K-World (Kの世界)

アルツハイマー型認知症の妻K、
発病後15年目になります。
現在は介護療養型病院に入院中。
(夫Route463)

一番はKさんと一緒になれたこと

2018-02-18 12:29:15 | ケア日記
私の人生にも、いいところがたくさん あった。 何といっても、一番は「Kさんと一緒 になれたこと」である。 私にとって、これ以上の幸せは他には ないからです。 昭和40年、下宿のおばさんの紹介で Kさんとお見合いすることになった。 仲人さんは、私が時々立ち寄る近くの 乾物屋さんのおばあさん。 Kのお母さんも下宿のおばさんも乾物 屋さんによく買い物に行っていた。 そんなご縁があり、乾物屋さ . . . 本文を読む
コメント

思いつくままに

2018-02-11 22:39:51 | ケア日記
歩きながらよく頭に浮かぶことがあっ て、それを思うたびに、母が私を護っ てくれている気がしていつも胸が熱く なる。 どういうわけか分からないが、まだ小 学生だった私が杭瀬川*の土手道を一 人で歩いている光景が、まず鮮明に浮 かんでくる。 (*大垣市西部を流れる川) すると、これもどういうわけか分から ないが、年老いた私が今こうして歩き ながら残しているこの古びた足跡の一 つは、子供だったときに . . . 本文を読む
コメント

「良質の龍」を毎日安産するように

2018-01-08 23:55:38 | ケア日記
今回も「健康長寿」のお話です。 健康長寿のカギは腸が握っている。 腸には、食べ物を分解し消化吸収する 作用、ウイルスや病原菌などから体を 守る解毒・免疫作用、腸管運動を促進 して排便を行う作用がある。 今回は、その中から排便作用について 私なりの思いを綴ってみたい。 要は、「日々快便」のことである。 たまった老廃物を、吐く息をつかって、 ゆっくり外に出すイメージです。 そのとき、力ずく . . . 本文を読む
コメント

「健康長寿」でありたいですね

2017-12-31 23:55:44 | ケア日記
あけましておめでとうございます。 日本は世界でトップクラスの長寿国と いわれている。 しかし、その実態はどうかというと、 長生きであっても、妻と同じように寝 たきりになった方が多い。 これでは、素直に喜べない。 長生きであるには、やはり健康であり たいと思う。 では高齢者にとっての健康とは何か? 自分の足で歩ける、お友達とお茶しな がら会話する、自分のことは自分でで きる、・・こうい . . . 本文を読む
コメント (2)

年を越せそうです

2017-12-26 20:29:41 | ケア日記
看護師さんから下記の報告があった。 ---------- 12月10日に嘔吐し、鼻腔経管栄養を停止して 点滴を行っておりましたが、今般状況が改善 したので、点滴を終了し、鼻腔経管栄養に 戻っております。 ---------- これで年を越せる見通しがたった。 妻は元気です。 ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしていただけると、ありがたいです。 ↓ ↓ ↓ 人気ブログラ . . . 本文を読む
コメント (4)

看取りの時か? と覚悟しました

2017-12-23 10:45:33 | ケア日記
妻は昨年7月、誤嚥性肺炎になり、口 から食べることができなくなり、私は 鼻腔経管栄養を行うことに同意した。 寝たきりの妻を毎日面会していて、 「無理な延命措置はしないでほしい」 という妻の声を何度も聞いたような気 がする。 そんな中、今年の12月10日23:30、妻 は病床で嘔吐した。 胃の中のものが戻ってきて、気管支を ふさぐ恐れがあるため、1年4カ月続 けてきた鼻腔経管栄養を停止し、点滴 . . . 本文を読む
コメント (2)

妻の身体の暖かさに触れ、安心する

2017-12-09 20:26:19 | ケア日記
昨年7月、妻は誤嚥性肺炎で緊急入院 後、食べ物を口から入れて飲み込むと いう人間生きる上で不可欠とされる機 能を失った。 妻には自分の意思を伝える能力が既に 失われていたので、妻の終活について は、夫である私が最終的に決断しなけ ればならなかった。 悩みに悩んだ結果、自宅での看取りで はなく、鼻腔経管栄養を前提に病院で の治療の道を私は選択した。 この道を行けば、妻の体には常に管が 入って、 . . . 本文を読む
コメント

認知症サポーターとしての啓蒙活動

2017-10-20 14:13:30 | ケア日記
私の住んでいるマンションは、入居 以来40年近くになるので、ここへ 来て一気に高齢化が進んでいる。 そんな中で、健康長寿を願い、住人 お互いが助け合いながらのサークル 活動が行われている。 10月17日(火)、20名の高齢 者の方々と「秋の秩父へバス旅行」 に私は参加した。 私が認知症サポーターの資格を持ち、 アルツハイマー型認知症の妻の介護 しているという体験もあるので、幹 事さんから、 . . . 本文を読む
コメント

妻と同じ空気を吸いに行っています

2017-10-08 00:51:11 | ケア日記
私は、毎日妻が入院している病院に 行っている。 目的は、妻と同じ空気を吸ことで、 私の心と体をリラックスさせること にある。 私が声掛けをすると、この画像の ような優しい目で、こちらの方を 向いてくれる。 今は、顔色良好、平熱、鼻の管の 入り口は左。 ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしていただけると、ありがたいです。 ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキ . . . 本文を読む
コメント (4)

日本質的心理学会第14会大会in東京

2017-09-09 21:04:46 | ケア日記
標題の大会が、2017年9月9日~10日、 首都大学東京荒川キャンパスに於て 開催されいる。 ここでは大会企画のシンポジウムが 多数開催されている。 その中の一つ、「からだやことばで (表現されること)・(表現されな いこと)と、それらの受けとめや解 釈について考える」というテーマの シンポジウムの話題提供講師として、 招かれる機会をいただいた。 以下は、そのときのスピーチの一部 である。 . . . 本文を読む
コメント (2)