gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

裁判員裁判で猶予判決後、盗み重ね実刑判決(読売新聞)

2010-03-08 14:38:47 | 日記
 横浜地裁の裁判員裁判で昨年10月に建造物等以外放火罪で懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の有罪判決(確定)を受けた後に姿をくらまし、川崎市川崎区の社員寮2か所で現金を盗んだとして窃盗罪に問われた住所不定、無職大場達也被告(21)の判決が2日、横浜地裁川崎支部であった。

 阿部浩巳裁判官は「社会での更生の機会を与えられながら、短期間で再犯に及んでおり、規範意識の欠如は著しい」として、懲役1年2月(求刑・懲役2年6月)の実刑判決を言い渡した。

<普天間移設>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調(毎日新聞)
<原口総務相>新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
韓国で仕入れた「シャネル」偽物販売 雑貨店経営者ら逮捕 (産経新聞)
英文だけ「TSUNAMIない」 宮城県、メール誤配信(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主“参院の乱” 身内から「... | トップ | 普天間、ホワイトビーチ沖合... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。