上砂理佳のうぐいす日記

10/18まで京急百貨店上大岡店7階アートステーションにて、銅版画の特集展示をしてもらっています。お近くの方はぜひ★

帰りました。またすぐ行きます(笑)。

2007-10-30 | 07-08 コンペとショー
↑DAILY YOMIURI 買っちゃった。東京ワールドの時の写真も良かったよね。

出張から帰って14時間も寝てしまった私です。
仕事の打ち合わせ+親戚の法事+スケアメ…という3点セットで、もう頭がバクハツする(笑)。大ちゃんがもし惨敗だったら、私は今頃、足摺岬あたりをトボトボ彷徨してたのではないだろうか…大阪に帰ってこられて良かった。
高知って、地域によって、テレビ朝日が映らなかったりするのですね。だから、私の叔母は久米さんも古館さんも「それ誰?」なの。その事実を今回初めて知りましたね。すごいすごい。
北陸のF県では、「TBSが存在しない」とある人から聞いたけど、ホンマやろか。F県民は日米対抗を見られなかったのだろうか!?
★★★★★
07-08シーズン・開幕第一戦というのに、GPアメリカは早くもヒートアップで面白かったです。
いっつもスケアメってまだ選手も本調子でなくて、「シラ~」としてることが多い(笑)。でも、今季は採点のルール変更もあって、日本選手も一杯参戦で見応えタップリでした。ダンスとペアがちょっと、順位が驚きのところもあるかな…リード姉弟も早く見たいけど、デイビス&ホワイトがメダルを逃すとは!
★★★★★
男子FSも見ました!
私の人生初の「留守中HDD録画」。成功していた~^^慣れると便利だ。
大ちゃん、SPは勿論ですが、FSをよく「あの」日米対抗からここまで上げてきたな~と。
あんなボロボロを見ちゃったら、三週間後の開幕戦をとても「ワクワク」となんか迎えられまへんて(笑)。心臓凍りつきますって。
まあSPは4回転入れないのなら、そこそこ「ワクワク」でしたけど。大ちゃんは常に「何が起こるかわからない」人なのだ。油断してると「グサーッ」とヤラれちゃうんだす。
「ロミオ&ジュリエット」素敵やったわ~~~~
なんか不評なのかなあ?でも、もーいーの。マイブログだから大声で。
衣装もプログラムも好きなんやもん(^▽^)/
…いいのだ。
日本列島で、あの衣装が好きなのが私独りでもいいのだ(笑)。
とにかく小柄なんだから、色彩でまず目立ちましょう。ハミルトンもサラエボで金メダル獲った時は、全身ブルーやったやんー。

転倒で悔しかっただろうけど、冒頭の4回転は見事でしたね。私ね。この夏何回か大ちゃんをナマで見てて、「ジャンプが低いなー?」と懸念してたんですよ。ステップはずっとキレが良かったけれど。
ジャンプも安定はしてたけれど、「たかっ!」っていうのが一つも無くて、PIWのフィナーレで見た、コケちゃった4回転も私の感覚では低かった。あれは「下から見上げる」角度で見ていたにもかかわらず。
同じ角度で以前に見た、JICのラフマニノフの4回転は「わー!たかっ!」だったのですね(コケましたが)。
だから「あれ~。もしかして今年の夏はポルトガルにも行かなかったし、筋力が落ちているのだろうか…まさか。」そんな心配は尽きなかった。
また、イタリア合宿でクワドに40回も挑んでクリーンな成功は一つもなかった…という現地公式報告も、私の不安に拍車をかけていたのであった…って大ゲサか。

しかし、「やるときゃやる!」
あのビッグな4回転は、今年のテーマ「挑戦」にふさわしかったわ。いやまあ、SPが「大挑戦」なんだろけど。
決まってよかった!良かった!!!
これで今後のTV番組の「高橋大輔」紹介コーナーで、「ロミオ衣装でクワド成功」映像が何度も何度も使用されるのよ…やったあ(あ、でもNHKやフジは、テレ朝から買い付けるのだろうか?)。
クワド2本は挑まなかったけれど、SPでの大量貯金を鑑みてモロゾフが直前に変更したのかなー。でも、安全運転に切り換えたことで、ほんの少し「気持ちが引いて」しまったのかなあ、とも思いました。
やっぱり大ちゃんは、追い詰められて崖っぷち!の方が良いのかな。でもこれからは、「守りながら攻める」術も覚えないといけないんやろね。
でも、スピードもあって、中盤のスローパートがいいわ~。好き
そこから、後半へ向けて加速していく疾走感が、あ~これまた「もう戻れない~@オペラ座」じゃないけど(笑)、「破滅に突き進む若者」って感じで好き
わたし、昨年の「オペラ座~」より好きかもしれないです。音楽が好きなのかな。いかにも「若者ー!」って感じがイイのかもしれない。
FSはヒゲ剃って男前度がUPしてるってのもある(笑)。

考えてみたら、「悪魔ロットバルト(「白鳥の湖」じゃなくて、もー、勝手にこう呼んでる)」のSPと、同じチャイコフスキーですね。でも、こ~んなに違いますよ!ってことを、戦略的に意識してるように思いました。SPとFSで違ったものを見せるってのも、一流選手のお約束らしいから。
レベルの取りこぼしやら失敗はこれから「なんとかなる」と信じているし、何とかして欲しい。でも何よりやっぱり大ちゃんは「滑りで語る。滑りで歌う。」選手なのが好きやわ。そのスケールが、ちょっとずつちょっとずつ大きくなっていってる感じ。

「ロミオ&ジュリエット」進化してるよ♪嬉しい!^^
そして、あの悔しがりように「大ちゃんの本気」を見ました。
仙台NHK杯がもう、めっちゃ楽しみ★
(しかし、FS後のインタビューでは見事に「NHK杯」→「日本大会」とフリップで直されてしまってますね。テレ朝、セコいー。)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

優勝したした!

2007-10-28 | うぐいすよもやま日記
あああ、お友達から速報メールが来ました。ありがとう~。落ち着いたあ(笑)。
大ちゃん、グランプリ三勝目!「おめでとう」は、仙台まで取っておく事にするの(笑)。実質上、No.1シードのハイ・プレッシャー、アウェイの中でよくやりました!思わず「貯金は大事だよ~」の格言を思い出す私でした(笑)。いやいや、一歩ずつ一歩ずつ。おつかれさま~!
エバンはエバンだった!火事場のパワー、やっぱり炸裂!っちゅう事で、頑張りました。そしてパトちゃん、グランプリ初メダル!おめでとう!
今日はこれからちょっと、緊張する仕事に行くのですが、大ちゃんにパワーを貰って頑張るぞ!(^^)v
(携帯から書くのってなかなかしんどいな~)
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

なんとかなる!

2007-10-28 | うぐいすよもやま日記
…と祈りまくりで、アメリカに念を。キットカットもほりゃ!
出張中にも関わらず、あの手この手を駆使して、宿泊先でスケアメ男子ショート(BS版)を見る事が出来ました!Aちゃん、私の無理くりな願いを聞いてくれて有難う…録画しといてくれて有難う。家帰ったら見られるけど、やっぱ見たかったんだよ…おもろかった~!スケアメ・レビューで書きたかったけど、何気にこの大会のメンバー、全員面白いんですよ。「キャラ立ってる」の(笑)。
お客さんも、スケアメにしては埋まっていた方ではないだろか。日の丸を振っていたのはやはりあの方なんだろか。フリーも応援よろしくー!
Yさん、Mさん、速報ありがとうございました。また吉報を信じております(笑)★
ところで、パトちゃん、ケビン君の、カナダ若手組、良かったでしょー。特にケビン君は一度見たら忘れられない子でしょ(笑)。パトちゃんとそれに小塚君、今季の台風の目になるかもしれないな。二人とも、やっぱり滑りが際立って他とは違ってましたね。
また帰ってから色々書きます。大ちゃん、頑張れー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなんかな

2007-10-27 | うぐいすよもやま日記
出張中です。西へ西へ向かう私。
今頃、男子SPやってるなあ~(;^_^A 録画かけてきたけど、とれてるかしらん★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケアメ男子SP滑走順

2007-10-26 | 07-08 コンペとショー
スケートアメリカ男子SPの滑走順が出ました→★こちら★
大ちゃん、いきなり得意の最終滑走。
しかも、エバンの直後ですやん。
おねがいしますよ(^^;)。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

しーちゃんの言葉

2007-10-25 | 07-08 コンペとショー
さて、いよいよとGPシリーズ開幕ですが、なんとな~く空気が硬直してるような気が(笑)。夏のアイスショーの時期の「祭りだ♪祭りだ♪」な雰囲気とはちょっと違いますよね。ああ、あの頃は人生がお気楽で良かったさ…なんて。
お友達と話していても、みんな「気もそぞろ」っぽいのですよ。なんで、全日本のチケット先行と時期がカブるのでしょうか。ただでさえパニックなのに!
まあ、楽しくいきましょう♪そうだ♪そうだ♪
GPだ、開幕だ♪えっさっさ♪ほい♪えっさっさ♪
(無理あるな無理あるな)

I子さんから教えてもらってテレビ朝日GPSのHP見たら、ナルホド動画インタビューもあるー。真央ちゃん可愛いな。大ちゃんは早くも頬がコケているので、「ON」モードということでしょうか。あの髪型でヒップホップ希望♪
「荒川静香インタビュー」いいですね~。
つい最近まで戦っていた人の視点だから、現実的というかとても解りやすい。どの時点で体が出来上がっているか、とか「なるほどなあ~」と唸ります。
ランビエールがGPシリーズでもし好調だと、シーズン最後まで持つかしら?という指摘も、さすが、しーちゃんならでは、というか(笑)。ランビは確かに「後半追い上げ派」ですよね。男子も女子もジュニアも、選手一人一人をとてもよく見ているなあ~と思います。新聞で(ネットでも)連載してくれないかしら。
そうそう、今年はまだ田村ヤマト君のブログがスタートしてませんよね。日米対抗の解説が出るかな?と思ってたんだけど、ヤマト先生は忙しいのだろうか?早く読みたいな。

あああ。何やかやと忙しく、メールのお返事とか遅れてますー。「まったり」お待ちくださいー。

★追伸★GPシリーズ中はお世話になりそな「Get Sports」HP→
関西はこの番組、未来永劫無いでしょう。「トラ」地域ですから(笑)。
「ゲトスポ・ブログ」面白そうね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

水彩原画展のお知らせ

2007-10-22 | うぐいすとお仕事
★★★★★
芸術の秋本番…ということで、うぐいすの個展があります。
「浜松」です。
「浜松ってどこ?」「静岡。」…というフィギュアスケーター同士の
会話がありましたね。懐かしい(笑)。
わかっとるかー?大学生!^^;
そんなネタはいいとして。

★期間★10月27日(土)~11月4日(日)★火曜日定休
★時間★10:00~20:00
★場所★静岡県浜松市中区鹿谷町2-7 
      ギャラリー「Page.1(ページワン)」にて

私は11月3日&4日に、昼過ぎからギャラリーに行く予定です。
近くの方はどうぞお越しくださいね。
水彩は30数点、版画も多数あります。
ページワン・ギャラリーは、浜松駅から浜松城を通るバスに乗って
10分くらい。「おしゃれなフランスのおうち」って感じで、
ゆったりとした気分で絵が楽しめます。
裏庭にぶどう棚とかちっちゃいテーブルとかあって…これが
なんともかわゆくて、気持ちいいのですよ♪
私が永年、銅版画を置かせてもらっている画廊さんでもあります。

詳細・お問い合わせはこちらへ→★Page.1 ホームページ★
ギャラリー・オーナー奥さんのブログです→★Page.1 ブログ★
奥さんはとても文章が上手い方なんです。写真もいいっしょ。
オーダーフレームもある、アートなお店です!
(ということで、出品する絵は一応完成…)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

早くも心配オカン

2007-10-19 | 07-08 コンペとショー

一番プレッシャーかかってた絵が終了しまして、あーもー。ひと安心です。良かった良かった。ゆうパックで画廊に発送しちゃお。ついでに、丹波黒豆の枝豆も荷物に入れておこ(「黒豆の枝豆」知ってる?おいしーよ)。
はあ~あ。満足感より虚脱感。ずーん…ときます。こういう時に“大ウツ”が来ます。でもちょっと満足してるかなー。結果より、「がんばった!」ことに意義があるからいいのだ。

勢いで本屋さんへ行き、「Days vol.4」「女子公式ブック」「パーフェクトガイド」とまとめ買い。おまけにダンスマガジンまで購入してしまった(!)
ルグリとアレッサンドラ・フェリの最終公演の記事が泣ける…アレッサンドラ・フェリという人は、イタリア生まれのバレリーナで、永年、英国やアメリカのバレエ団で踊っていた大スターなんですが、「ロミオ&ジュリエット」がハマリ役で、つとに有名なのです。
バレエだからプロコフィエフ作曲版なんですが、バルコニーでロミオと愛を誓うシーンの踊りがね~、もう~ホンマに涙モノの素晴しさなんです。くるおしいの。
ぜひ、機会あらばDVDを見てみてね♪

話がズレましたが、三冊も買ってしまったフィギュア本は、それぞれ特徴があって、なかなか面白かった!特に「Days」と「女子公式ブック」は、女子メインながらインタビューも深く、密度がありました。また、おいおい感想を書きたいんですが、「女子ももっと応援しよ!」という気になりますよ。
でも今日、最後に買った「パーフェクトガイド」実業之日本社刊は、日米対抗の写真がもう掲載されてる!早い!紫のロミオ君、もう来た(笑)。
写真はいいですねー。ビジュアル本かいな。男前&美女写真いっぱい。でも「データブック」って趣きで、前述の2冊に比べたら「読み物」としてはイマイチ。日米対抗の速報性で他社に勝った!ということかいな。
織田君へのエール記事が、今川知子さんの執筆で2頁あります。なかなか希望の持てる良い内容だったので、のぶりんファンにはGOOD!

中途で「各誌・各紙のフィギュア記者による今季大予想」というページがあって、まるで「プロ野球優勝予想」と同じノリ。この本の執筆陣自体が、ニフティ系あり毎日系あり、で「寄せ集め」という感じなんですが、余り日本選手びいきに偏らず、シビア~に選手評価してます。
私がちょっと驚いたのは、日米対抗直後と思われるインタビューコーナーで、大ちゃんが「SPはハードなプログラムなので、4回転は入れません」と語っているところ。
えーっ!?今季はSPから入れるんちゃうのん…(てんてんてん)。
確かにハードなステップではあるけど、優勝する気ならSPも4回転を入れていかないと~。私、鬼かも(笑)。
というか、昨季とその前のトリノシーズンは、「SPは、まずは要素をこなしてから」「シーズン進むにつれ調子を上げ」「徐々に4回転を入れていく」という建前で進んでおりましたが、結局はまあ入れなかった。入れなくて良かった?という面もある。
でもこんな風に、シーズンのっけから「入れません」と言うのは初めて。
…それともこれは私の読み違いなのか。インタビューの言葉が簡略化されてて「(まだ今は)入れません。」という意味なのか。
気になるな~気になるよ~。ま、モロゾフは、大勢を読みながら作戦を変えていく人なので、そんなに気にすることないかな…。
それとも、あのステップはやはり、恐ろしく消耗するのだろうか。私、あれはレベル評価というよりも、PCSにかなり反映させる為のステップだと思う。「高橋はこんなにスゴい選手です!」というアピールというか。
ジュベやランビやその他強豪に打ち勝ちたい!と思うなら、何か強烈なオリジナル技が必要ですよね。「うわっ!あれは真似できん!」みたいな。はっきり言って、大ちゃんはまだトップグループの中では新米やもんー。実績で負けているのだから、情勢をひっくり返す為には、ここらで「常識を打ち破るようなインパクト」が必要。
あの「スワン」は問答無用で楽しい。新採点になってから「ステップがみんな、つまんなくなったあ~」と思っていたけど、久々に旧採点時代の「ワクワク感」が戻ってきた感じで、実にエキサイティング!「フィギュアってやっぱり良いなあ♪」って思たでしょ(笑)。
けれどモロゾフは「芸術的殴り込み」だけじゃなくて、しっかり戦略的なものも考えて作ってると思うのよね…。あとは、大ちゃんがやるかやらないか、だけなのよね。

私の予測では、シーズン前半でプログラムにとことん慣れて、後半~中盤のNHK杯、あるいはGPFあたりで4-3を入れてくると思うんですが。GPFは、失うものは何もない?試合だし。「予測」と言うより「願望」だよね、これは(笑)。
確かに、SPとFSで計3本の4回転を成功させる、というのは大変。
ヤグ・プル時代も、いったいどれだけの男達がこの「SPで4回転」「FSで4回転2本」のぶあつ~い壁の前に散っていったことか。でも今は、ジャンプ以外の要素がことごとく難しくなってるから、4回転はよりハードなものになってるし、比較にならないかも。
いきなり課題すべてクリア、というのは無理な話なので、徐々に壁を乗り越えるしかないか。そうだよね。そうしよ。つうかもう、「モロゾフにおまかせ」状態だったりする、わたし(笑)。

思えば「クールマイヨール合宿で、連続40回の4回転を練習していたTAKAHASHI」というイタリアの記事がありましたが、あれも全ては「4回転2本」の為の修練だったということですね。「40回跳びゃー、2回くらい、たいしたこたーない」とう境地に至るのでしょうか(笑)。
プログラムの中で跳ぶ、というのは本当に大変なんだろな。
信じるしかないわー。「なんとかなる!」(なんとかする!)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

SOI★MOI

2007-10-17 | 07-08 コンペとショー
ええ~と。
制作が忙しく、かなりモーローとしてます。でも、来るもんは来る!…ということで、イープラスから今年も「STARS ON ICE」の先行お知らせメールが→★★★
ヤグ!来るねえ~!アマ復帰説はどうなったのかしらん。
今年(来年だが)は行こかなあ。でも「なみはや」の構造がね…アリーナよりは、Aでも正面中央。アリーナに懲りた私だけど、SOIはどうでしょう。
大ちゃんは名古屋SOIはキャストに無い。でも地元大阪は出るってことかいな。キャストが「○○○メダリスト」オンパレードなので壮観ですね。マリ&パトさんがー(好き)。

最近、大阪のFMラジオを聞いてると「○○中古車○○で、全日本フィギュアスケート・エキシビションを見よう!」…というCMをやってます。
あれ?今年もMOIは大阪!?「なみはや」?
コンペ~EXまで、まるごとナニワでやる気かいな…まさか。と思っていたら、ホンマでした。私が知らなかっただけなのね。
★★★★
この「オークネット」って会社は、中古車情報サイトということですが、全日本EXも、あの手この手でスポンサー探しなのね。フィギュアと中古車って…不思議な組み合わせ。
昨年は「totoで1000人様にMOI御招待!」でしたっけ。そのお陰で、MOI昼の部は、S席中央ガラ空き。もうあんな状況は嫌よ。なんとかしてほしーわ。
しかし、今年もタッキー&翼がやってくるのだろうか。
今年もあの「ナマ・オーケストラ」仕様なのだろうか。
花火どっかん!なのだろうか。
大ちゃんは「白鳥」でも「バチェラレット」でも、オーケストラでは出来ないよ…(どうだしょ?)。色々と謎が深まります。
なんかねえ。
昔の全日本EXって、もっと小規模な、ほんっと「壮行会!」ではなかったでしょうか。内輪なノリで。
いつの間にこんな「年末のビッグイベント」になっちゃったのかなあ。私は「壮行会!」の方が好きだけど…世間はこれを望んでいるということか。
N杯、全日本、とあって経済的にキビシイけど、さあどーする★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョニーは健在?

2007-10-14 | 07-08 コンペとショー
日米対抗ガラ編を見てたら、ジョニーの直後に大ちゃん。この滑走順も…微妙ですねえ。因縁の対決っちゅうか。昔の世界選手権を思い出してしまいます。
ジョニー、大ちゃん、アンドレイ、リンデマン、ケビン(レイノルズではなく“ばんでるぺれん”)…このあたりの選手がひしめく中で、もう、しょっ中顔合わせてる訳だし、どんな気持ちになるんかね。火花散ってるのかな?

ジョニーの「Enchante」はCOIで滑ったナンバーですよね。
いかにも~な衣装が素敵。ピンクのあしらい方がイイ。
余談ですが、やはりジョニーは衣装センスがいいよ^^ 将来、デザイナーでイケると思いますよ。地味な縫い子修業なんざしないでさ。デザイン画だけホイホイ描き散らして、無理な命令でスタッフを困らせるタイプ。「イタリアンレースじゃないと駄目って言ったじゃん!」とか、素材にもこだわりまくるのだ。今から目に浮かぶさー。
エレメンツ自体は余りいつもと変わらないけれど、ますます洗練されてきたような。ジョニーはナマで見る方が良いのよね。滑りのなめらかさがね~「うっひゃー」って感じなの。EXは何の不安も無く、安心して耽溺出来ます。
終わった直後に「転倒しちゃったーい(^▽^;)」と、ナハハなポーズを取ってる所がかわゆい。何度見ても笑ける(笑)。ジョニーって「素」はこんな感じだよ、きっと。お茶目なアメリカン・ボーイ。
田村明子さんではないけど、欲を言えば、また違ったテイストのEXが見てみたいわ。ジョニーなら「タンゴ」でもイケると思うんですけど…練習次第でね。振付は、南里君の昨季のFS「カルメン」を作った、パスカール・カメレンゴあたりが良いと思う。あのカメレンゴさんの不思議な感性は、ミョーにジョニーにマッチするような気がするんですよ。
なんつっても今年は、FSを担当するグレ&ペチュの手腕が未知数だけに、どうなるの~~~~と固唾を呑んでしまいます。でもSPを見る限り、ズミエフスカヤ陣営とは上手くいってそう。
今年はジョニー、大事な年だよー。全米ジュニア陣が育ってきて、一斉にシニアデビューですやんか。もう、ワイス兄さんもティムも居なくて、ジョニーは追われる世代になったんだ(!)
来季は自国世界選手権だし、アメリカは絶対に3枠取らないといけない。でも今季は、新全米王者のライサの方がプレッシャーを感じていると思うから、ジョニーは精神的にちょっと楽かもしれないな。
怪我をしないこと。それのみ。ほんと、それのみ!

…またまた余談ですが、最近、ご近所のスーパーから「ジョニー豆腐」が姿を消してしまいました。
最後の日を覚えています…8月31日でした…(暗いトーン)。
7~8月中は「マサヒロ豆腐」と「ジョニー豆腐」が拮抗していたのに、徐々にジョニー豆腐の入荷数が少なくなっていく、と思っていたら…9月1日にジョニー豆腐コーナーがなくなっていて、マサヒロオンリーになっていたのです!
マサヒロ憎し。何者や、マサヒロ?
でも、マサヒロ豆腐って美味しいの。ジョニー豆腐が「優美の極み」としたら、マサヒロの味は「男前」だ。微妙にマッチョ入ってるの。ホンマかいな(^^:)。
…ということで、最近は色んなスーパーに入る度に、「ジョニー豆腐健在?」と確かめるのが私のお約束。
(スケートと全然関係ない)

★★★一応、貼りましょう?「マサヒロ」あるよ~。
 →「男前豆腐とジョニーについて」
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

日米対抗★日本選手への期待

2007-10-11 | 07-08 コンペとショー
(コメント欄↓にも書いてますが、muroさん、連絡くださいね~)
日米対抗もNHK杯チケ獲りもアートイベントも終わったのに、何故か胃がドーンと痛いのですよ。
オナカが空いてるとまあまあなのに、食べると2時間は痛い。
何故だろう…と思っていたら、私は自分の仕事の締め切りがまだあった(笑)。でも、あのヒップホップ・スワンのお陰で「がんばるどー!」と思えました。ありがとー大ちゃん+モロゾフ。「龍翔鳳舞」ブログも元気出た出た!
ということで病院で薬も貰い、あとひと頑張りします。

日米の記事を少し検索したら、スポーツナビでこんなんが→
私の思ってることとカブッてる~嬉しいな♪と思っていたら、あれれ、ライターは青嶋さんだった(ナットク・笑)。
でも、ジュニアもシニアも含めて、日本選手は敗れたけれど良いものを魅せてくれました。真央ちゃん美姫ちゃんも頑張ってる。「世界一努力する民族・日本人」を痛感する私です(笑)。今年も期待一杯。

美姫ちゃんは転倒しちゃったけど、サム&デリが意外にも(?)良いプログラムの印象を受けたので、完成形が楽しみ。ジェフのイメージがあるからどうかな…と思ってたんだけど、まったくカブらないし(私はね)。SPはジャンプの数自体が少ないから、あとの「表現」において余裕が生まれる感じで、ゴージャスな美姫ちゃんの魅力は出てる。
真央ちゃんはタラソワさんの指導で明らかに変わりましたよね~。
野辺山の「別れの曲」を見て、「魂が入ったなあ~」と。指導がタラソワさんに変わると、それまで表面上の美しさで踊っていた人でも、「心の底から自分を表現する」ようになるんですよね。劇的に変わる。
あとは、顔の表情に、もっともっと変化がつくといいなあ。悲しいところはもっと悲しく。嬉しいところはもっと嬉しそうに!
それに真央ちゃんはいつもインタビューで「3Aを2回入れます」とか、ジャンプの事ばかり話していたのに、今年は「こんな風に表現したい」というイメージが、自分の中に芽生えてきたように思うんですよ。どうでしょうか。
水津さんも早い調整で頑張ってくれてたし、彼女は華がある!錚々たるメンバーの中で立派でした。すぐりんは、いつも調整は遅い人なのであまり心配していません。ちょっと痩せた?(いつも海外に練習拠点を置くと痩せてしまう?)怪我しないでね…すぐりん好きな私としては、GPよりも全日本へ照準を合わせて調整していって欲しいです。

日本男子は町田君まで全員、3アクセルを跳んでますよね。コンペはわかるけれど、ガラでも3アクセル!DOIの時も思ったけど、もはや「3アクセル跳べなきゃ男じゃねえ!」っつう空気が、日本男子全体に流れてる。今年は大ちゃん+織田君に続く「第3の男」の椅子がある、ということが、心理的に大きく作用してるんじゃないでしょうか。それで全体にレベルアップしてると思うんです。
町田君は頑張った!3A、ついに2つが入るようになりました。アクセルさえ入れば、芸術面では充分素晴しいのだけど、もう少しPCS出してー。でも、ガラもイキイキしてたし、彼はなかなか精神的なものは強いように思う。
中庭君と南里君はすーごい踊れるようになったし、スピン・ステップも「わたくし目」にはじゅうぶんに思えるのに、なぜPCSが低いのかなー(謎)。なかなかジャッジが「Bクラス選手」から上げてくれないのが不満です。スケーティング・スキル、そんなに低いかなあ?それに、スピンは二人とも大ちゃんより良いですよ(笑)。
やっぱりPCSって実績・知名度なのかしら…四大陸でどうしても表彰台に乗らなきゃ!あと、GPシリーズで5~6位ぐらいまでに入って欲しいです。となると、「まずはジャンプを降りる」それが必要なのかな。

日本勢はこれから、本格的にシニアGPも始まったら、プログラムの魅力もググッと増して絶対面白くなっていく!
全日本もハイレベルな争いになる!
そんな期待を抱かせてくれたから、やっぱりこの「お祭りイベント」は、開催して正解だったのかなあ???(でも、運営上の問題は感じました。特にチケットのさばき方に疑問あり)★
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

がってん!

2007-10-08 | うぐいすよもやま日記
衝撃のヒップホップ・スワンを堪能してますか(笑)?私はまだ見てない!楽しみだわ。
NHK杯、一般発売とったよ~どうにかこうにか。
皆さんの戦況はいかがだったのでしょうか?
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

日米対抗のジョニーと大ちゃん

2007-10-07 | 07-08 コンペとショー
さあ、早く書かねば。また仕事行くのよー。イベント2日目へ。

とりあえず男子だけ、見ました~~~~!面白かった!
TBSの編集、意外にも良かったよね。ノーカットなんだもん!世界フィギュア放映権を永年保持していただけに、「フィギュアのツボ」ノウハウを心得ている感じがしました。
関係ありませんが、先日テレ朝に「GPシリーズの放映、ちゃんとしなさい!男子を抹殺するな!」というメールを送ったので、明日も早速「TBSを見習うがいい!」と要望しようと思います。皆様も、テレ朝へメールか電話を(今からテコ入れしておかないと間に合わない~)。

ジョニーの新SPは、衣装が一瞬「昨年のSPのリサイクル!?」と思ってしまいましたが、しっかり違うよね(笑)。白黒でも面白いデザインやな~。ちょっと、ガイコツっぽくも見える。
いやそれに、なんつっても髪型でしょう…あれを「(ドロシー・)ハミル・カット」と連想したのは私だけでしょうか(笑)。なんか「いにしえのフィギュアスケーター(女子)」みたいで、おかしゅうてたまらん。
「ユノーナ&アボーシ」は、やはり05モスクワワールドと違う版でしたよね。あれは確か男性ボーカルで、「野太いロシアの大地の歌」っつう感じでしたが、これは繊細なピアノ曲で、ジョニーに良く合ってます。
細部まで滑りこめてるし、ステップも華麗。いいテンションでスピードもある。ナマで見ていて今回の男子では一番GOODだったんじゃないかなー。
でも、わたくし的には「やっぱり4回転入れてない…」という失望も少なからずあります。なんたって「わたくしとジョニー」の永年なお付き合いですから。厳しいのよ(笑)。
このまま今季もずっとSPは3-3、3A、3の構成で手堅くまとめるのか。FSはクワド1個のみなのか。もしかしてGP本番になったら変えてくるのかもしれませんが、私は、お遊びのオープン大会だからこそ、ここで4回転入れてみて欲しかった。体力的にどうなるのか、とか試せますしね。
フリーがモンダイなんですが、とにかくこの清らかなSPは、初心に返った?かのようなジョニーが見られて、衝撃は無いけれど好印象でした♪
(キス&クラでアボットの点数を待っている時、中央のジョニーのまくりあげた足に注目。あれは膝下ストッキング?)

ジョニーと対照的な大ちゃん。
SPとFSなんで比較できませんが、この二人のシーズン幕開け、昨年のキャンベルと全く同じではないか。好調ジョニーVSボロボロ大ちゃん(笑)。
「ロミオ&ジュリエット」はバレエ版ではないんですね。だから、有名なバルコニーの求愛のシーンはまったく連想しない私でした。というより、衣装のデザインも相まって「ロシア・王道のロミ&ジュリ」かつ「フィギュアスケートでは御馴染みのロミ&ジュリ」。
昔のペアってこの曲使う人が多かったよね~。でもシングルは意外といない。女子はまあまあ多いけど男子は…クーリックbyタラソワ振付くらいですか。近年で有名な人は(あと、誰がいるだろう?教えてー)。
しーちゃんがタラソワさんに作ってもらってたのもありましたね。私はあれはミスマッチだと思ってました。しーちゃん自身が「可憐な少女=ジュリエット」なイメージではない…蝶々夫人やトゥーランドットだと、ハマりすぎなくらいハマッてましたけど、ジュリエットは印象が薄いです。

さて、大ちゃん版は「まだ体(てい)を成してない」つうか「プログラムを語るレベルにまで達していない」感アリアリでしたが(笑)、ちょうど1年前のキャンベルの時より、ずっと地力が上がりましたね。「銀メダルで益々やる気が出た」という言葉のまんま。やっぱり彼は、ハートがそのまんまスケートに出るなあ。
4回転回避してくるか…と思いきや、ちゃんと2本入れてきた!
4T×2に3A×2って。有り得ん(笑)。
でもバンクーバーまでのTOPの男子は、この構成が主流になるかもしれないですね。「4T×2+3A×2」もしくは「4T×2+4S×1+3A×1(or2)」

出だしはえらいスピードが無かったけど、後半になる程緊張が解けてきたのか、スピードアップして体のキレも良くなってきた。サーキュラーはもう少しスピード欲しいかな。ストレートラインステップは、前半は「オペラ座」と同じモノに思えましたが、後半はちょっと変えてるような?
いろんな意味で、これから滑り込んで滑り込んで…という感触でしたが、私は4回転を2回入れて滑ろう!滑りこなしてみせる!という心意気を買いますよ。10月初旬の時点でもうこの構成、ということは、こっから引き算することはないわ。足し算することはあっても。
昨年は「メダルを狙うプログラム」でしたよね。でも、今季はもう明らかに「優勝を狙う」意志がはっきり見える。夏のアイスショーでもその意志の片鱗が見られましたが、今回ではっきり見えた感じです。
なんと言いますか、この「愚直」とも言える挑戦に、ググッと来るのは私だけでしょうか。今回のこの滑りっぷりで感動してんのは、日本列島で私一人かも(笑)。
でも、ジャンプのミスもね。以前の「ヘタレてコケる大ちゃん」ではないのよ。「進化するためにコケてる」と思うんだ。挑戦無きところに成功は無いのよ。

私がここまで言うのは、きっと昨季のあの一連のミラクルな流れがあったからかもしれません。キャンベルの時、「もう…東京ワールドに出場することすら困難かも…」とかなり真剣に思いましたから。「PCS、赤ちゃん返りやんー」とまで言いましたから(笑)。
ジャンプも含め、全てのエレメンツが揃ってきて、健康な状態で練習が積めたら、今季はもう一段階上にいけるんちゃうかな。
そしたらその時、この「ロミオ&ジュリエット」は、全日本の「オペラ座」の時のような、特別な輝きでスパーク!することと思います。

あ~。やっぱり私は「闘う男」が好き
無謀であればあるほど、
「私が支えてあげにゃどーする!」っていう気になるんだと思う(笑)。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

タラソワテイストだあ

2007-10-07 | 07-08 コンペとショー
昨日は友人のピンチヒッターで、とあるアートイベントのお手伝いに行きました。そのまま「プチ打ち上げ」に突入し、終電で帰ってしまった~。
ぜいはあー。
でも、運良くギャラリー事務所のTVで日米対抗、断片的に見てました。
録画の感想はまた明日。とりあえず、
大ちゃんの新衣装は、タラソワ味。
…やと思いました(笑)。
一緒に見てた友人は「衣装が!^▽^;」と爆笑してたけど、あーゆーもんです。シーズン通しゃ「フツー」になりますって(笑)。
「ロミ&ジュリ」の舞台はイタリア。サイケでデカダン。
それでいいのよ。個人的にはグリアツェフ連想したなあ(笑)。

さあ、これを見た後で私はパリ・オペラ座の「ロミ&ジュリ」を見返したくなるのかなー。どうなかー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本晴れ!

2007-10-06 | 07-08 コンペとショー
…の10月6日となりました。
いよいよ日米対抗だあ!^^
ニフティの青嶋さんレポでは→大ちゃんの新プロは、FSは「ロミオ&ジュリエット」、SPは「白鳥の湖・ヒップホップ版」?ということですが。
青嶋さんが大ちゃんファンであることを考慮しても、この新プロ路線はワクワクものですね。FSは得意のロマンチック王道路線。SPで大冒険!
3アクセルはいいとして、4回転はどうなっているのか気になるところですが、やはり予想通りPG作りは遅れた、ということなので、もうボチボチ調整でいーです。昨年のランビエール然り。
真央ちゃん・美姫ちゃんは確実に調整してきているようなので、プロを楽しみたいところ。
ジョニーの新SPはこれ、ロシアのロックオペラ「ユノーナ&アボーシ」の中からの一曲ですよね。05モスクワ・ワールドの4位EXで滑ったのはボーカル版だったので、また違う曲なのかなー。その辺りも興味しんしん。
ところで。
大ちゃんだけが新衣装間に合ってないと思う。
どうでしょうか!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加