映画鑑賞感想文

濫観っていうか、乱観っていうか・・・ポリシーないですけど(^^;

『ルーム』

2017-03-30 11:13:24 | Weblog
2015年 アイルランド&カナダ
監督:レニー・アブラハムソン
出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー、トム・マッカムス

7年前に知らない男に拉致され、狭い倉庫の一室に監禁されて、男の子どもを産み、その狭い部屋で息子ジャックを育てているジョイ。ジャックの健康の為に、狭いながらも運動は欠かさずにさせ、いつか外界に出ることが出来たときの為に、絵本やテレビなど活用できるものは全て使って、息子の教育にも心を配って生活していた。そしてついに、逃げ出す好機がやってくる。ジョイは、ジャックが病気だと男に信じさせ、病院に連れていくことを懇願、それを断った男に、翌日、ジャックが死んだと思わせて外に運び出させる。外に運び出されたジャックは、母の教え通り、チャンスを見計らって逃げ出し、近くにいる人に助けを求めた。やがて、犯人はつかまり、ジョイも救出されるのだが、七年間の監禁生活は、ジョイの心に大きな癒えぬ傷をつけていた・・・

監禁生活のところは、一生懸命工夫して子育てしている姿に、偉いなぁ~って感心したし、ジャックの脱出劇にはハラハラドキドキしたし、引き込まれる映画でした。また、逃げ出して終わりではなく、長期にわたって監禁され性的虐待を受け続けていた女性と、生まれてから一度も外の世界を知らないで育った子供が、どう社会に戻っていけるのかというところも描いているのが良かったですね。あんなに気丈で賢いジョイが、解放されてから壊れそうになるのに心が痛みました。でも、お母さんの再婚相手がステキな人の設定で、ジョイやジャックだけでなく、観客も救われたように思います。実のお父さんが、ジャックをちゃんと直視できないのも、悲しいけど仕方ないのかもしれないし・・・なかなか見ごたえのある一作でした。軽い気持ちで期待せずに見たので、得した気分になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ビューティー・インサイド』 | トップ | 『殿、利息でござる!』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事