ROAD RUNNER'S

バイクバカ道があれば、段位がもらえるくらいのバイクバカのあれこれ。

C-EVOLUTIONを試乗してきた

2017-06-18 21:05:34 | ninja1000(2017国内)
日帰り下道オンリー530kmツーで、BMWの電動スクーター C-EVOLUTIONを試乗してきました。





勿論、マフラーはありません。




3年前にヨーロッパで発売されていましたが、3年たっての改良型が日本で発売になりました。

電動バイクは欲しいのですが、市販されてくるのは、おもちゃばかりでした。
3年間の一般道試験を経ての日本発売なので、期待が先行していましたが、予想通りの走りでした。

モードは、パワーと回生ブレーキの利き具合の組み合わせで、個人的にはセーリングモードが好きですが、少しでも航続距離を伸ばすのと、モーターの醍醐味を味わうにはパワーモードが一番のようです。

その時の回生ブレーキの効きは強力です。
日産ノートのワンペダルに似た感じですね。

速いのですが、モーターのトルクを柔らかくオブラートに包んでいるようなアクセルの開度。
めっちゃ開ける角度があります。
ハイスロでいいのにな。
やっぱ、色んな人が乗る環境バイクという位置づけなのでしょうか。
買った場合は、ハイスロ必須ですね(爆)

車格は、ベースの650ですが、250登録です。
とにかくでかく感じます。実際でかいんですが(笑)
重いですが、重心が低いのか、あまり重さを感じず操作できますし、モーターのトルクがそれをカバーしています。

人工的なモーター音が、なんか未来的でいいです。

中身は、ほぼ電池ってのが、いかにも重そう(笑)
数年後に確実に来るであろう電池の寿命問題だけがネックです。
なまら高額になるので、電池が終わったらバイクも終わりと考えた方がいいでしょう。
まあ、自分も日産リーフに乗っていますが、それを考えたら乗れませんが。



電池の有効使用範囲(20~80%の範囲)を考えると、航続距離は100kmあるかないかです。

実用とまではいきませんが、環境とエコを心の隅に置きながら乗れる、バカ速いスクーター。



おまけ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« V-strom250が95台目 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。