K-World (Kの世界)

アルツハイマー型認知症の妻K、
発病後15年目になります。
現在は介護療養型病院に入院中。
(夫Route463)

介護施設から妻の利用を断ってきた

2012-11-28 23:44:28 | ケア日記
今回妻が利用したショートステイは、 残念ながら介護者である私の期待を 裏切るものとなった。 なぜならば、この施設の責任者から ケアマネ宛て電話にて、施設として 今後妻がショートステイを利用する ことに関し、受けることができない と断ってきたからである。 環境の変化に対応できず、興奮して その夜は一睡もできず、それが原因 と思われる前屈が起きたため、施設 職員の方が、妻の口元に食事や飲み 物をも . . . 本文を読む
コメント (2)

難しい? ショートステイの利用

2012-11-25 22:02:27 | ケア日記
2度目のショートステイ利用を行った。 期待していたことからはトーンダウン、 本人にも家族にも施設にも、思わしく ない結果に終り、ショートステイ利用 の難しさにショックを隠し切れない。 お泊まりした翌日、iPhoneが鳴った。 「昨夜は興奮されたようで、歯ぎしり がひどく、一睡もできなかったよう でした。今は頭を膝まで下げて、 食事も飲みものもとることがてきない 状況です。このようなことは、こ . . . 本文を読む
コメント (2)

「出たわよ」という顔をした

2012-11-18 20:58:46 | ケア日記
誰であろうと、パンツが濡れて、 汚れていたら、気持ちのいいはず はない。 だから、排泄の介護は待ったなし。 できるだけトイレで座って出して もらえるように、時間を見計らって 連れて行くようにしている。 だけど、連れて行く前にパンツに 出てしまうこともしばしばあり、 そうかと思うと、15分座っても 一滴も出ないということもある。 きょうも14時50分にトイレに連れて 行って座ってもらったけど . . . 本文を読む
コメント (2)

おしっこをぶっかけられる

2012-11-07 01:18:14 | ケア日記
この病気の人を介護する際、必ず やらなければならないことの一つ、 それは排泄の世話である。 人間、生きるためには食べられる かどうかが問われる。食べられなく なったらおしまいだからだ。 幸い、妻Kはよく食べてくれる。 私が口元に運んでやると、美味し そうに食べる。それを見ていると、 私はうれしくなる。 生命維持のために必要なものを 体内に取り入れたあとは、不要に なったものを体外に排出するこ . . . 本文を読む
コメント (2)

講習予備検査を受け、高齢者講習

2012-11-03 17:02:26 | ケア日記
平成21年6月の道路交通法改正に伴い、 更新期間が満了する日における年齢が 75歳以上の人が免許証を更新する 場合は、高齢者講習の前に講習予備検査 (認知機能検査)を受けなければなら なくなった。 今回、該当することになった私は、 昨日これを受講してきた。 結論からいうと、無事にパスできた。 そして、「高齢者講習終了証明書」を もらうことがきた。 講習予備検査(認知機能検査)とは、 どんなこ . . . 本文を読む
コメント (2)