ルージュ・ダリア

どうでもいい日常の記録

「播磨胡蝶」

2017-08-09 12:15:47 | 石斛
台風の置き土産で暑さが半端ではない@北関東。
朝から30℃越えていて、水まきだけで汗だくになった
予報では38℃
こう言う温度は条件の良い場所での計測なので、
むき出しのアスファルトの上なんかは遙かに高くなる。
大人なんかは気が付かなくても、背の低い子供やペットは、
高温の地面から距離が近い。
くれぐれも高温には注意して欲しい。

暑さの中で、石斛の花芽がプチプチと顔を出してる。
「播磨胡蝶」


「播磨胡蝶」は「播磨黄花×右近丸」の交配種。
透き通るような黄花で、葉も黄覆輪の二芸品。
片親の「右近丸」の血を引いて、とても香りが良い。


去年の春の姿に比べると、格段に大きくなった。
2015年春の入手だから、2年半でこれだけになった。
すぐれものだわんw

一応記録として。
この仔は去年油断して「ナメ」に新芽の根元をかじられてしまった
石斛の新芽は「ナメ」の大好物らしくて、他の植物はそれ程でもなくても、
石斛めがけて集中してくるorz
根元をかじられて、どうなるかと観察していたら、一応翌年に
新芽が出て来たが、全部の矢には出てこなかった。
去年の矢数・7本。今年の新芽・5本。
1本奴(2本出ること)に出たので、3本の矢で
新芽が出てこなかった。
その矢にも「プチ」は出ているが、正常に花芽になるんだろうか?
そして、新芽が出なかったのだから、どこか別のところに
芽がでてくるのだろうか?
引き続き「要観察」なのであるw








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「織姫」 | トップ | 「花祭」の当たり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。