RRM オフィシャルブログ

模型サークルRRM(リアル ロボット モデラーズ)の作品公開、制作会や展示会情報等を案内しています

作品No.668 バエル・ネプチューン / たみー

2017-07-17 | 投稿作品

・使用キット:バンダイ 1/100 ガンダムバエル

・作者コメント:

まず、バエルを見て記号的に顔がネプチューンに似てるな、というとこからイメージがわいてきました。少しいじって基本は素組で、と思い作り始めることに。
全体的にエッジが出るように削り込んでいます。

■頭部
顔は面長に見えるので、あごのパーツをつけず、マスクもかなり削り込みました。
そうすると、のどの部分がスカスカになるので、エポパテで隙間埋めして整形。
金属チェーンで首のパイプを追加。
角はエッジを削り、裏の肉抜き穴をプラ板で塞いでいます。
一応目をビーズで作っているのですが、よくわかりません。

■胸部
胸の両脇の板は裏が開いていていいのかわからないので、プラ板で埋めています。
首と肩の間にはパイプがあるのですが、扱いに困って、ネプチューンのようなパーツを増設。
これはMGキュベレイの腕だったかな?適当な湾曲したパーツを加工。
ヒートプレスとか面倒だったし、同じようなもの2つ作れそうもなかったんで。

■胴部
エバグリの四角いプラパイプ(6.3mm×2)で延長。
延長だけだとすかすかするので、少しディティールを入れています。
胴を延長することでシリンダーの長さも足りなくなるので、コトブキヤのパイプ類で延長。

■肩部
左肩の紋章はモールドではなく、パーツ分けされていてすごく助かりました。
ただ、段差ができるので、ヤスって面一になるようにしました。
また、肩アーマーは最中なので、目立たたないように段差部分で切り分け、パーツを接着しています。
また肩の先端はパーツにプラ板でデティールを追加し、三角状のカバーパーツを追加。このパーツはちょうどあったマジンボーンのサメっぽい奴から。ちょうどビンゴの大きさでした。
この下についている肩当の紋章部分も気になったので、面一になるようにしています。

■腰部
サイドアーマーは銀色部分の裏をプラ板で塞ぎ、その周りの部分にはジャンクパーツで隙間埋め。リアアーマーは適当なジャンクパーツで隙間を埋めてスカスカ感をなくすようにしました。

■脚部
足は太ももの中央部分を、胴部同様のプラ材で延長(6.3mm×3)。
それに合わせて、太ももの外装が短くなるので、プラ板で延長。
足首はバエルのままだと太く感じ、イメージに合わなかったので、バルバトスルプスのものに交換。
かかとのカバーは、バエルのものがかっこいいので、ルプスのかかとに接続できるように調整しています。

■背部
バエルは背中に羽があるのですが、ネプチューンにはあわないので、オミット。

■塗装
所謂キャンディー塗装の艶消し版。
モーターヘッドは艶ありみたいな感じですが、あんまり好きじゃないってのもあって艶消しに。結構いいんじゃないかと。
下地にクレオスのGXシルバーを、その上からクレオスのクリアグリーンにガイアのプレミアムブルーを適当に調合。
ゴールは面積の大きいところはクレオスのスーパーゴールド、細かな部分はガンダムマーカーのゴールドを筆塗りで。

ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作品No.667 スタンディングタ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。