日々是勉強

気軽に我流でワインを楽しんでみようかと。

2/12-13 アクアパッツア

2017-02-13 23:42:45 | Today's Menu

2017.2.12. Sun.  初午  『まごわやさしいか』 

朝: 私はヨーグルトとコーヒー。

 インカの目覚めのポタージュ   ㋑㋳㋕

 白菜サラダ 胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 サンドイッチ  『アンデルセン』のパン・ド・ミ、ロース・ハム、ピクルス、ゴーダ   ㋑㋳㋕

 コーヒー

 ヨーグルト 自家製晩白柚ジャム 

昼: 縁起を担いでお揚げ中心に。

 大根の金平   ㋳㋙

 お揚げと椎茸、白菜の焚いたん   ㋮㋛㋳

 鹿児島産ビンよこわのあら焚き   ㋚

   

 お稲荷さん 黒胡麻   ㋮㋙

   

 ミニ鹿児島産ビンよこわの漬丼  大葉、もみ海苔   ㋚㋳㋻

   

 粕汁  ころ、竹輪、揚げ、えのき、糸蒟蒻、サツマイモ、大根、人参   ㋚㋮㋛㋑㋻㋳

 連れに手伝ってもらって、大量のチョコレートの仕分け。

    ボンボン系

    タブレット系

おやつ:

 アサンブラージュ・カキモト氏と塩芳軒さんのコラボ作品   ㋮㋙㋕

     

   

 お薄 『小山園』製 「吉祥」  「かぎろひ」のお茶碗で。

 コーヒー

   

    

餡を使っているということで、コーヒーとお抹茶と両方用意してみたが、白餡をごく一部に使っているだけだったので、完全に洋テイスト。

元来チョコとお抹茶とは合うと思うので、違和感は無いけれど、わざわざ用意する必要もなかったかな。

柿本氏はとても職人肌の方のように思われる。 是非お店にも行ってみよう。

京都市中京区竹屋町通寺町西入る松本町587-5 075-202-1351 火曜、第2・4水曜(不定休) 12:-19:

夜: 

 インカの目覚めのポタージュ   ㋑㋳㋕

 野菜スティック  柚子胡椒サワー・クリーム   人参、セロリ   ㋳㋕

   

 アクアパッツア  和歌山産天然鯛、アサリ、ブラック・タイガー、イカ、オニオン、プチ・トマト、オニオン、セロリ、キヌサヤ、オリーブ、ケーパー、ニンニク   ㋚㋳

   

 カリカリ・トースト 『アンデルセン』のパン・ド・ミ  ブルー・チーズ入りスプレッド   ㋕

    

 マカダミア・ナッツ   ㋙

 『Suntory』造 「Master's Dream 醸造家の夢

 シャプティエ・ペイ・ドック・ブラン・コレクション・ビオ 2014

     

    

少し粘性のある、南の方の造りらしいヴォリュームある果実味豊かなもの。

シャプティエが関わるだけあって、ローヌのを頂いているようで、コスパ抜群だが、アフターに若干苦味が残るのが残念。

アクアパッツアにばっちり。 ◎〇。 今週の鯛は実にあたりが良く、甘みも強く、なお合ったように思われる。

途中から、風邪を引いてしまったのか、あまりお味が分からなくなってしまって、残念…

 ドライ・ピーナッツみそ   ㋙㋮

 ハイ・ボール  Ballantine's 17 years  (連れ

 コーヒー

 

2/13 Mon. 『まごわやさしいか』 

朝: 

 インカの目覚めのポタージュ   ㋑㋳㋕

 白菜サラダ 胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 サンドイッチ  『アンデルセン』のパン・ド・ミ、ロース・ハム、ピクルス、ゴーダ   ㋑㋳㋕

 コーヒー

 バナナ

 ヨーグルト 自家製晩白柚ジャム 

昼:

 お揚げと椎茸、水菜の焚いたん   ㋮㋛㋳

 鹿児島産びんよこわの漬丼 大葉、もみ海苔   ㋚㋳㋻

 粕汁  ころ、竹輪、揚げ、えのき、糸蒟蒻、サツマイモ、大根、人参   ㋚㋮㋛㋑㋻㋳

 花粉症が出始めたと思っていたら、風邪を引いてしまったようで、ダウン。

    

おやつ: ちゃっかり鼻も通って、お味が分かるように。   ㋙㋕

 アリーヌ・ジェアン女史の〈赤のポチッ〉

   

「少し苦みのあるノワールのクーベルチュールをフランボワーズと合わせてガナッシュに。栗の花の濃厚なハチミツをたっぷり入れたミエルガナッシュと交互にアソート。」

昨年は買えず、今年やっとお味見。 女性らしい、優しく繊細なお味。 アヴィニョンのイメージにピッタリな、素朴で実直なお味でした。

 ルノートル 「プラリネ・ガナッシュ アソート」

   

「<2冠の証> 奥の左より
【EXCEPTION】:エスプレッソの風味が豊かに香るガナッシュをブランドロゴを刻印したダークチョコレートでコーティング。
【ALCHIMIE】:スイーツミルクガナッシュと濃厚なヘーゼルナッツプラリネの2層をミルクチョコレートでコーティング。
【ECLAT】:伝統的なアーモンドプラリネをダークチョコレートでコーティング。
【ETONNANT】:滑らかなヘーゼルナッツプラリネとクリスピーな3種のナッツをダークチョコレートでコーティング。
【AUTHENTIQUE】:滑らかなトリュフクリームを入れたスイートビターチョコレートをダークチョコレートでコーティング。
【PASSION】:パッションフルーツが香る繊細なミルクガナッシュをミルクチョコレートでコーティング。

創設者であるガストン・ルノートル氏は、1957年の開業以来、フランスの美食文化に多大な影響を与えてきた人物。数多くの世界的なパティシエや料理人にとって父のような存在であり、「オペラ」など現代のフランス菓子の銘品を次々と世に送り出したイノベーターでもありました。現在も、フランス国内のブティック、レストランにM.O.F.職人が6名も在籍しているほど、洗練された職人技でハイレベルな味覚を生み出し続けている「ルノートル」。その大看板を背負うにふさわしいショコラティエ、クレンザー氏を中心に、今日も世界の美食家、ショコラファンをうならせる味わいが生まれています。味覚のクオリティ、ショコラの風味と食感へのこだわりは、ガストロノミーの概念のもと、お菓子から惣菜に至るまで、さまざまなジャンルの食材を扱う美食の殿堂ならではのものと言えるでしょう。

キュイジニエ部門とトレトゥール部門でM.O.F.2冠の偉業を達成したギー・クレンザー氏がショコラを担当。料理のようにレシピを考えてショコラを創るというコンセプトのもと、独自の世界観を作り上げています。」

このcube状の'Exception'が頂きたくて、購入。

まさに王道のショコラ達でした。 斬新さや独創性は正直感じられなかったが、良質の材料を丁寧に作っていると感じられる、安定したはずれの無い、安心して頂けるものでした。 奇をてらわない、直球勝負。 こういう職人気質の感じられるお店、頑張ってほしいです。

 『ミオール神戸』の焼き菓子 「パリの香り」、「ボニール・ショコラ」 (神戸)   ㋕㋙

    

 コーヒー

 こぱんちゃんに荷物を送ってやる。 ショコラ、食べきれるかしら?

夜: 

 インカの目覚めのポタージュ   ㋑㋳㋕

 白菜サラダ  パスタ・サラダ、豆  シーザー・ドレッシング(柚子胡椒、カボス酢)   ㋚㋮㋳㋕

 シーフード・スパゲッティ(昨日のリメイク+アサリ) モッツアレラ   ㋚㋳

     

 カリカリ・トースト 『アンデルセン』のパン・ド・ミ

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2/11 鯛とよこわのお刺身 | トップ | 2/14 ヴァレンタイン・ディナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。