそんなに印象が無かったのに、一年で成長したというかプログラムが素晴しくて、ぐぐ~んと惹き込まれてしまった。いやいや怖い存在ですよ。4回転が見事!というのが強いねえ。
「2年目のキャリエール」は伸び悩んでいる印象ですが、つなぎのスケーティングが難しくなったので、「火の鳥」の豪壮プロをまだ消化しきれてない。きっと来季の五輪シーズンにプロ持ち越して、きっちり仕上げてくる予感。しかし前髪をおろすだけで、印象が変わるもんだ?
ライサのFSは、アナウンサーの「衣装が・・・」というつぶやきがおかしかったですね。アナも、今までの衣装がインパクト大だったのね(笑)。武史君、ここでツッコミを~。
衣装を変えて心機一転でしたが、やっぱり3Aの回転は微妙だなー。でも、よもやムロズがライサの上を行くとは・・・。一瞬、代表落ちかとヒヤヒヤしたもんね。でも、地元ワールドで「おっさん組」の意地を見せてやー。
ブラッドリーはいつもお客をノセるのは上手いんだけど、やっぱ足元がバタバタ走ってる。PCSがいまひとつなのは納得。滑り自体は、ムロズの方がずっと上質よ。でも憎めないのよね(笑)。かわいい^^
アボットですが、いつの間にか「PCS8点台のヒト」にスルスルスルーッと上がってしまった。株価ってこーゆーもんだ。
このFSの出来はイマ1・イマ2くらいなので「どうかな?」と思いましたが、まさかド新人のムロズを王者にする訳にいかんやろ・・・ということで、国内選特有の「救済」感あり。
アボットは昨季の後半は、大事な試合でも4回転成功させてたんだから、やっぱ跳ばなきゃね~。でも、まるで一つの物語のような。「踊りの中の動き」の一環としてジャンプを跳んでいるので、「要素こなして点稼ぎしてるだけ…」という印象にならない。見てて美しいです。
昨年のジェフといいこのアボットといい、今の採点傾向だと「トータルスケーティング」が上手いヒトが有利なような。この二人は個性は違うけど、なんか根底に流れてるモンは似ているような気がするよ?

ジョニーが全米王者として華々しく活躍してる時、アボットやブラッドリーは低迷してあえいでいた。でも今は、アボットが輝いてジョニーが沈む。
花が咲く時もあれば、じっとこらえる時もある。
ジョニーがあきらめない限り、復活してまた大きな花が咲くわ。
五輪まであと1年余りある。大ちゃんのことも重なって、今は「復活と再生」に、期待をかけています★
(立ち直ったわたし)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

鉄コラーゲン★

2009-01-26 | 08-09 コンペとショー
…を食ったら、元気いっぱいになれるかな。
(Aさん、ありがとうございました。ウマイです)

全米女子FS見よーかな、とTVつけたら丁度、A・ワグナーだったの。
あああ。私の大好きなFS「スパスタカス」やんか~(終わったとこだった)。ワグナー、SPでミスして12位なんて厳しいなーと思ってたら、この巻き返しはスゴイ。「錫メダル」でしたっけ。4位は(あれ?違う?)。
昨年も「全米女子ってどーよ」と、ミドルティーンの少女達の強さにあきれ返っていましたが、今年は皆さん、体も一回り大きくなって少~し大人びた感じ。
フラットは昨季の方が好きだったな~。ちょっと太っちゃった?軽やかさが無くなってしまったような。
ミライちゃんも背が伸びて生き生きしてたけど、かなり表情が硬かったので、お客さんも神妙になっていたような。私が一番良かったのはキャロライン・ジャン。秀逸でした。

A・シズニーは一時低迷してたけど、この復活は素晴しい。ワグナーのキス&クラで笑ってるプリシラさん(このジャケット、デザインがすごいわ)。そしてシズニーの「ジバゴ」。
…とこう来たら、Jさんを連想せざるを得ない。
じょに~。頑張れよ~~~~~~~~~~~~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じょに~・・・★

2009-01-24 | 08-09 コンペとショー
今季はフィギュア・テンション低いから、ヨロ選男子の結果も「はあ~さいですか~」と傍観気味でございますね。ジュベ、順位は順当だけど点が・・・FS1位はポンちゃんですよ!それでいいのか、ジュベ。

でも全米はさすがに怖くって、強迫神経症っつうのですか。「PC開けるの怖い病」が再び襲ってきたのですよ…。いや大丈夫だよね。ジョニーはいつもSPはまあ、大失敗しないからね。それにアメリカ代表は3枠ありますしね。
そんな葛藤の末に、あ、でもHD空けないとヨロ選女子と全米女子SPが入らない。全日本録画を整理してMOIをDVDに入れて。
icenetwork見たら「P・チャン、驚異的ハイスコアでタイトル防衛」とか、「キミーちゃんが棄権」「デイビス&ホワイト初勝利」とか、しばらく知らなかった情報がズラズラ。えーベル&アゴはやはり出てなかったのか。今季は故障者多すぎ。サラ・マイヤーも手術するというし、五輪前年ってこんなもの!?

で。
その「怖い怖い全米」。あたしゃ別にヨロ選は怖くないのよ(笑)。
怖いのはアメリカなのよ…つい先日、「オバマでふぃーばー」だった熱いアメリカ。どんなドンデン返しも有り得るのが全米選手権なんですよ。
ジョニー…。日本語の情報が怖いのでいつも、ジョニーの副公式サイト(私のブログにもブックマークしてある)で見てるんですが、「全米選手権男子SP」のスレッドの後半、icenetworkのオンラインリザルトが次々と貼られていく…。
アボット、先のヨロ選ジュベールとどっこいの点数で首位。まあ国内選ですから。2位にエバンとある。まあまあ、ここまでは。ジョニーは後ろのグループで滑りますからね。
でも。。。ああ。ジョニーは最終グループに入れなかったんだ・・・。
何が起こったのかも、副公式スレッドの実況に書き込みあるから大体把握したけど。TV放映あるまでブログで書かない(ジョニーの上をいった“Oi”って選手は誰だ?)。上位陣の顔ぶれを見ると逆転は可能だと思うんだけど、私、万が一のことがあったらどーしたらいいんだろー。
いや「万が一」なんて書くのはいけないのだ。予期不安ってヤツだ。
大丈夫よ。ジョニー。表彰台に滑り込めばいのだから!自分に勝て!!!
(icenetworkのHPに、公式レポとリザルト出てると思いますー)

・・・気が動転して書いてるー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熱いアメリカ★

2009-01-22 | うぐいすよもやま日記
「きんかんの甘煮」作ったのです。皮がかたく野趣に富んだお味。
(種を取るのがめんどい…けど時間のある時は結構好き)
いつも、きんかんが出回る頃って、「全米だよね~」「ヨロ選だよね~」と思うワケですが、今年はぜーんぜん乗ってこない私。
「あれ?今、ヨロ選男子SPやってるっけ?」ですもんね(笑)。
でも…全米選手権はかなり緊張してますよ。ジョニー…大丈夫やろな。。。ままままさかアボットにやられちゃわないよね!?いえ、アボット好きですけどさ。
今、大ちゃん応援プロジェクト進行中でして、とてもそれは楽しくやってます。でもでもやっぱ「いつものフィギュア熱は何処へ!?」だなあ。
寂しいよ!寂しいっつーのよ~。こらータカハシー^^;

昨夜の「オバマでふぃーばー★」すごかったですねえ~。
日本で首相が就任演説したとて、あんだけ盛り上がるだろうか。無いよ(笑)。もう~オーラからして違いますやんー。民衆の期待度もケタ外れですやん。
演説の説得力って、そりゃ全米を代表する人だから鍛えられてはいるけれど、オバマさんは巧みだ。なんつうか「イメージ戦略」が上手いのだ。聞く聴衆側も「やったろやないか!」「頼むで!」という気になる。
小泉さんは唯一「海外のトップと互角に渡り合えそうな説得力」をもっていた。いや「渡り合えそうな頼もしさ」のイメージを、醸しだす演技力はあったと言える(でも、その中身はナンだったんだ?だけど)。
「未曾有=みぞゆう」の首相がますますショボく思えてきた…ああ、日本はどうなるの~。

しかし予想通りオバマさんは「赤いネクタイ」だった!
絶対やると思ってた~赤いネクタイは勝負カラー!
奥さんの明るいライム色のお洋服も、肌の色に良くあって綺麗だった。
日本でも今後、「就任イベント」を盛大にやったらどうなんだろ。氷川きよしとか浜崎あゆみとか呼んでライブやるの。グレイでもサザンでもいいすね。
そして新首相は奥様と二人で夜通し、ダンスパーティをハシゴするの。日本なら「一晩中阿波踊り!」かな。
トップに立つ者の体力と度量を試される一大イベントにしたら、ひ弱そ~なイメージの日本の政治家達も、ちょっとは「シャン」とするんではないだろか★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆずきんかん★

2009-01-20 | 大ちゃん応援企画
頂きものの、柚子と金柑。
TギャラリーのNさんは、わざわざ自宅の庭から摘んできてくれたのだ。帰りの電車でも、さわやかな良い香り。
金柑は今、焼酎でコトコト炊いて甘煮にしてます。
「ゆず」は何にしようかな~★
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

足湯から★

2009-01-16 | うぐいすよもやま日記
…姉は台風の如くやってきて台風の如く去った…。

姉の滞在中に、ウチの父用に使ってたポータブルトイレを梱包する。姉のお姑さんが2台必要になったそうで、大阪→静岡へ移送することになった。
でも、普通の宅急便は荷物の合計サイズが170cm以下でないと運んでくれない(郵便局も同じ)。引越し便となるとピアノ並みのお値段がかかる。何社か見積もりを出してもらったけど、5~6万かかる!そんなに高くては、送る意味が無い…。
電話帳で探したペリカン便から「アロー便」という大きな宅配専門の番号を教えてもらう。これだと送料見積りは、保険5万円付きで3500円。安い!
しかし、プロに梱包を頼むと5000円もかかってしまうので、自分達で梱包することに。いや、イスの梱包って難しいですねえ。形が難しいじゃない。
ご近所のエアコン会社のゴミ捨て場にあったタタミ一畳分はあるダンボールを、夜中に拾ってコッソリ運ぶ(盗んでるのではないですよ)。強風にあおられてひえー。
苦労して運んだダンボールはばっちし、ポータブルトイレを包みこむはず…しかし、姉も私もとにかく算数にからきし弱い。「展開図」ってヤツが頭に浮かばない。「ここを切ってこう折ったらここを包める」「ここで何センチ足りないから、何センチ継ぎ足して…」という計算が出来ない。どんだけアホな姉妹なんだろ。
結局、汗だくで3時間近くかかり綺麗に梱包。介護保険がきくとは言え、ポータブルトイレも買ったらお金はかかる。ウチのはご立派だもん。ほとんど汚れてないもん。
父が使ってた時は、ほとんど役に立たなかった。やっぱ女性と違って男性は「腰掛けて排尿」に違和感があるみたいで、それに、もう相当痩せてて上半身がグラグラするから、一人が体を支えて、もう一人が用足しの介護をしなければ無理だった。もっともトイレを利用する前に出てしまうので、オムツ型パンツの方がいいのでは~ということになったが、それもやはり男性には違和感があるらしく、「外そう外そう」とするので、その対応にまた追われることになった。
とにかくあの頃の記憶と言えば「高齢者は脱水が一番怖いから、とにかく水分補給を」と言われ、そう思ってお茶を飲ませても、飲み込む力が無い。点滴1本になると体力が弱ってしまうので「なるたけ口から飲むように」と言われるが、困難は話だった。
それに、水を補給したらすぐに尿になる。だからしょっ中、トイレの心配をしてないといけない。水分補給→出る→下着とシーツを替える→洗濯→の繰り返しで一日がクルクル過ぎた。
「人間って、飲んで~出して~食べて~出して~の繰り返しなんだなあ。究極は」とつくづくと思ったことだった。

さて姉ともいろいろ協議の結果、「とりあえず冬場は血管が詰まりやすいので、血行を良くして少しでも危険を防ごう」ということに。
姉とは1年近く全く喋っていないので、とにかくしゃべるしゃべる。「マシンガントーク」ってこういう事を言うのね(笑)。
整体の話(実践付き)、血圧の話、医者の話、薬の話からボケの話、肉体・精神論…私も話好きなもんでどこまでもしゃべる。姉も愚痴は言うが、彼女の良いところは、愚痴からすぐに「だから私はこうする」と現実的解決法へジャンプアップする事だ。いつまでも同じ地点でグズッてないのである。考え考え、学んで失敗しつつも、必ず前へ進むのである。
その辺りを見込んで私も相談を持ちかけたのだが、母も機敏に察知していた。
「…娘たちが騒いでいるということは、これは私もしっかりしなくてはならない」→「自分で努力可能な事は自分でやり、娘にまかせる所はまかせる」
と、頭が整理されてきたようだった。
娘とは言え、もう他家にヨメに行ってる人なので、「半分他人」。この「半分他人」が家に入り込んでくることで、程よい緊張を生む。
私の狙いは当たり、「半分他人」の姉の導入により、家は活性化された。私が母に言っても「まるっきし聞いてもらえない」部分は、姉に言ってもらう。母も「新鮮な御意見」には興味を示す。

「血行を良くする」には「体を芯からあたためる」事が大事。
つうことで、姉を送ったその足で東急ハンズに回り、「お風呂グッズ」のコーナーへ。いやもっと「足湯」グッズってあると思ったんスがねえ。意外と無いのですね。電気でお湯をボコボコ沸かすヤツとかは、やたら高価だしなんだか?
この、正方形発泡スチロールの「足湯桶」でなんと6000円!たかっ!
内部の底にグリグリと突起が何個か浮き出ていて、両足を乗せると足裏のツボにそのグリグリが当るようになっている。これがなかなか気持ちいい。足を入れつつフタも出来るので、お湯が冷めない。
母の足を湯につからせながら、足マッサージ。これって、ウチの父の時も看護士さんがやってくれてたなあ~。その後、神経質な父が嫌がってるうちに寝たきりになったので、お蔵入りになっちゃったけど(その当事は、看護士さんが自分の業務用足湯桶を持参してやってくれていた)。
20分もすれば、下半身がポカポカ。母いわく「なんとなく血行が良くなったような」はい。それでいーんです。「なんとなく~」でいーんです。精神的作用だけでもいーんです。
母はヘンな事も言わなくなり、顔つきも明るく穏やかになってきた。
実際、それですぐに症状が改善するとかではないだろうけど、薬だけに頼って不安でウツウツしてるより、「自分に出来ることから」始めるしかない。「気持ちいいこと」を増やすのが肝心だ。
まあ、足湯マッサージしてりゃ私の冷え性の手も温まるから、一石二鳥ではないだろか。長野で、「うぐいすさん!なんて手が冷たいの!」と、びっくりされたもんね(笑)。
お風呂に入らない日、風邪気味の時、足湯をいかが★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

受験生がんばれー★

2009-01-10 | うぐいすよもやま日記
これ、去年発表した「歳時記シリーズ」プチ版画の「一月」です。
タイトルは「雪の友」。ダルマと雪ダルマ、めでたく友達…という。
受験生が、雪の夜も頑張って勉強するシーズンです。
頑張れ!という意味も込めて「ダルマ」なんだわ。頑張れ、受験生!

うぐいす母はちょっと小康状態になったかと思えば、また不安が襲ってくるのか、私が仕事場にいかず家にいる時は、しゃべりまくり~。ちょっと「子供がえり」。
「第三者」投入は、まずは実の姉です。
明日、静岡に嫁いでいる姉が帰省するので、「今後の方針」を話し合うのです。私は、姉もお姑さんの介護に入っているので、滅多に実家からSOSは出さない。父の時も「お手上げ」状態になるまで連絡しませんでした(そのとき、姉はお舅さんの介護で大変だった)。
でも、同居してる母と娘ってほんと、遠慮が無いというか(笑)、互いに手の内は解ってるから、なかなか素直になれないんだよね。
ここに「ちょっと距離のある身内」が投入されると、効き目あるんですわ。ほんま。
父の介護の時は、最初にケアマネさん、次に訪問看護士さん、訪問お医者さん、ヘルパーさん、父の話し相手になってくれる私の友人(ご老人が好きという友がいる)、親戚縁者…と、いろいろ巻き込みました。
「孤独」になっちゃうのが一番いけない。助け合うのです。
まだ母は要介護状態でもなく元気だけど、いつかそういう日が来たら、私は多くの人を「巻き込む」つもりです。そのための下地を今から作っておくのです。いろんな人とのつながりを大事にして、自分も余裕が出来たら誰かを助けるようにして、余裕が無かったら誰かに助けてもらう。
そういう、ギブ&テイクをやってると、精神的に追い詰められないように思うのですね。
配偶者の介護を一人でやってる人など、時々TVで「美談」として紹介されますが、私はあれは疑問に思う。介護する方のストレスは絶対ハンパじゃないから。
介護者がハッピーになったら、介護される方にもハッピーが伝染するように思うのです。
嫌な事、つらいことも、1人で背負い込むのと10人で分散するのとでは、重さが断然違ってくる。

母の事をブログやメールで書き綴ってたら、色んな人から助言や励ましも貰いました。ありがたいことだと思います。
時々「う~ん、このご意見は受け入れられないなあ~」というメールも正直ありますが、それもまたひとつの「ご意見」として読んでます。お返事できてない人もいますが、御容赦下さい。
でも、医療・健康関係の事ってやはり難しい。
私がもし「〇〇〇って薬がめっちゃ効いた!」とブログに書いて、それを読んだ人が「〇〇〇」薬を買いに走って、飲んでしまわないとも限らない。
私にとっては〇〇〇が効果あっても、その人には効かない、かえって悪い状態になるかもしれない。その辺りがとても恐ろしいので。
前に、友達が「★★★というお茶がダイエットに効く!」とブログに書いて、それを読んだ一般読者が即★★★を買って飲んだら、体質に合わなくて激しくおなかを壊し、寝込んじゃった!
今、ブログで発言するのが当たり前になってて、でも「無責任の怖さ」も感じています。
「文字を書いて公に出す」という事は、常に「誰かを傷つけてるかもしれない」というリスクがついてまわる。
リスクを負ってまで書くべき内容か?…と時々自問しています。でも、それぐらいの自覚で丁度いいと思うんだー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

整体はどうかなー★

2009-01-07 | うぐいすよもやま日記
先日書いた「善光寺の謎の赤い実」ですが、あのあとネットで調べたりしてたら、もしかして「山グミ」=「サンシュユ」っていう「ぐみ」かも~?と思いました(個人HPの資料なのでリンク貼れませんが)。
別名「アキサンゴ」=「秋珊瑚」という…こっちの方が名前が綺麗ね。「秋の珊瑚」なんて!でもどちらにしても「ぐみ」の一種みたいですね。教えて下さった方には感謝です。

母は結局、かかりつけ医に相談してから、1月2日に救急で行った市民病院で、再び診てもらいました。
しかし医師は「2日に撮った脳のCTは綺麗なので、これ以上の(MRIなどの)精密検査は必要なし」の一点張り。粘りに粘って「頚動脈のエコー検査」を予約してきました。
うぐいすの母って78歳なんすが、その割には元気!
ゲートボール(今は違いますね。グラウンドゴルフですね。主流は)や卓球、手芸に編み物(同じか)、老人会の役員・旅行…と、父が亡くなってから超・多忙に過ごすオカンです。
まるで「今が人生の花!」とばかりに遊びまくってます…そりゃま、青春時代が戦中戦後でしたから、今が盛り!でありましょうよ。でも、うぐいすがもっぱらマネージャー役で「今日のスケジュールは~早朝ウォーキングのあとはゴルフで~その後役員会で~美容院行って~カラオケか~」なんて。働く私より、はるかに忙しいってどうよ(笑)。
でもそんなオカンでも、時々「めまい」が激しく突然やってくるのですね。早朝が多い。「部屋がグル~ッと回る」感じ。上向いたり下向いたりもクラクラ。頭痛はいつも無い。めまいした時、気分悪い。
血圧は高めだけど特に問題ない。毎年の健康診断もOK。心臓悪くない。持病無い。メタボも無い。血がドロドロでもない。腰曲がってない。耳鼻科で診てもらってメニエールも無い。耳鳴りは時々少し「じ~ん」とセミの鳴くようなのが。

…友達から「頭痛無くても、小さい脳梗塞かもしれないから、早く精密検査してもらいなよ」と言われるんだけど、もう何度も検査してきたのよ~。
それに今の病院って「倒れて救急車で運ばれる」「あきらかにおかしい」事態にならない限り、綿密な検査をしてくれない方向じゃないだろか?私の経験上の感触だけど。以前なら「具合悪い?さー検査しましょ検査しましょ」だったじゃないですか。病院って。
でもオカンが言うには「最近どうも、“高齢者には精密検査しても無駄”みたいな空気を感じる。以前ならすぐに心電図だMRIだ、って撮ったのに…なんでも“トシだから仕方ない”で済まされる。医療費の節約じゃないだろか」と。

結局、「めまいの原因は解らない」と言われ、「脳への血のめぐりを良くする薬」を貰ってきて対処してますが、その薬さえも「え?まだ薬いるの?ほな出しとこか」みたいなノリなのでした。なんだか納得出来ない~。
色々調べたり人に聞いたりして、「東洋医学」の方に行ってみよーかと思います。「整体」ってどうだろう。調べてます。自律神経失調症でも同じような症状が出るらしいので。姉が整体に通ってたので聞いてみよう。

プライベートな事を書くのはどーかと思いますが(特に医療方面では)、私、いつも余り書かないので、他の人の参考にもなるかと思い書いちゃいました。
うぐいすオカンは割と「娘の世話になんかならへんで!」のタイプで、説得するのにも骨が折れます。でも彼女もいわば「人生で初めて年老いる」ワケで、未知の領域に足を踏み入れているのね。
だから不安だし、「いっぱいいっぱい」になってしまうんだろうなあ~。でもプライドはあると思うのですよ。親として。先輩として。
なるたけその気持ちを汲んで私は「可愛いアシスタント」でいようと思うのでした(といいながら喧嘩多し)★
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

トウガラシじゃないよね★

2009-01-05 | うぐいすよもやま日記
善光寺境内にこーゆー赤い実が生っていたのですが、これって一体、何?
まさかトウガラシじゃないよね…「ななかまど」じゃないよね…。
同行のKさんが「鳥が食べないってことは、きっと固いかマズいのよ!」と言ってたけど、な~るほど。そだね。美味しかったら食べられちゃうもんね。

ふむふむ…つうことで、今日から病院も通常営業のハズ。
おかんと一緒にS会S里病院に行って精密検査してきます。たいしたことないといいなあ…。今ここで悩んでもしゃーないけど。

NHK大河「天地人」見てしまいました。
あの「篤姫」の後だからプレッシャーかかるだろね~と思ったら、脚本が小松江里子さんなんだもんー。私の愛するKinkiの剛君のドラマも脚本書いてたのよね…遂にNHK大河かあ~。
しかし、最近の大河ドラマって、すっかり少女マンガみたいな演出なんだけど、あれでいいんでしょうか(笑)。私は木原敏江さんの歴史モノ漫画みたいだな…と思いつつ見てましたね。
だって、上杉謙信=阿部寛なんだもん(笑)!濃い!濃い濃い!
織田信長=吉川晃司ですよ!(笑)「モ~ニカ~」とか歌い出しちゃう。
妻夫木君は頼りなげ~ちゅうか、ちょっと「薄い」ように思えるんだけど…「天然!」で通すのかな。どういうキャラに仕立て上げるのかな。
初回だけ見ての感想でナンですけど、遂にNHKも「男と男の」の領域に足を踏み入れるような…そんな予感がしました(笑)。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

武史コーチ★

2009-01-03 | うぐいすよもやま日記
12月29日の旭川(写真撮影・mさん)。ドカ雪!
もう「雪飽きた~」なんだろうなあ。北海道から冬に遠征って「いちかばちか」かも。でも、関西は雪少ないから、ちょっと憧れたりします。

お正月はノンビリ~なんて思ってたけど、甘かった。うぐいすの母、全日本前にも一度大騒ぎになったんだけど、昨日の朝、また具合がおかしくなって救急病院へ!
あれって「救急車に乗るべきか否か?」迷いますね。症状が「脳梗塞?脳内出血?」と紛らわしくて。血圧が200近い…でも脳梗塞ならもっとアタマが痛い!と訴えるはずだ。おかしー。
シロート判断は駄目!だから救急車呼びたいんだけど、母はガンとして拒否。ご近所の手前もあるんやろなあ。私ならサッサと救急車乗っちゃうんだけどねえ。
まあ、タクシーでソロソロ移動して良い先生の診察で、事無きを得ました。

そんなこんなで、余りフィギュア録画を見てる暇が無い!はよゆっくり見たい…(;_;)
と思っていたら、今日の新聞テレビ欄「筋肉バトル!」に「フィギュア本田武史」の名前が!
いつの間に収録したんだ?武史コーチ頑張って!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新年あけまして★

2009-01-01 | うぐいすよもやま日記
はい。あけましたあけました!
2009年がスバラシイ1年でありますように!
今年もよろしくお願いします~。
大晦日は
仕事しながら大掃除→ダッシュで帰宅→長野で買ったソバを茹でる(やっぱダシは薄味がいい)→紅白は途中から→ジャニーズカウントダウン→NHKさだまさし特番→やっとPC開ける
という、地味極まる例年のコース(笑)。
年賀状「か」行まできました。「き」以降の方は気長にお待ち下さい!
 私、携帯で更新してたブログ読み返したら、全日本初日は「寒くない~」って書いてる…。
甘いですよ。
あれ、ビッグハットで書いてたんだけど、夜になって外に出たら
さぶい。さぶすぎる。
やはり大阪は「亜熱帯」だったんだ…。長野は雪が一杯で溶けてないんだ。
でも、宴会ではみんなビール頼むんだ。熱燗にすがる私は年寄りか!?
雪の影響かと思ったら、システム故障で新幹線とか止まっちゃうし、北海道の方は1日遅れてたら飛ばないところでした。
みんなあやうい全日本旅行なのでした。

帰ってきてHDの録画を確認したら、ひととおり成功。
MOI番組の中の大ちゃんのリハビリ映像は、先に帰ったYさんからメールが来てて「ひょえー」だったんだけれど、確かにこれはリハビリだ…。痛そうでつらい~。
でも、ワールド代表の座を逃したゆかりちゃんと、素晴しい復活を果たしたあっこちゃんの間に挿入されていたので、なんか番組ディレクターの配慮?を感じてしまった。大ちゃんを紹介する時、しーちゃんがニッコリ微笑んでいたのも嬉しかった^^

あ~私、リハビリを正視出来るかな…と思ってたけど、ショックは無くて「頑張れ、大ちゃん!」なのでした。
髪・ヒゲ・お肌・ファッション…(こんな時もpumaのTシャツを)
男前 入院しても ぬかりなし
大ちゃんらしいっちゃー、らしい(笑)。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加