そっけない魚と、まるい葉っぱ。

おしゃべりが、とても下手なのです。

魔の時間がある。それは記憶に残らない。

2016年10月29日 01時33分53秒 | 日記
睡眠薬1錠と、安定剤1錠を飲むと
頭の芯が重くなる。

夏の間は、灯りを落として
スマホのNEWSを読むうちに
眠たくて眠たくて
撃沈する睡眠パターンだった。

ところが、夏の終わりに
その2錠が効かなくなった。
この2錠服用は、かなり長い期間の
服用実績があるので、
身体が耐性を持ってしまったのかもしれない。

そのことをドクターに話すと
別の軽い眠剤をもう一錠追加しようかと
提案を受けた。

そして3錠の生活が始まった。
ところが。

服用後、すぐにグラグラと頭が重く重くなる。
眠気だ、と思い布団に入るも
だるくて重いのに、眠りに落ちない… なぜだぁ?


先だっては、ついに夜中に起き出して
ぼーっとテレビショッピングを見ていた(らしい)。

服用後の夜中から夜半の時間帯は
何と言ったらよいのか、
夢か、現実か、の境目にいるような
記憶も大変、あやうい状態となる(らしい)。


結婚当初から使っていたミニミシンがついに寿命を迎え、
10センチも縫うと下糸が ひっちゃかめっちゃかになる
繰り返しだ。

そんな私に、その魔の時間帯のTVショーで
ミニミシンを紹介していたらしい。

ショップジャパンでは、何度か過去に
買い物をしたことがある。

そして「今から30分以内のお客様に限り、
5000円値引き!」 という ありきたりな文言。
原価はどうなっているのか、このミシン。


   ↑  ↑  ↑


このあたりの記憶は翌日の朝、全く失われていた。
そして一本の電話。

「ショップジャパンでございます。
昨夜2:45にお電話いただきましたミシンの
ご注文を取らせていただきます。」


2:45ふん? am


そんな時間まで起きていたのかという驚きと、
そんな時間に電話をかけたのかという驚き。

ミシンは欲していたので、決してクーリングオフする
必要など無く、淡々と朝の電話で注文を済ませた。


でも。怖い。あの魔の時間、服用したぼわわんとした頭で
起き出してしまうと、もう何をしていたかすら
翌朝にきれいさっぱり 忘れているという怖さ($・・)

外出してはいけないな、と肝に銘ず。
夜中のおテレビも、あまり見ない方がよさそうだなと、肝に銘ず。

そしてその時間、燃えるゴミの日の場合、
朝はもはや約束の時間までに起き上がれないので
夜半にゴミを出しに行く。

ネットをかけ、周りを遺跡のようにごつい石で囲む。
カラスにつつかれないように。

福岡市のように、夜に回収してくれたら
どんなに私、ハッピーだろうと思いながら。。。


今日は、強烈な3錠目を抜いて、2錠服用した。
なんとか、なんとか、眠りにおちたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「家政夫のミタゾノ」 面白い! | トップ | コスモスの花が、綺麗に咲き... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。