HELLO

あああ

一色「青春が詰まった2区」安藤「足が壊れた」

2017-01-03 15:23:17 | 日記

たすきを受け復路ゴールを目指す青学大の安藤悠哉(3日)=飯島啓太撮影
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
2、3日に行われた箱根駅伝を圧勝で制し、3連覇を達成した青山学院大の選手の話。
1区・梶谷(2年)=区間4位「自分の役割を果たせた。
安心して2日目は見ることができた。
(箱根初出場)ここで優勝メンバーに入れて、とてもうれしい」
2区・一色(4年)=区間3位「自分の中では東京五輪への通過点と言い聞かせてきた。
(3年連続2区に出場)思い出が詰まった、自分の青春が詰まった2区。
(今後は)今年のびわ湖マラソンで、世界選手権の出場権をつかみ取って、東京五輪に向けてステップアップしていきたい」
3区・秋山(4年)=区間1位「自分にたすきが渡った時は2位で、力んで走りすぎないよう、まずは落ち着いて走った。
先頭に立ってからは去年(区間賞)の感覚を思い出しながら気持ちよく走った。
みんなに不安だと言われていたが、不安を覆す走りができた」
4区・森田(2年)=区間2位「秋山さんがどの位置で来るか読めない部分があったが、最高の位置で持ってきてくれた。
おかげで余裕を持って走れてよかった。
秋山さんが笑顔で楽しそうに走っていたので僕も楽しく走れた」
5区・貞永(3年)=区間8位「自分の中ではゆったり入ったつもりだったが、勝手に体が動いてくれて、前半は順調に走れた。
自分としては納得いく結果ではなかったので、来年リベンジしたい」
6区・小野田(2年)=区間2位「思ったよりタイムは伸びなかったが、早大との差を広げることができてよかった。
もう1回、6区を走って区間賞を狙いたい」
8区・下田(3年)=区間1位「(7区の)田村がああいうこと(区間11位)になるのは想定していたので、平常心で自分の走りができた。
(2年連続区間賞)自分の走りやすい区間を走らせてもらっている。
来年はエース区間で結果を残したい」
9区・池田(4年)=区間2位「とてもしんどかったが、沿道の方々のすごい応援のおかげで走りきることができた」
10区・安藤(4年)=区間4位「9人がいい形でつないでくれたので、楽に走らせてもらった。
余裕を持ってゴールできた。
サポートしてくれた選手を含めていろんな選手の思いがこもったたすきを、1番に持ってこられてよかった。
走りきって足が壊れました」
2017年01月03日
14時54分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


一色「青春が詰まった2区」安藤「足が壊れた」


青学が3連覇、2位東洋大に大差…3位に早大


青学が3連覇、2位東洋大に大差…3位に早大


ラルフローレン 子供服 激安
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  3区・秋山、先頭と40秒差... | トップ |  青学・田村が脱水症状…下田... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。