日々是勉強

気軽に我流でワインを楽しんでみようかと。

9/17 ビストロ・メニュー

2017-09-17 23:48:55 | Today's Menu

2017.9.17. Sun. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 『角濱』の胡麻豆腐   ㋙

 おでん  牛すじ、餅巾着、大根、蒟蒻、ジャガイモ、椎茸   ㋮㋳㋑㋻㋛

 雑穀ご飯  白菜浅漬け、広島菜しば漬   ㋳㋙ ㋮㋻㋚㋛㋑㋕

 コーヒー

 アロエ・ヨーグルト   ㋕

昼: 連れ、外食。

 『角濱』の胡麻豆腐   ㋙

 おでん  牛すじ、薩摩揚げ、餅巾着、大根、蒟蒻、ジャガイモ、椎茸   ㋚㋮㋳㋑㋻㋛

 納豆ご飯(雑穀米)  白菜浅漬け、広島菜しば漬   ㋮㋳㋙ ㋻㋚㋛㋑㋕

おやつ:

 飲むヨーグルト   ㋕

 『Mlesna Tea House』製 「お菓子のモンブラン」 

夜: 会も無事終わり、ビストロ・メニューでお疲れ様会。

 北海道産イクラ醤油漬  

 『笹ふじ』製 「早なれ寿司」 ( 海南市)   ㋚

   

 南瓜のポタージュ   ㋑㋳㋕

   

 徳島産ほうぼうのカレー風味フリットと焼き茄子サラダ   ㋚㋳

   

 骨煎餅   ㋚㋕

 イベリコ豚ベジョータ・カルビと大豆のソテー 醤油ベースのソース  椎茸、ピーマン、人参のグラッセ添え   ㋮㋛㋳

   

   

 チーズ5種盛  ピーナッツ添え   ㋕㋙

   ルクロン・トラディション  (ウォッシュ フランス)
   香りや味が穏やかで、カマンベールのようなクリーミーさのウオッシュタイプ。塩気も強すぎず、マイルドそのものと言った味わい。
   ピエダン・グロワ  (ウォッシュ フランス/ブルゴーニュ地方)
   マイルドでなめらか、とてもクリーミーな味わいで、フルーティーで軽めの赤ワインや、ドイツ産の白ワインによく合います。
   クリーム・ロイヤル  (青カビ デンマーク)
   外皮は白カビで熟成させ、内部はクリーミーでブルーチーズのシャープさが程よく抑えられ、癖がなくまろやかなブルーチーズです。
   グラナ・パダーノ  (ハード&セミハードタイプ イタリア)
   この『グラナ・パダーノDOP』というチーズを語る際に、必ず比較されるのが『パルミジャーノ レッジャーノDOP』です。どちらもイタリア産チーズであり、歴史的にもほぼ同じ起源を持つ、まるで兄弟のような生い立ちなのです。この『グラナ・パダーノDOP』の特徴は”お手頃な価格”でしょう。パルミジャーノと比べて製造基準が緩く、より多くの量を作ることができます。また、熟成期間も少し短めとなっているためより穏やかな味わいがあり、かえってこちらを好まれる方も多いほどです。
   プレミアム・ゴーダ  (ハード&セミハードタイプ オランダ)

   

 ヴォワラン・ジュメル・ブリュット・トラディション

   

「近年ガイド・アシェットやレヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスに注目され徐々にその評価を上げているヴォアラン・ジュメル。すでにレヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスでは4ツ星まで獲得するまでにいたり、今後の評価が期待されるメゾンです。

いまだに、クラマンの未知の生産者と言われるヴォワラン・ジュメルのスタンダード・キュヴェ!カーヴで必ず3年以上は熟成させることをモットーにコクのあるシャンパンを生み出しております。この価格帯ながら、非常に丁寧に造られておりレベルの高さを感じさせます。樹齢30年のAyとMareuil-sur-Ayのピノのワールと Cramant,Oger,Vertusのシャルドネを使用しています。

 ヴォワラン・ジュメル
1972年から続くドメーヌで、レコルタン・マニュピュランです。父方(ヴォアラン)と母方(ジュメル)が合わさりできたのがドメーヌ名の由来。どちらの家系も古くからシャンパン造りに携わってきた家系です。現在はアリスとパトリックの兄弟にが引き継がれ、12ヘクタールの畑を所有しております。その80%はグランクリュとプルミエクリュの畑で構成され、有機栽培で除虫剤、除草剤は一切使用していません。またカーヴで必ず3年以上は熟成させることをモットーにコクのあるシャンパンを生み出しております。畑はCramant,Avize,Oger,Ay,Mareuil-sur-Ay,Vertus,Verneuil,Chouillyに計12ヘクタールを所有しています。グラン・クリュ畑はクラマン【Cramant】とオジェ【Oger】に併せて4ヘクタール、プルミエの畑はヴェルチェ【Vertus】に5ヘクタールとなっています。平均樹齢は30年です。」

黒葡萄の風味が強く感じられる、とってもバランスの良いシャンパーニュ。

口当たりが甘やかで、食前酒にぴったりだし、食中にもいけそう。

甘やかさがどうかと心配したが、イクラに◎。 醤油漬なのが良かったのかしら?

意外だったのが、若なれ寿司に〇◎だったこと。 鯖が発酵によって青臭さが消えていたからか?

カレー風味のほうぼうのフリットに◎。

しっかりした造りなのか、イベリコ豚ですら負けておらず、〇。

 クロ・マルガレーヌ 2009  (シャトー・マロジャリア(マルゴー)のセカンド)  C.S.64%、メルロ36%

   

    

「Score: 87.

Critic Score
Jean-Marc Quarin 87/100  
Awards
Award Organization Award Year Result
Concours de Bordeaux Vins d'Aquitaine 2011 Gold

 マロジャリア

左岸では珍しい、年産3000本というガレージワイン、マロジャリア。
1999年の初リリース以来、ロバート・パーカーの評価が90点を下回ったのは2007年のみ(89-91点)。

メドックで最初につくられた今をときめく、シャトー・ヴァランドローのジャン・リュック・テュヌヴァンとミッシェル・ローランがタッグを組んだ、メドック初のガレージワイン『シャトー・マロジャリア』。 ちなみに、マロジャリアとは、ラテン語でマルゴーの意。

畑はデュ・テルトルとモンブリゾンの間にある2.5haの区画です。 平均樹齢は約30年。
カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー30%。

このクロ・マルガレーヌはマロジャリアのセランドラベル。マロジャリアと同様、色濃く鮮やかで、繊細さは劣るものの、濃厚な果実味と優しい口当たり、複雑な風味は、ファーストラベルと遜色のない完成度です。」 

流石、マロジョリアという名を冠するワインのセカンド、マルゴ―らしさ全開の、とっても優しいお味の美味しいボルドー

濃いルビー色、豊潤な芳しいアロマです。 赤や黒の完熟した果実、煙草やスモーキーでインキーなアロマ溢れるものでした。

期待通りのばっちり飲み頃で、ピンでも充分楽しめる美味しさ、セカンドでこれは凄いと思われます。 良年の恩恵も有るのでしょうが。

イベリコ豚もカルビで赤身も楽しめる部位だったので、ばっちり◎。 ワインも料理も引き立て合い、大満足。

青かび、ウォッシュのチーズにも◎〇。

美味しいワインとマリアージュの成功に、会話も弾むディナーとなりました。

 コーヒー

 

こぱんちゃん、パクチー店に行ったらしく、あまりに見事な食べっぷりに笑ってしまった。

    

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 9/16 居酒屋メニュー | トップ | 9/18 敬老の日の宴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。