上砂理佳のうぐいす日記

秋は展覧会が多いです。あっちこっち行ってるうちに、もうクリスマス!そしてもう年賀状…一年早い!★

日米対抗★日本選手への期待

2007-10-11 | 07-08 コンペとショー
(コメント欄↓にも書いてますが、muroさん、連絡くださいね~)
日米対抗もNHK杯チケ獲りもアートイベントも終わったのに、何故か胃がドーンと痛いのですよ。
オナカが空いてるとまあまあなのに、食べると2時間は痛い。
何故だろう…と思っていたら、私は自分の仕事の締め切りがまだあった(笑)。でも、あのヒップホップ・スワンのお陰で「がんばるどー!」と思えました。ありがとー大ちゃん+モロゾフ。「龍翔鳳舞」ブログも元気出た出た!
ということで病院で薬も貰い、あとひと頑張りします。

日米の記事を少し検索したら、スポーツナビでこんなんが→
私の思ってることとカブッてる~嬉しいな♪と思っていたら、あれれ、ライターは青嶋さんだった(ナットク・笑)。
でも、ジュニアもシニアも含めて、日本選手は敗れたけれど良いものを魅せてくれました。真央ちゃん美姫ちゃんも頑張ってる。「世界一努力する民族・日本人」を痛感する私です(笑)。今年も期待一杯。

美姫ちゃんは転倒しちゃったけど、サム&デリが意外にも(?)良いプログラムの印象を受けたので、完成形が楽しみ。ジェフのイメージがあるからどうかな…と思ってたんだけど、まったくカブらないし(私はね)。SPはジャンプの数自体が少ないから、あとの「表現」において余裕が生まれる感じで、ゴージャスな美姫ちゃんの魅力は出てる。
真央ちゃんはタラソワさんの指導で明らかに変わりましたよね~。
野辺山の「別れの曲」を見て、「魂が入ったなあ~」と。指導がタラソワさんに変わると、それまで表面上の美しさで踊っていた人でも、「心の底から自分を表現する」ようになるんですよね。劇的に変わる。
あとは、顔の表情に、もっともっと変化がつくといいなあ。悲しいところはもっと悲しく。嬉しいところはもっと嬉しそうに!
それに真央ちゃんはいつもインタビューで「3Aを2回入れます」とか、ジャンプの事ばかり話していたのに、今年は「こんな風に表現したい」というイメージが、自分の中に芽生えてきたように思うんですよ。どうでしょうか。
水津さんも早い調整で頑張ってくれてたし、彼女は華がある!錚々たるメンバーの中で立派でした。すぐりんは、いつも調整は遅い人なのであまり心配していません。ちょっと痩せた?(いつも海外に練習拠点を置くと痩せてしまう?)怪我しないでね…すぐりん好きな私としては、GPよりも全日本へ照準を合わせて調整していって欲しいです。

日本男子は町田君まで全員、3アクセルを跳んでますよね。コンペはわかるけれど、ガラでも3アクセル!DOIの時も思ったけど、もはや「3アクセル跳べなきゃ男じゃねえ!」っつう空気が、日本男子全体に流れてる。今年は大ちゃん+織田君に続く「第3の男」の椅子がある、ということが、心理的に大きく作用してるんじゃないでしょうか。それで全体にレベルアップしてると思うんです。
町田君は頑張った!3A、ついに2つが入るようになりました。アクセルさえ入れば、芸術面では充分素晴しいのだけど、もう少しPCS出してー。でも、ガラもイキイキしてたし、彼はなかなか精神的なものは強いように思う。
中庭君と南里君はすーごい踊れるようになったし、スピン・ステップも「わたくし目」にはじゅうぶんに思えるのに、なぜPCSが低いのかなー(謎)。なかなかジャッジが「Bクラス選手」から上げてくれないのが不満です。スケーティング・スキル、そんなに低いかなあ?それに、スピンは二人とも大ちゃんより良いですよ(笑)。
やっぱりPCSって実績・知名度なのかしら…四大陸でどうしても表彰台に乗らなきゃ!あと、GPシリーズで5~6位ぐらいまでに入って欲しいです。となると、「まずはジャンプを降りる」それが必要なのかな。

日本勢はこれから、本格的にシニアGPも始まったら、プログラムの魅力もググッと増して絶対面白くなっていく!
全日本もハイレベルな争いになる!
そんな期待を抱かせてくれたから、やっぱりこの「お祭りイベント」は、開催して正解だったのかなあ???(でも、運営上の問題は感じました。特にチケットのさばき方に疑問あり)★
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加