K-World (Kの世界)

アルツハイマー型認知症の妻Kを介護。
できなくても感情や自尊心は残っている。
しっかり支えたい。/夫Route463

残っていた1本の前歯が抜けた

2016-09-25 19:39:43 | ケア日記
入院後17日目の昨日、残っていた 1本の歯が抜けていることに気づいた。 いつ抜けたのか、抜けた歯はどこへ 行ったのか、分からなかった。 看護婦さんにそのことを告げ、確認 してもらうことにした。 口の中には見当たらなかったので、 飲み込んだのでしょう、恐らく便に 出てくれると思われるので、様子を 見たい、とのことであった。 鼻腔栄養の管は、9月8日入院時左の 穴から挿入されていたが、9月19 . . . 本文を読む
コメント

療養病床入所後、10日が経過した

2016-09-20 20:11:50 | ケア日記
急性期病院から介護療養型医療施設 (療養病床)に入所して、早や10日 が経過した。 妻のような人にとって、施設が変わる というのは大きなストレスがかかり、 体調を崩すことがあると言われている。 幸いにこの間の妻は、体調は良好で、 顔色もよく、ほっとしている。 今は介助されても起床できず、呼びか けても反応がなく、完全な寝たきりの 状態にある。 5人部屋で終日横になっている。 定時的に水分 . . . 本文を読む
コメント (2)

夕食宅配をとることにした

2016-09-17 12:19:44 | ケア日記
妻を在宅介護していたときは、月水金 週に3日は訪問ヘルパさんが来られて 妻の食事を作ってくれていた。 そのときは、妻に作ってもらった残り を私も食べていた。 それが今回誤嚥性肺炎で入院後は、妻 は今も入院中のため、家事援助サービ スは終了となってしまった。 しばらくの間は、自炊と外食で食事を 摂っていたが、献立を考えるのもおっ くうだし、栄養バランスも気になり、 食材が余って捨ててしまうこと . . . 本文を読む
コメント

次の病院に無事移転いたしました

2016-09-08 21:44:01 | ケア日記
7月7日、誤嚥性肺炎で緊急入院した K病院から介護療養型医療施設の S病院へ本日転院した。 K病院では医療とリハビリをやって いただき、お蔭さまで妻は顔色もよく 穏やかな日々を送ることができた。 健康保険法により妻の医療区分に適用 される入院可能日数は最長60日間、 ソーシャルワーカから紹介で今回の K病院に決まった。感謝する。 K病院は鼻腔経管栄養と週3回くらい の嚥下リハビリを引き受けて . . . 本文を読む
コメント (2)

転院先、介護療養型医療施設に決まる!

2016-09-02 23:39:08 | ケア日記
妻が入院しているのは、急性期病院 といわれる病院である。 緊急・重症な状態にある患者に対して 入院・手術・検査などの高度で専門的 な医療を提供してくれる病院である。 担当医師からは、妻の場合、入院可能 な最長日数は60日と聞かされており、 在宅医療をやらないなら、この間に次 の受け入れ先の病院を決めなければ ならない。 そこで、ソーシャルワーカさんから 退院後に受け入れてもらえそうないく つ . . . 本文を読む
コメント

車イスで院内散歩、いいわね~

2016-08-19 23:43:50 | ケア日記
毎日うだるような暑さが続いている。 だけど妻のいる病院は、空調環境が しっかり管理されていて、熱中症の 心配もなく、家族としては安心。 ただ依然として、口からは食べられ ていないので、鼻腔経管栄養で生命を 維持している状況にある。 鼻から挿入されている管を見ていると 辛くなるが、以外に妻は平気な様子を 見せてくれており、強い人だな思う。 栄養の面から見れば、口からの摂取 よりも優れているの . . . 本文を読む
コメント

妻が寝ていたベッドが消えた

2016-08-11 14:09:25 | ケア日記
妻が誤嚥性肺炎で入院した段階で、 介護保険サービスは停止し、健康保険 に変わる。 それに伴って、レンタル福祉用具類は 用済みとなり、入院1ヵ月が経過した 昨日契約解除され返却された。 今回返却したものは、床ずれ防止装着 の最新式ベッド、車いすおよび吸引機 であった。 とくにベッドは、私の床の横に置かれ 3年半以上の歳月に亘り、妻の睡眠を 守ってくれた。 毎日それを見届けることで、私も安心 . . . 本文を読む
コメント (4)

二人のいい思い出がいっぱい

2016-08-07 14:27:12 | ケア日記
妻が誤嚥性肺炎で緊急入院して1ヶ月 が経過した。 毎日病室で妻を見るたびに、鼻から管 が入っている姿を見ると、痛々しくて 泣きたい気持ちになる。 そんなとき、「俺たちはいつも二人で 一緒にいたな。いろんなところへ旅行 もしたな」と、思い出される。 上の絵は、妻がアルツハイマー型認知 症と診断された直後、二人で行ったア メリカのヨセミテ国立公園である。 この時、川に架かる橋の上から妻が言 っ . . . 本文を読む
コメント (4)

活気がなくなり静かになったわが家

2016-08-01 22:50:21 | ケア日記
8月1日、入院してから23日、あっと いう間だった。 入院すると、介護保険のサービスは受 けられなくなる。 入院前は、1日に何度か訪ねてくれて いたヘルパーさんが誰一人来なくなっ て、あれほど賑やかだったわが家は、 急に活気がなくなり、寂しくなり、火 が消えたように静かになった。 そして、それと同時に、妻の食事と身 体介助のための準備など、時には嫌だ なと思うこともありながらも時間割に 追わ . . . 本文を読む
コメント (8)

介護療養型医療施設か在宅か?

2016-07-29 21:03:32 | ケア日記
妻は誤嚥性肺炎で入院してから20日 が経過、肺炎は完治したと思われる。 しかし、嚥下機能が著しく低下してい て誤嚥によって肺炎再発のリスクがあ るため、担当医師からは依然として食 事禁止指示が出ており、鼻腔経管栄養 (鼻から管を胃の中に通して、高栄養 流動食を入れる)を継続することによ り生命を維持している。 その姿は、見ていて痛々しいけど、誤 嚥の恐れがある以上、口から食べられ るようになる . . . 本文を読む
コメント