Rosa or Mochi日和

ドラマ・漫画・アニメの感想、音楽、マスコットキャラ、その他気になったことをちょこちょこ書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偉大な海は漂う、の物語

2016年11月05日 | ゴダイゴ
ビルボードクラシックスの感想をもう少し。

じぶんは休止する頃の彼らを知らないので、今回初めて THE GREAT SEA FLOWS を聴いた。

いい曲だね。。

メロディのスケール感が、今回の管プラス、ストリングス&クワイヤーの編成に、とても合ってた。

タケカワさんの熱唱と、熱いアレンジで、本編のラストにふさわしい、素晴らしい演奏を聴かせてもらった。

最初、威風堂々がオープニングだったのをなぜ?と思ったけど、この曲がラストだからかーと納得できたよ。


楽曲自体の良さとは別に、休止する時の曲という物語性もあって。

これからも頑張っていこうという気持ちで作った、と語るタケカワさんは、ちょっと感極まってる風にみえた。
休止する時に作った曲を、この2016年に、当時と同じメンバーで演奏してるんだから、さもありなんだよね。。

ガンダーラとはまた違う意味で、彼らにとって特別な曲なんだろうなぁ。
再々放映で聴くことができてよかったよ。

原曲は未聴なので、19日のインターミッションライブの放映で確認しようー
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事消えたー | TOP | ゴダイゴ40周年ライブ »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | ゴダイゴ