映画鑑賞感想文

濫観っていうか、乱観っていうか・・・ポリシーないですけど(^^;

『不良探偵ジャック・アイリッシュ』

2017-02-13 15:51:11 | Weblog
『不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼』 オーストラリア 2012年
監督: ジェフリー・ウォーカー
出演: ガイ・ピアース、マルタ・デュッセルドープ、アーロン・ペターゼン、ロイ・ビリング、ダミアン・リチャードソン
刑事事件専門弁護士のジャック・アイリッシュは、依頼者の逆恨みから目の前で妻を殺されてしまう。自暴自棄になったジャックは、仕事も止め、借金の取り立てや行方不明人の捜査などをしながら、自堕落な日々を過ごしていた。ある日、留守電にかつての依頼者から会いたいというメッセージが残されていたが、その依頼者はその夜、刑事に射殺されていた。釈然としないジャックが、真相を追っていくと・・・

『不良探偵ジャック・アイリッシュ 2人の父への鎮魂歌』 オーストラリア 2012年
監督: ジェフリー・ウォーカー
出演: ガイ・ピアース、マルタ・デュッセルドープ、アーロン・ペターゼン、ロイ・ビリング、ダミアン・リチャードソン
ジャックのところに、フットボールの選手だった亡父親のチームメイトであるデス・コナーズから遺言書の作成を依頼され、成り行きから行方不明になっているデスの息子ゲリーを探すことになる。すると、ゲリーはドラッグの密輸に関わっていることが分かり・・・

『不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命』  オーストラリア 2014年
監督: ジェフリー・ウォーカー
出演: ガイ・ピアース、マルタ・デュッセルドープ、アーロン・ペターゼン、ロイ・ビリング、ダミアン・リチャードソン
ジャックは、弁護士仲間のダミアンから、依頼者の名を伏せてロビー・コルバーンという男の調査をして欲しいと依頼をうける。依頼者は、ジャックの亡き妻の父親のローダーで、大きな事件の捜査を担当している判事だった。ローダーには、妻や娘に知られたくない秘密があり、それをネタに犯罪組織より事件から手を引くことを強要されていたのだ。家族との絆を守るか、判事としての職務を全うするか、苦悩する義父の姿に、ジャックは何とか彼を助けたいと奔走するのだが・・・

それぞれの事件を解決していく過程、つまり本筋も面白いけれど、彼の周りの人たちが抜群に素敵です。映画でも小説でも、やっぱりそれが重要ですよね。彼に家具作りを教えてくれている家具職人の師匠、彼の父親の所属していたフットボールチームのファンであるおじいさん達のたまり場のパブ、競馬のオッズ操作で稼いでいる頼りがいのある仲間・・・ほんとにう魅力的でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『サヨナラの代わりに』 | トップ | 『誘拐捜査』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。