美味しいリストランテ

お勧めグルメスポットを紹介

オーベルジュ・エスポアール

2016-10-13 21:51:03 | グルメ
蓼科の名店エスポアールに行ってきました。信州は農業処、南諏訪インターを下りて農業地帯を進みます。途中左側に大きな野菜センターがありますので是非お立ち寄りを。静岡では見られない広大な畑の中を通ってビーナスラインに続くメルヘン街道にあります。少し狭い山道となります。この周辺は頑張っているお店が多いです。看板に目を奪われてついゆっくり走りたい気分になりますが安全第一です。
うっそうとした木々に囲まれたエスポアールは宿泊もできるので記念日の旅行にはとてもメルヘンというよりロマンチックな感じです。
休日ともなれば交通の便がいいので都市からのお客さんで込み合うようです。我々は平日の月曜日でしたので嵐の後の静けさのようにホールの方々とゆったりお話できました。

メニューは季節メニューのキノコずくしと通常コースメニューをオーダーしました。見慣れない品々なので普通のレストランより迷いました。通常コースはジビエ料理が大半を占め、アナグマ、カラス、ヒグマなど並大抵でない野畜も登場しますがそこはシェフの腕を信じてもよいと思います。
そして・・・いよいよ料理が出てきました。
アミューズが3種、これは共通、どれもセンスのいい皿で供されます。キノコずくしはデザートまで全て天然キノコ満載です。デザートも地元の野菜をふんだんに使った優れたものでした。
全体的にイタリアで言えばトスカーナのような肉食系のメニュー構成です。唯一魚系は伊勢海老と信州鱒、グルヌイユです。地の野菜を余すところ無く方々に散りばめその可能性をアピールしている料理です。我々2人分の食卓にはおそらく80種類以上の食材が投入されていたでしょう。
個人的な好みでは・・・普通の人は一度にあまり多くの味覚を認識できないと思います。一期一会の食事かもしれませんが一度に多数の思いを盛り込んでも舌の理解を超えてしまってかえってインパクトがなくなってしまうのではないかと。
しかし反面、そういった料理人の気持ちと裏腹にペロッと食べてしまうのが贅沢というべきなのかもしれません。
そんな貴族的な気分のレストランです。是非一度
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国料理「盛旺」 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。