そっけない魚と、まるい葉っぱ。

おしゃべりが、とても下手なのです。

あれは・・・郵便局だよね?

2017年06月30日 18時56分11秒 | 日記


日程前半の宿を去る時、小さな喧嘩が勃発。
昔の友人夫婦の歓待に気をよくした夫が
酒癖の悪さ爆発! 

朝イチで荷づくりの最中に、私の方から
一方的に火花が飛んだ。

宿の支払いが現金のみ。
考えてもみれば当たり前の話だが
「現金出しといて」と、さらりと
言ってのけた、クレジットカードを
常用する夫。


「郵便局でお金をおろします!」と

その日の行動がほぼ決まる。
その郵便局が、島の南北にひとつずつ
しか、無い。とは。。



次の宿へ移動する中、
北側の郵便局を探し出し、
その遠さに、気が遠くなった。

徒歩は困難。暑すぎて命の危機だ。
一日に4本しかない路線バスを使い、
終点に近いその地点へ行くために
スマホに撮った時刻表を凝視する。


私たちの感覚は、
島では甘すぎた。

決してナメてかかっていたわけでは
無いが、本当にコンビニは一軒も無かったし

バスが4本しか無いというのは
「ちょっと行ってくる」が
本当に難しい。


レンタカーも、レンタサイクルも
島内に入ってしまうと
そう簡単には調達できない。

事前に考えて、予約しないと
移動の手段が確保できないのだ。



定刻に来たバスに乗り、
終点手前で下車してみた。

どこにあるの? 郵便局…

視界がぼおっとするほど
暑い。

葉陰に、郵便局のカラーを見つけた時
どれだけホッとしたことか。


毎日、こんなふうに
「 島の生活というのは・・」 と
考える材料が暑い頭上から降ってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 海へ。 | トップ | 亜熱帯のたわわ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。