猫と私の庭

今は亡い猫のライさんのこと 庭や薔薇や山野草の事、Fアレンジや生け花、 旅行の様子 小さなエコ生活

粗忽すぎる私 BOZOULE(ボズール)にて

2016-10-08 | 旅行
雨      PM2.5数値    15


昨日は時差ボケもも無く。。。 なんて書いていましたが

今日は朝から大失敗です。。。 ああ 穴に入りたい


友人から昨日電話があり、

「快気祝いを持って行きたいので、明日の午前中どう?」 

「わざわざいいのに」 と言うけれど

「お嫁さんが行ってくれるから是非」 と言われ、年配の友人の事

する事はちゃんとしたいと言う気持ちが よく分かるので承諾しました。


ところが 朝目覚めてみると 11:00   うっそ~ \(~o~)/

手元のバッグの中のケイタイを急いで見ると、彼女からの着信3回

とほほほほ。。。。。。 お嫁さんまで巻き込んで。。。 

電話で謝ったけれど恥ずかしいこと限りなし。。


朝 11:00まで目覚めず 電話の音も呼び鈴も聴こえないなんて

絶対ない と思っていたのに。。。

時差ボケと言う事になるのかしら  うう 

まだ恥ずかしいです  (/ω\)  後で出かける事にします

こちらがなにか持って行きたい気分です  雨でも行かねば。。。



気分を変えるためにも更新します (^-^;


今日も写真が多いのですが 外せないもののような気がして

どうぞ 最後までお付き合いくださいね



多分9月27日です。 

アルビから帰った次の日は、まずはここらの名所の一つBOZOULSと言う小さな村へ

次にサンジャックの道 ゆかりの村エスタンを周りました


まずはボズール(日本語読み)



コンダミンヌを出発  車からの景色も見ものです

今日はよく晴れて、青い空に筋雲が伸びていました





こんな橋があれば、日本ならカメラの列ですね


さて 到着です




浸食によってできたらしい珍しい地形の 周りや底にある街

この案内板を見て えっと驚く  でも まずは





おトイレへ  トイレの無い国フランスですが

観光地のせいか 駐車場に設置されていました  が。。。

中からの開け方がわからず 青くなったの (~_~;) 私らしいです


幸い気の利く友人が、外に待機してくれていたから、

大声で聞きましたので、事なきを得ました。 

窓無しの固い鋼鉄製でまいりました。 

待っててくれる友人 ほんと頼りになります。

この旅では 彼女の優しさや良識を何回も見直しました。

出来た人です。 自慢の友人が居るっていいでしょう?


私は今のところ、お役に立っていませんが そのうち。。。 ^^





さ~て これを覗いてさらに驚きます





底にも家や橋がある
















しばらく眺めてから 周辺を少し散策




右側の家添いに





花の名前を思いだせず 似た花があるのだけれど。。




なんだろ?





はは~  この子ね





あまり見られたくないらしい ^^





底の中腹にマリア様










アリッサムもこんな風に使えたら素敵










横は絶壁の石壁の上で食事中の猫ちゃん発見





う~む こいつら うざい って感じですが




危害を加えないだろうと判断  食事に戻る ^^





とある家の玄関の上  日時計だそうです  似合ってます




ちょっとおしゃれな駐車場





ここから路地をへて 車まで戻りました





青い空に ロシアンセージ






ボズールの街を去りました  多分2度と来ないだろうな~

色んな所を周れて mineさんご夫妻には感謝です



翻って 我が家です

昨日の夕食 もうこれしかありません




野菜 野菜の野菜炒め  秋刀魚の塩焼き 納豆 高菜の漬物 味噌汁

でもね 秋刀魚の美しさに目がくらみ 生ものと思い込んで購入

塩ものだったの 通りで安かった (-_-;)   塩から~い 

娘も残し気味でした  ごめんよ~ 

と、相変わらずのさくらさんなのでした   





親子猫は来ないようです  寂しいような助かった様な。。。 複雑な気分

こんなライさんに会いたいです




人気ブログランキングへ 今日も来ていただき ありがとうございました      

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自己流ガーデニングへにほんブログ村  応援もどうぞよろしくお願いいたします  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス 田舎の家の内外を見... | トップ | とにかくやる事は あれとあれ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこLOVE)
2016-10-08 20:08:55
自然を利用した、城塞都市でしょうか?ヨーロッパはそういう都市が多いですね。それだけ戦争が多い、?人間のさがでしょうか。

フランスは行ったことがないですが、知人が農家に泊まった時「トイレ」がないって言っていました。本当?

Unknown (ぱぴ)
2016-10-09 15:16:30
いい旅してきたね
いい友達もいていい事だ ^^

近いうちに行くね
Unknown (ねこLOVEさんへ)
2016-10-09 15:24:10
>自然を利用した、城塞都市でしょうか?
どうでしょう? 確かに城塞は多いですが
これは陥没しているから、攻めやすいですよね
真ん中の教会がある所は道が一つだから
何かあると 村人は今日買いに逃げこんだかも知れないですね

ヨーロッパは地続きだから 戦争はしょっちゅうだったでしょう
日本も同じようですが。。
人間って情けないですね

トイレは街中でもすごく少なくて、カフェが
利用されています  立飲みにすれば
1~1.5€ (決まっています)トイレの借り代でしょうか ^^
デパートや役所などはありますよ
Unknown (ぱぴちゃんへ)
2016-10-09 15:25:22
うん あなたともまたどこかへ
行きたいね
おかえりなさい♪ (ミモザ)
2016-10-10 00:31:29
さくらさん、

おかえりなさい。
長旅、お疲れさまでした。

私の住んでいる場所は、
アメリカの中でも落ち着いていて、
よくヨーロッパに近い景色だと言われていますが、
さくらさんの写真とは全く違います。

自然は似通っているかもしれませんが、
建物がまるで違います。
歴史がある国とそうでない国の歴然とした違いです。
ずっしりと重い石造りの家々は、
そのままずっしりと重い歴史を表していますね。
素晴らしい旅でしたね!

時差ボケが治るのは時間がかかりますよね。
今はそれで仕方ないのでは?
あまりご自分に厳し過ぎないように、ゆっくりとお疲れを癒して下さいね^^
^^ (ミモザさんへ)
2016-10-10 22:53:39
ミモザさんもいい旅でしたね
旅は新しい事を沢山体験できるし
外国だと日本を遠くから見る事が出来て
有意義で、いいですね
身体とお金がなんとかなる限り、続けると思います ^^

石造りの家は色々見てきたつもりでしたが
田舎の家の中や、素朴な村々の建物
観光地の教会やお城 それはまた呆れるほどの
素晴らしさです  日本の紙と木の文化も
負けないと思うのですが
残し方が違いますね  そこは完全にまけています
>あまりご自分に厳し過ぎないように
ははは 私に限ってありえない ^^
自分に甘く 怠けてばかりなのですが
見直しを考えているところです 
BOZOULS (チョコミント)
2016-10-11 06:55:52
>朝 11:00まで目覚めず
旅行疲れと時差ぼけの修復?のせいでしょうね~(笑)

BOZOULSって、あっと驚くような光景が広がっていますね!
一枚一枚の写真に見入ってしまいましたが、
普段生活そのものの光景が美しすぎて、
日本感覚だと道路や庭先や壁などは
観光用にさりげなく飾りつけないと
こんな景色は見ることができないように思いました。
(それでもムリでしょうけど・・)
Unknown (チョコミントさんへ)
2016-10-11 17:10:52
まだ朝は眠いのですよ ^^
コメントいちいち本当にありがとう
感想が聴けて嬉しいです

実際に行った私は MINEさんに話を聞いたりして周るのですが
彼女の友人は ここの出身だったらしいのですが
こんな田舎町 何もなくてつまらなくて
早く街を出る事ばかり考えていたそうです。
住んでみると周りは店も遠いところだし
娯楽施設も無し。
そんなものかなと思いました。
リタイヤして落ち着きたいと思うまでは
人間は美しい故郷の事は考えないのでしょうか。
勿論 人にもよりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。