そっけない魚と、まるい葉っぱ。

おしゃべりが、とても下手なのです。

付けっ放しのテレビが、怖かった。

2017年04月20日 00時46分35秒 | 日記
昼過ぎに
到着した事務所の雰囲気がいつもと違い
いろいろ無気味だった。

下駄箱上にはヌシの飲み干したペットボトル。
そのボトルにも、横の懐中電灯にも
盛大な水が滴った痕。

足を一歩踏み入れて引っ込めた。
玄関たたきがこれまた、大きなプールになっていた。

暗いのに音のする部屋の奥へ進むと
いつからなのか、テレビがずっと喋っている。

こういうミスは、ヌシしかやらない。
そのテレビを消し、洗面所へ踏み込んで
私の靴下は一瞬で濡れた。ここも。
トイレも、バケツで蒔いたような水溜りがあった。

上の階からの漏水だ ( ̄◇ ̄;) と
ようやく理解した。

真上の階へ走り、ピンポン。
しかし、居留守を使われているようだ。

部屋に戻り、掃除をする前に、状態の全てを
スマホで撮影した。水面って撮るのが難しい。

ヌシに緊急事態のメールを飛ばし、
両腕まくりで水を外へ掃き出し、
雑巾で拭っては、絞りを繰り返した。

今日は天気が良かったので
程なくして室内が乾き始めたが
ぐっちょんぐっちょんになった
バスマットの類はすべて捨てることにした。

ヌシからの返事が来たのは
自宅に戻って、荷を固めていた時だった。

「管理会社を探し出して、連絡をー」

などと言っている。
契約者であるヌシでなければ、まずお話しにならず

さらに 「下駄箱やトイレは、相当水をかぶりました」 と伝えると

「水 被ってたのですか、じゃ 私が連絡入れます」 と態度が変わった。

あれからどうなったのか。
たぶん、明日に立ち会うのは私になりそうな予感がする。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 副作用(不眠 ++ )の薬とは! | トップ | 業者さんは、元気だった。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。