猫と私の庭

今は亡い猫のライさんのこと 庭や薔薇や山野草の事、Fアレンジや生け花、 旅行の様子 小さなエコ生活

コンダミンヌはこんな処①

2016-10-14 | 旅行
        まあ晴れ ^^       PM2.5数値   13


昨日の夜はすごく冷え込みました。


私はぬくぬくしていないと安眠出来ないから、毛布を一枚足して

フリースのパジャマを上だけは着て (冬並の様相) 就寝。

朝までぐっすりだったので、これは成功ですが 少し情けない気もします


昨日はぱぴちゃんがやって来て 二人で母の病院へ行きました。

本当言うと、私はその前の日も母の様子を覗いていたので、2日続きですが

何度でも行ってあげないといけないと思っています




先日はコンダミンヌの田舎家の中を紹介しましたが、今日は外

小さな集落のコンダミンヌの様子をUPします。

憧れのフランスの大田舎に来たのですから、時間のある時は散歩です



たった2時間にも満たないひと時なのに、写真の数は多くて

2度に分ける事にしました。。。  色々見ていただきたくて ^^





エスパンと言う、サンジャックの道にゆかりの古い街から帰って(エスパンはまたの機会に)

午後4時過ぎだったか。。。 まだ明るいコンダミンヌを通る幹線道路からの眺めです





道の端には こんな小さな花が





可愛く咲いています





少し向こうの野原の花はズームで撮りました

花の名前は分かりませんが こんな色合いの写真が好きです





そんな場所のかなり向こうに 犬さんと散歩している人が。。

犬さんが私たちを見て、道路に出てきたので呼んでみました





するとどんどんやってきます  おいでおいで ^^





私たちとじゃれている間に、飼い主さんがやっと追いつきました

杖をついたおじいちゃん  大きな鼻が印象的 ^^


このおじいちゃんが 散歩についておいでと手招きするので

ついていきます  楽しそうです





先ほどの道路からはずれて、小さな田舎道を歩いていると

こんな農家の庭先を見られたりします こんな光景がとても好きです   

のんびりした暮らしぶりかも知れないけれど

やはり 重い歴史があるはずです





この人は色々な事を見せてくれます

これは食べられる木の子で、こうして皮をはぐらしい



クルミを拾って 腰のポケットからナイフを取り出し

中身を出して食べさせてくれたり (美味しい) 

ハシバミの実を割ってくれたり  何気ない動作がとても素早くて

さすがだな~ と感心させられました





どこでもどんどん入っていってしまいます

ここが自宅? でも違うんです  ここは鶏やアヒルを飼っています





こんな風に後を追って (*´ω`)





ウサギは後で聞くと、食用だそうです   文化の違いを思います





古い石のベンチに歴史を感じ。。。


コンダミンヌの15件の集落や この近辺の他の村の人たちも

いわゆる貧乏な人たちは居ないそうで、落ち着いた暮らしぶりがうかがえました





とある大きな家の入口から入っていくと、すぐに犬舎があって

おじいちゃんにとてもなついていて、嬉しそうに飛び跳ねました





家の人もご挨拶したら 何気に笑って自分の仕事をされます

後で聞くと、おじいちゃんの親類にあたる人たちで 

一緒の敷地内に住まれているそうでした。





その家の窓辺   ゼラニュームが似合います



さて、いよいよおじいちゃんの家へ行きますが、長くなるので

本日はここまでにいたしましょう ^^


コンダミンヌの田舎の一部でした。   手入れの行き届いた田舎って

日本も含めて、本当にいいですね~  あこがれます





友人が撮った 在りし日のライさん  ハンサムよね~



この続きを見に明日もおいで下さいね 



人気ブログランキングへ 今日も来ていただき ありがとうございました      

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自己流ガーデニングへにほんブログ村  応援もどうぞよろしくお願いいたします  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歳です~ で済ませない | トップ | 緊縮財政GO- コンダミンヌ② »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RENOVA)
2016-10-14 14:33:20
ほんとうにステキな旅でしたねー。

フランスの田舎の人って、というかヨーロッパの田舎の人って実にフレンドリーですよね。このまま仲良くなっちゃって、ご飯食べて行けとか、お茶飲んで行けとか言われたりしませんでした?

私も田舎の農家の庭先の風景とか、畑の畦の風景とか大好きです! フランスと日本では植わっている木の種類とか植え方なども違っていて、それを見るのも楽しいし!

旅レポ、楽しみに読んでいますから!!
Unknown (ねこLOVE)
2016-10-14 15:06:36
手入れがされた田舎って日本はすくなくなりましたね。
わんこが放し飼いされているのが羨ましいなあ。
のんびり田舎で過ごしたら病気治るかなあ・・・。
こんにちは (ro-garden)
2016-10-14 17:28:01
犬がかわいい^^~
こっち来てくれるなんてねー。
それでお爺さんとお散歩なんていいなあ!!
ナイフの手さばきを想像しました。
手入れの効いた田舎だから快適この上ない
でしょうね。
家とかね、やっぱり古くてかわいいよね。

ハクレット焼機、初めて見ました↓
そうそう、地図を見ていたら(この辺りの細かいのは無くて・・)
サルラ地方とかググッてたらロカマドール出てきて、さくらさんの写真と同じ
ようなアングルでとてもカッコよかったよv

Unknown (renovaさんへ)
2016-10-14 21:37:25
言葉はお互い分からないけれど、気にしていなくて
フレンドリーです  でも私たちがフランソワーズ(レジスの妹さん)の家に
いる事はもう知れ渡っているから。。
15集落なんでうから すぐに噂になります^^
>このまま仲良くなっちゃって、ご飯食べて行けとか、お茶飲んで行けとか言われたりしませんでした?
それは次のお楽しみに 見てください 

都会はお茶を飲んで買いものをするか 絵画やコンサートに行く所 そんな感じで
私は田舎が拠点の生活が好きです
お手入のいい田舎の緑の中で でも便利な生活をしたい ^^
Unknown (ねこLOVEさんへ)
2016-10-14 21:40:43
そうですね~
わんこもニャンも こんなところで家にも
出はいり自由な生活が出来て
とても幸せだと思います
都会では家の中で 田舎では放し飼い
それがいいように感じます
わずらわしい事から離れられた 2週間と少しの時間。
良かったです  歩くのも足だけでなく、心にもいい気がしました。
さすがですね (ro-gadenさんへ)
2016-10-14 21:46:13
ネットを駆使すると、どこにいたか分かりますよ

思わぬ出会いや出来事も旅の醍醐味です
積極的に受け入れるようにしてきたので
こうしてMちゃん共仲良く出来ています
いいよね~

ㇵクレットの電気器具があるなんて
ほんと一般的な料理なんでしょうね
日本ではすき焼きとか、鍋料理とか ^^
電器器具があるね
Unknown (ro-gadenさんへ)
2016-10-14 21:47:52
書き忘れた~

おじいちゃんのナイフさばき見事だったよ
手慣れた何でもない使い方  あこがれるね^^
Unknown (チョコミント)
2016-10-15 06:13:44
散歩されていた おじいちゃんは気さくな方だったようですね~
(フランスはフレンドリーな人が多いのかな?)
ポタジェの造りも、ニワトリやアヒルの飼い方にしろ、
遠くに広がる景色もゆったりとした雰囲気で癒されますね。

クルミ、ヘーゼルナッツと、登場する果実が
日本だと考えられないくて、
こんな面でもフランスが感じられる気がしました。
Unknown (チョコミントさんへ)
2016-10-15 12:17:14
>散歩されていた おじいちゃんは気さくな方だったようですね~
う~ん  mineさんのお話しだと家族は遠く
長くパリでカフェのオーナーをしていたお金持ちで
働き詰めで歳をとって帰って来ても 独り暮らし
寂しい暮らしだからかしら。。 と思います

もうすぐ寒くなるけれど とても素敵な処でした

果物は庭先にある フランスの田舎
道の駅の代りにあるのは朝市
果物の種類は多いですね知らないものもたくさんです
イチジクが美味しくて 黒い皮の小さなものですが
中が紅くて 皮ごと食べます
農薬の心配がある日本と違うところです
うらやましかった一つでした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。