猫と私の庭

今は亡い猫のライさんのこと 庭や薔薇や山野草の事、Fアレンジや生け花、 旅行の様子 小さなエコ生活

素敵なカラーリーフ

2017-05-03 | 
         晴れ一時雨       PM2.5数値 27    花粉 少ない


最近は遅寝の習慣が出来てしまい ついつい本などを読んでしまいます

「進撃の巨人」もTV放映に合わせて 単行本(息子の本よ)を読みだしました  

これでは いかんな~ う~ん 


なぜって 早起きしないとお日様が上がるとすぐに暑くなり

やる気が落ちるのです (-_-;)   


私はどこと言って身体は問題ないのですが

唯一 低血圧 上70代~下20代なので 朝は頭がボヤ~ッとしていて

体操したり水を飲んだりと頑張って ようやく普通になります


朝弱い人間です  朝に弱いとバカにする人がいますでしょう?

怠け者とか だらしがないとか。。 そんなイメージがあるみたいですが

それは体質もあるのですから 決めつけてはいけないと

身をもって思います   でも、夜は早く寝ないとね (^^;



今日は結構働きました  草ぬきなどを主にやっています




先日買ってきた植物です セネシオ エンジェルウィングス ¥高かった

カラーリーフとして、大きな白い葉がちょっと魅力的でした






暗いところに置くと明るくなりそう  ちょっと試し置き

目立ちますね   ラムズイヤーみたいな羽毛がびっしり

でも雨には弱い感じなので、鉢で育て動かして楽しみます






庭にはこんなグラス類 和風なものや洋風なものもいりますね

アレンジや生け花でも重宝します






葉っぱだけでもいいかな と思ってたらまた花がつき始めました ^^






ギボウシも葉を主に楽しみますね

赤いキルタンサス 白いすみれ などが似合います






ヒューケラも断然 葉っぱですね






このカマツアの葉は 斑入りとそうでないものとありますが。。

さ~て 花の色はどうかしら






苧環も 青緑色の葉が魅力的です



銅色や黒色とかの葉もすてきで、葉を上手く使って庭を構成してみたいです


そうそう なんでもかんでも 斑入りの葉がいいとは思わない

斑入りの葉の薔薇とかあるみたいで、見るととても素敵だと思うのですが

写真を撮るとなんだか虫食いのような雰囲気になって 

それに 薔薇の葉は病気になりやすいから 面倒なものは避けます


庭造りはやればやるほど 本当に難しい

でも なんでもそうですよね  楽しければそれが一番ですね


自分の庭は自分の好きなように出来るのでいいな~







シロタビさんが来ました

多分いつも来ているのでしょうね  ただ私がいない時が多いのかも。。

彼女の手術日は 25日です  24日は一日中庭に居てなんとか捕獲したいと思う






私が動く通りに動くネコ   たまには行く手を邪魔する

気づかず踏みそうな時も多い (^^;





おかあちゃんが遊んでくれないから。。。 とか思っていると思う

この子は かまってちゃんの要素が強いみたいです ^^



さて 明日も庭仕事 出来るだけやろうっと




薔薇がだいぶ咲いています



またおいでくださいね




人気ブログランキングへ 今日も来ていただき ありがとうございました      

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自己流ガーデニングへにほんブログ村  応援もどうぞよろしくお願いいたします       
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立浪草の小道 | トップ | こんな花壇にしたいの »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暫くの間に。 (ねこLOVE)
2017-05-04 12:09:37
花が随分咲きましたね。
今が1番のときですね。

いっぱいで、よくお時間があるって感心しています。えらい!!!。

私は相変わらずちんたらちんたら。
Unknown (ねこLOVEさんへ)
2017-05-05 22:42:53
ありがとうございます

でも 全然偉くない
いい加減にやっています
楽しめればいいですよね ^^

ちんたらちんたら OK

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。