あじさい寺(西法院)(画)

2017年06月15日 | Weblog

        備前市.大滝山西法院のあじさい
梅雨入りしたのに、今年は(空梅雨)か、それとも梅雨の(ずる休み)か、本日も晴天なり。備前市のあじさい寺に行きました。大滝山福生寺は、(西法院.実相院.福寿院)の三つの子院から構成されている。福生寺は、天平勝宝年間に、鑑真和尚が開基と云われ、応永4年(1397)に足利義教によって再興された。三重塔.仁王門は、室町時代の様式を備え、国指定重要文化財に指定。屏風岩付近(滝もある)を含む一帯は、県指定の郷土自然保護地域となっている。現在の本堂は、1682年に再建されたもので、県の重要文化財に指定されている。40種類.3500株.約3万本.のあじさいが彩っている。「あじさい祭り」は、来年までの3年間本堂改修のため開催されません。(P料.入館料.無料)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌謡祭(画) | トップ | サンクス.フェア(画) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL