映画鑑賞感想文

濫観っていうか、乱観っていうか・・・ポリシーないですけど(^^;

『雪の轍』

2017-04-20 10:43:19 | Weblog
2014年 トルコ&フランス&ドイツ
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出演:ハルク・ビルギナー、メリサ・ソゼン、デメット・アクバァ、アイベルク・ペクジャン、セルハット・クルッチ、ネジャット・イシレル

アイドゥンは俳優をやめ、カッパドキアで洞窟ホテルを経営している。若い妻は田舎での平穏な暮らしの中で自分を見失い苦しんでいるが、彼はそんな彼女の気持ちに気づきもしない。出戻りの妹も、後悔と不満の中で悶々としているが、彼はまったく意に介さない。彼の所有する家の家賃を滞納して管理人から追い出されそうになっている一家が助けを求めてきても、関わろうとはしない。自分の生活、自分の考え方を全く変えようとしない彼に、周りは苛立つが、寛容な自分に不満をぶつける家族の気持ちが、彼には理解できない・・・

みんな悪い人じゃないんだけど、なんか面倒くさい人たちですよね。特にアイドゥンと妹は理屈っぽくって壁壁するでしょ。でも、わたしもどっちかっていうと、この人たちのタイプなんだよなぁ~・・・特に若い頃のわたしって、この妹さんみたいなところ、あったよなぁ~・・・と、なんだか、自分が責められているような気分で見ていました(^^;。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ぼくらの家路』 | トップ | 『猫なんかよんでもこない。』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。