映画鑑賞感想文

濫観っていうか、乱観っていうか・・・ポリシーないですけど(^^;

『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』

2017-02-13 16:55:08 | Weblog
2016年 日本
監督:松山博昭
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔、水原希子、濱田岳、古田新太、高嶋政宏、でんでん、勝矢、阪田マサノブ、阿部進之介、北村匠海

日本史のことなどまったく知らない高校生サブローが戦国時代にタイムスリップする。そこで出会ったのが、自分と瓜二つの武将・織田信長。彼に自分と入れ替わって欲しいといわれ、成り行きで信長になってしまったサブロー。政治力も戦の能力もないけれど、天真爛漫さと人の良さで、しだいに織田家の家臣たちの心を掴んでいき、妻の帰蝶とも本当の信頼関係が生まれてくる。けれど、信長は本能寺で殺されるという運命が、サブローを待っていた。彼は、その運命から逃れられるのか・・・それとも、歴史は彼によって書き換えられるのか・・・

小栗旬さんが高校生って・・・って、TVドラマが始まった時は思ったんですが、それが案外気にならないっていうか、ドラマが思った以上に面白かったっていうか・・・信長と帰蝶との仲も可愛らしくて、自分でも意外だったんですが、毎週楽しみに見ていたのですよ。でも、最後の最後で、次は映画で!っていう展開に、正直イラッとして、映画が公開されても、テレビ放送されても、つむじをまげて無視していたんです。けど、やっぱり、この話、どう収めるのかなっていうのが気になって、結局見ちゃいました。とね・・・うん、まあ、そう、悪くなかったです。期待以上でもないけど、TVドラマで楽しんだ分は映画でも楽しめました。始まった当初の小栗さんの雰囲気と、ラストの雰囲気が全く違っていたのを見て・・・今まで、小栗さんのこと見くびってたなぁ~と反省しました。いや~、なんでも見てみないと(体験してみないと)分からないもんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラスト・ベガス』 | トップ | 『おやすみなさいを言いたくて』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。