日々是勉強

気軽に我流でワインを楽しんでみようかと。

10/17-18 イタリアン

2017-10-18 23:14:07 | Today's Menu

10/17 Tue. 『まこわやさしいか』 

朝:

 『新阪急ホテル』のパン クロワッサン、クリーム・パン(連れ) パン・オ・ショコラ、あんパン(私)   ㋕/㋕㋮㋙ 

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

昼:

 茄子の焚いたん   ㋳

 焼き明太子

 福岡産特大真鯵の一夜干し   ㋚

 雑穀ご飯  胡麻紫蘇ふりかけ   ㋙㋻ ㋮㋑

 粕汁  揚げ、鮭、蒟蒻、椎茸、大根、人参、葱   ㋮㋚㋑㋻㋛㋳

 『MLESNA TEA HOUSE』の「キラキラ果実のショコラ」

おやつ:

 『竹風堂』製 「方寸」   ㋮

 『花園饅頭』製 「ぬれ甘なつと」   ㋮

 『小倉山荘』製 「あられづつみ」

   

 お薄

夜: 昨日に引き続き、『サルヴァトーレ』のピザなどを。

 豆腐と水菜、ワカメのドレッシング  塩ポン酢ドレッシング   ㋮㋳㋻

 イタリア産生ハムとナポリ・サラミの盛り合わせ  

   

 フリット・ミスト   ㋑

   

 トリュフ香るイタリア産ハムとマッシュルームのビスマルク   ㋛㋳㋕  

    

 秋のクアトロスタジオーネ  マルゲリータ、ディアボラ   ㋳㋕ 

 カ・ディ・ピエトラ・スプマンテ・ブリュット  (イタリア/白・辛口・発泡)  シャルドネ60%、グレーラ40%

    

「生き生きとした酸味にフルーツの甘味が絡み、泡の刺激が心地良く口の中に広がります。しっかりとした味わいで、ボリュームのある旨味があります。」

口当たり甘やかで、果実味豊かだが、酸味も程よく、気軽に陽気に楽しめる泡。

トリフの風味にも良く合い、今日のお料理にピッタリ。

 ロッソ・プーリア・ヴェザーニ 2015  (イタリア/IGTプーリア)  ネグロアマーロ、マルヴァジーア・ネーラ

    

「きれいな酸味とボリュームのある果実味があり、アタックから強い味わいが出ています。時間とともにまろやかさを複雑さが表れます。」

料理用を兼ねて、気軽な赤を開ける。 半分だけ。

気軽な今日のメニューに良い伴走。

 

10/18 Wed. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 トリュフ香るイタリア産ハムとマッシュルームのビスマルク   ㋛㋳㋕

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 柿 or みかん

昼: 遅ご飯。

 お揚げと椎茸、蒟蒻、じゃがいも、大根の焚いたん   ㋮㋛㋳㋑

少し焦がしてしまい…

 福岡産特大真鯵の一夜干し   ㋚

 雑穀ご飯  胡麻紫蘇ふりかけ   ㋙㋻ ㋮㋑

 アサリのお味噌汁   ㋚㋮

 『MLESNA TEA HOUSE』の「マロン・グレイ」

おやつ:

 『花園饅頭』製 「ぬれ甘なつと」   ㋮

 「信貴山せんべい」

   

 お薄

夜: インドネシア料理をワン・プレートに盛り込んで。 休肝日。

 ソト・アヤム風スープ  阿波赤鶏もも、白菜の芯、春雨、フライド・オニオン、乾燥パクチー

  レモングラス、ライム・リーフ、ニンニク、ターメリック、etc.   ㋳

   

 サテ・アヤム  阿波赤鶏もも、ナンプラー

 ナシ・ゴレン  むき海老、レタス、目玉焼き、こぱんちゃんのお土産のナシ・ゴレンの素   ㋚㋳

 ミックス・ナッツ   ㋙ 

   

 コーヒー

 『ユーラク』のチョコレート

コメント

10/16 イタリアン

2017-10-16 23:56:02 | Today's Menu

2017.10.16. Mon. 『まこわやさしいか』 

朝:

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 林檎(連れ)

 バナナ

 大阪にお出かけ。  「CHASKA茶屋町」

 『阪急百貨店』 「英国フェア」 

   

昼: フェアで買ったものを。

 Fish & Chips   ㋚㋑

   

   

 ブリティッシュ・パイ チーズ   ㋕

   

 ブラック・アイル

   

 「ビリー・エリオット」観劇  at 梅田芸術劇場

   

「世界最高のクリエイター陣
音楽 エルトン・ジョン × 脚本・歌詞 リー・ホール× 演出 スティーヴン・ダルドリー

不況に喘ぐ英国北部の炭鉱の町を舞台に、ひとりの少年と彼を取り巻く大人たちの姿を描いた映画「BILLY ELLIOT」(邦題「リトル・ダンサー」)。アカデミー賞ノミネート監督であるスティーヴン・ダルドリーが手掛けたその作品は、世界中の観客を虜にした。『ライオン・キング』『アイーダ』などの名作ミュージカルを手掛けた “ポップス界の生ける伝説” サー・エルトン・ジョンは後のインタビューで、「すごく泣いた。泣きすぎて、観終わったあとは立ちあがるのに人の手を借りなければならなかったよ」と語っている。2005年、映画に引き続きリー・ホールが脚本・歌詞、スティーヴン・ダルドリーが演出を担当、そこにエルトン・ジョンが音楽で加わりミュージカル化され、世界中で成功を収めた。」

   

 雨の中、ハロウィン・ムード溢れる茶屋町をそぞろ歩き。

   

おやつ: 『Butter 茶屋町』で。

営業時間: 月~土 10:00~23:00(L.O. 22:30)、日・祝 10:00~22:00(L.O. 21:30) ※ランチ 11:00~14:00(土日祝除く)定休日: 無休

 バタージャックの窯出しフレンチパンケーキ   ㋑㋙㋕

   

「Butterで人気の窯出しフレンチパンケーキに、かぼちゃソース、かぼちゃチップ、クリームブリュレ、渋皮マロンの紅芋モンブラン、そしてかぼちゃのアイスをトッピング。バタージャックが魔法をかけた、ハロウィン限定パンケーキをさあ召し上がれ!」

 ミックスベリーのホワイトタワー   ㋕

   

「スフレパンケーキにふわとろホイップクリーム。ミックスベリーのオリジナルソースとリッチミルクソフトクリームを添えました。一緒に食べると、まるでふわふわショートケーキ。」

 抹茶ラテ

 コーヒー

 『TWG』のアール・グレイ

   

 『PIZZA SALVATORE CUOMO 梅田』  茶屋町4-4 茶屋町ガーデンビル2階  06-6131-0271  

夜: 『サルヴァトーレ』のテイク・アウトで。

 長崎産はまちのソテーの水菜サラダ  豆腐、ワカメ   ㋚㋳㋮㋻

    

 イタリア産生ハムとナポリ・サラミの盛り合わせ  

 フリット・ミスト  

    

 ボローニャ風スパゲッティ   ㋳㋕   

   

 秋のクアトロスタジオーネ   ㋚㋳㋛㋕  

    ディアボラ以外を。

   

 VENDEMMIA 2004 MONTEFALCO SAGRANTINO  (イタリア/ウンブリア州/Moretti Omero) 

   

   

エッジはオレンジがかった色合いのルビー色。 スタート時はしっかりタンニンも感じられる、完熟した赤い果実の甘味。

ゆっくりグラスで開かせながら頂くと、あっという間にタンニンが溶け込み角が取れ、実にスムースで濃厚で、イタリアの陽光を感じる。

早いペースの連れは彼の好きなタンニンも楽しめるし、チビチビ派の私は大好きなスムースで果実味豊かな状態を楽しめるし、実にばっちりの飲み頃を堪能させて頂いた。

美味しいオリーブ・オイルと同じラベルで先入観が有ったからかもしれないが、アフターにオリーブの風味が長く続く。

ピンでも充分楽しめる、久しぶりに美味しいと感動のイタリアの赤でした。 Ms.Fに感謝です。

輸入元の『山中油店』、是非訪れてみたい。

はまちのソテーにも〇◎。

マルゲリータ、ボロネーゼのトマト風味のものに◎〇。

サラミ、生ハム、フライものにも◎〇。 

本当にお料理にもぴったり、大満足のディナーとなりました。

しかし今日は恐ろしいカロリー摂取だな… 

コメント

10/15 生姜鍋

2017-10-15 22:27:38 | Today's Menu

2017.10.15. Sun. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 林檎

 バナナ

昼:

 青菜胡麻和え   ㋳㋙

 おにぎらず  明太子、納豆、佐田岬産海老ちりめん、鰹昆布、広島菜しば漬け   ㋮㋚㋕㋻㋳㋙ ㋛㋑

 粕汁  揚げ、鮭、蒟蒻、椎茸、大根、人参、葱   ㋮㋚㋑㋻㋛㋳

おやつ: Ms.N 三代が訪ねてくれて。 ( おもたせで。)   ㋮

 苺大福 (連れ)

 マスカット大福 (私)

 お薄

    

 お買い物。

夜: 

 長崎産ハマチのお刺身   ㋚

   

 生姜鍋  薩摩もち豚ロース、もも、平天:、豆腐、蒟蒻、椎茸、大根、白菜、水菜、羅臼昆布   ㋚㋮㋑㋻㋛㋳

   

 〆:雑炊  海苔、広島菜しば漬、奈良漬   ㋻㋳㋙

 柿の種と。   ㋙

 燗酒 『津乃峰酒造』造 「出世 毘沙門天立」  (徳島県阿南市) 

 燗酒 『宝酒造』造 「松竹梅 純金箔入 干支ラベル」  

コメント

10/13-14 陶板盛

2017-10-14 22:47:05 | Today's Menu

2017.10.13. Fri. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 林檎

 バナナ

昼:

 鳴門金時のポタージュ   ㋑㋳㋕

 焼き茄子と水菜のサラダ 塩ポン酢ドレッシング   ㋳

 ハッシュ・ド・ビーフ・ライス  山形牛コマ、玉葱、霜降りヒラタケ、豆、トマト・リゾット(イカ、オニオン)   ㋳㋛㋮㋚

 お見舞い。

    ケーキを買って。

おやつ: 父も一緒に。

 『ガトード・ボア』のケーキ  「アンブロワジー」、「シャモニー」、「キャラメル・ポワール」

   

 コーヒー

 お買い物。

夜: こぱんちゃんの本人不在の祝勝会。 陶板に盛り込んで。 本人はロブション氏のディナーだとか…

   

 陶板盛   ㋮㋙㋻㋳㋚㋛㋑㋕

   栄螺壺焼き

   胡麻豆腐   

   白和え 椎茸、蒟蒻、青菜、胡麻、味噌   

   鶏胸肉のロティと水菜のサラダ   

 お寿司   ㋚㋻

 チーズ5種盛  『プレジール』の「バトン」、『サハレ』製ザクロ・ピスタチオ   ㋕㋙

   パヴェ・ダフィノワ  (白カビ フランス)
   オルトラン・トリュフ  (白カビ フランス)
   ブシェット・アッシュ  (シェーブル フランス)
   ブルー・スチルトン  (青かび イギリス)
   スモーク プロヴォローネ  (ハード&セミハードタイプ イタリア)

   

   

 ローラン・ペリエ・シャンパーニュ・ブリュット  ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ15%、シャルドネ50% 

     

    

「意外と店頭で見かけることが少ない、なのに世界のVIP必ずご用達の最高品質のシャンパンはやっぱりこれでしょう。フランス国家最高勲章を授かったベルナール・ド・ノナンクール氏。その生まれもったカリスマ性でローラン・ペリエ社を率い、よく熟した高品質のブドウを常に用いて、いつも最高品質のシャンパンを提供してくれています。あのサロンやドラモットを持っているのも、何を隠そう、ローラン・ペリエこそがその大元締めなのです!今では、その名を聞くだけで安心・信頼・おいしいっと合言葉のように返ってくる極上シャンパンの代名詞とまでなりました。ウルトラ ブリュットは、なんと、一切のドザージュ(補糖)を行わない、切れ味バツグンのとってもピュアなシャンパンです!無糖で勝負とは、どれだけいいブドウなのか自信の証明でしょう。」

シャルドネの勝った、酸味もしっかりで、上品な果実味のシャンパーニュなので、和食にも合わせやすい。

栄螺のつぼ焼きにすら〇。

お寿司も概ね〇◎。 海老、イカが◎〇で、かんぱちは✕。

鶏胸肉に◎。 タイムの風味が良く合った。

私はチーズまでたどり着けず。

 燗酒 『津乃峰酒造』造 「出世 毘沙門天立」  ( 徳島県阿南市) 

   

   

「信貴山管長大本山玉蔵院、野澤密厳法主様より企業振興の啓示を賜る機縁を得、管長より「清酒出世毘沙門天王」の命名と直筆を拝受いたしました。弊社といたしましては、誠に意義深い製品として健康と開運、隆盛の願いを込め、お客様の幸せを念願する次第であります。日本古来の酒造りの手法に基づき、米を選び、一切の添加物を用いず、丹精込めて醸造いたしております。
(注)信貴山寺は、奈良県生駒郡平群町にあり、聖徳太子により開創された毘沙門天王の総本山。」

 

10/14 Sat. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーとバナナ。

 お寿司(昨日の残り。)   ㋚㋻

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 林檎

 バナナ

昼:

 白和え 椎茸、蒟蒻、青菜、胡麻、味噌   ㋮㋛㋑㋻㋳㋙

 骨天   ㋚㋕

 雑魚納豆ご飯(雑穀米)   ㋚㋕㋮ ㋙㋑

 アサリのお味噌汁  三つ葉   ㋚㋳㋮

おやつ: 庭の紅葉した柿の葉にこぱんちゃんの北海道土産を盛り込んで、「実りの秋」のプレート。   ㋑㋙

 『ショコラティエ・マサール』製 「フィアンティーヌ[ミルク]」

 『ショコラティエ・マサール』製 「ショコラ・ブラウニー」

「マサール特製ブラウニーをカリッと焼き上げ、スイートチョコレートでキュートなキューブ型にコーティング。」

 北海道のスナック菓子2種   

 チョコレート・クランベリー   

   

 コーヒー

 マッサージ。

夜: 休肝日。

 鶏胸肉のローストと水菜のサラダ  胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 豚とお揚げ、キャベツの味噌炒め   ㋮㋳

   

 ハッシュ・ド・ビーフ・ライス(雑穀米)   ㋳㋛㋮㋚ ㋙

 玉葱とワカメのカレー風味スープ   ㋳㋻

 ドライ・マンゴー (

 コーヒー

コメント

10/12 ハッシュ・ド・ビーフ

2017-10-12 22:29:46 | Today's Menu

2017.10.12. Thu. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 林檎

 バナナ

昼:

 鶏胸肉のチーズ焼き(昨日のリメイク) 霜降りヒラタケ、ジャガイモ、人参、オニオン、オクラ、豆   ㋛㋑㋳㋮㋕ 

 サラダ稲庭うどん  胡麻味噌だれ  豆腐入り練り物、鶏胸肉のロティ、おつまみ蒟蒻、椎茸甘辛煮、水菜、カイワレ、ワカメ   ㋚㋮㋛㋳㋻㋙

   

 蜆のお味噌汁  三つ葉   ㋚㋳㋮

おやつ:

 『歌屋』製 「五十五万石」 (和歌山市)   ㋮

 『花園饅頭』製 「ぬれ甘なつと」   ㋮

 『小倉山荘』製 「あられづつみ」

   

 お薄

夜:  

 鳴門金時のポタージュ   ㋑㋳㋕

 カレー風味もやしと水菜、カイワレ、ワカメのサラダ  塩ポン酢ドレッシング   ㋳㋻

   

 ハッシュ・ド・ビーフ  山形牛コマ、玉葱、霜降りヒラタケ、豆   ㋳㋛㋮

   

 トマト・リゾット  イカ、オニオン、ゴーダ   ㋚㋳㋕

   

 チーズ5種盛  『プレジール』の「バトン」、『サハレ』製ザクロ・ピスタチオ   ㋕㋙

   パヴェ・ダフィノワ  (白カビ フランス)
   オルトラン・トリュフ  (白カビ フランス)
   ブシェット・アッシュ  (シェーブル フランス)
   ブルー・スチルトン  (青かび イギリス)
   スモーク プロヴォローネ  (ハード&セミハードタイプ イタリア)

   

 シャトー オー マジネ 2014  (フランス/ボルドー)  メルロー80%、カベルネ・ソーヴィニヨン20% 

   

    

「アントル・ドゥ・メール地区にあるスーサック村に構えるシャトー・オー・マジネ。
カトリーヌとジャン夫妻の運営するジョリヴェ家によって代々守られてきました。
石灰・粘土質土壌の畑では有機肥料を使用し、自然に近い状態でブドウの栽培を行っており、その品質は年々向上しています。

平均樹齢20年。
■コンクール・ジルベール& ガイヤール2015 /金賞受賞(2014VT)
■コンクール ジェネラル・アグリコル パリ2015 /銅賞受賞(2014VT)
 
芳醇なブラックベリー、カシスや花の香りが広がり、直後にスパイスやミントのニュアンス。
まろやかでフルーティーな味わいで、タンニンが柔らかく溶け込み、イキイキとした果実味が楽しめるワインです。
熟成ハンバーグとの相性が抜群です。
ハンバーグソースの隠し味にもワインを使っていただくとさらに美味しさアップ。」

とっても軽いが、果実味も良いバランスの良いデイリー・ボルドー。

ハッシュ・ド・ビーフと格もぴったりで、◎〇。

 コーヒー

 『ユーラク』のチョコレート

コメント

10/11 鶏胸肉のロティ タイムとレモンの風味

2017-10-11 23:16:59 | Today's Menu

2017.10.11. Wed. 『まこわやさしいか』 

朝:

 コーヒー 

 ヨーグルト 『メローネ』の栗のコンフィチュール   ㋕㋙

 豊水梨

 バナナ

 椎茸の甘辛煮を焚く。

 お客さん。

昼: 遅ご飯。

 オクラおかか   ㋳㋚

 水菜とカイワレのサラダ  塩ポン酢ドレッシング   ㋳㋙

 福岡産特大真鯵の一夜干し  カボス   ㋚

 雑穀ご飯  広島菜しば漬、梅胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻

 豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮

おやつ: 昼食後に続きで。

 自家製スィート・ポテト   ㋑㋕

 アイス・コーヒー

 Ms.O が訪ねてくれて。

 コーヒー

 こぱんちゃんから嬉しい知らせが届く。

夜: 連れ会議で、遅くに。

 鳴門金時のポタージュ   ㋑㋳㋕

 水菜とカイワレ、ワカメのサラダ  塩ポン酢ドレッシング   ㋳㋻

 鶏胸肉のロティ タイムとレモンの風味 青梅ジャム添え  霜降りヒラタケ、ジャガイモ、人参、オニオン、オクラ、豆   ㋛㋑㋳㋮

   

    

こぱんちゃんのお土産の香辛料を使って。 プーレではなく胸肉にアレンジしちゃったけれど。

 鶏皮の唐揚げ  かぼす

   

 チーズ2種盛  『プレジール』の「バトン」、『サハレ』製ザクロ・ピスタチオ   ㋕㋙

   ブシェット・アッシュ  (シェーブル フランス)
   オルトラン・トリュフ  (白カビ フランス)

   

 エリタージュ・クラシック ブラン 2015 (フランス・ラングドック地方ーIGP ペイ・ドック) ソーヴィニョン・ブラン60%、グルナッシュ・ブラン20%、ユニ・ブラン20% 12.5%

   

     

「ガブガブ飲みたいカジュアルさと、飲んで驚きの旨さ!! 【これは旨い!!最後の一滴まで飲み干したい!!】
明るく快活な飲み心地と柔らかな旨みがたまらない!! 柑橘のフレッシュ感とリッチな果実味があふれ出す!!
ジューシーな酸が喉を爽快に潤す!!蜜の余韻がプチ贅沢!! ローストチキンや白身魚のソテーと抜群の相性です!!
レモンのフレッシュ感に、洋ナシやメロンの甘い香り、そしてハーブと白胡椒の爽やかな刺激が美しく調和したアロマ。思わず食欲がかきたてられます。
なめらかな口当たりに続き、柑橘のみずみずしさが口中にほとばしる快活なアタック。間髪入れず、完熟の黄金桃やアプリコットのリッチな果実味がたっぷりと広がる中、南仏らしいジューシーな酸が全体を心地よく引き締める絶妙なバランス。わずかに感じるオレンジのゼストのようなほろ苦さと、ハチミツの風味のコントラストも格別です。」

SBの青い風味とグルナッシュ・ブランのアロマテックでハーバルな風味が混在する愉快な白。

想像通りのお味で、ロティに〇◎。 青梅ジャムを添えて◎〇。

山のように出来てしまった青梅ジャム、結構ワインに良く合い(特にSBに)重宝です。

水菜のサラダにも良く合い〇◎。

意外とチーズにも良く合い、◎〇。

 〆:チーズ・トースト   ㋕

 コーヒー

コメント

10/9-10 焼き焼き

2017-10-10 22:19:57 | Today's Menu

2017.10.9. Mon. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 豊水梨

 お買い物。

 『Leonidas』でソフト・クリームの買い食い。

    

昼:

 蟹かまと水菜のサラダ 塩ポン酢ドレッシング   ㋚㋳

 煮物(昨日の残り) ㋚㋮㋳㋑㋻

 静岡産きはだマグロのお刺身   ㋚

 黒米ご飯  奈良漬、紫蘇胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻

 餅入り豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮

おやつ:

 『千代の舎竹村』製 「西大寺餅」   ㋮

   

 お薄

 「大和文華館」 『特別展 柳沢淇園 -文雅の士、新奇の画家-』展鑑賞。

   

    

「日本の文人画の先駆者と称される柳沢淇園は、元禄十六年(1703)、柳沢吉保の筆頭家老である柳沢(曾禰)保挌の次男として江戸に生まれました。淇園は、吉保のもとに集った学者や黄檗僧などと交流を持ち、最先端の文化を吸収しつつ成長しました。殊に絵画に優れ、長崎派の画家英元章(吉田秀雪)に師事して「唐絵」を学びました。享保九年(1724)、主家の転封に伴い大和国郡山に移り住み、同十二年には藩主の吉里(吉保の子)より里の一字を賜り、里恭と改名します。「不行跡」のため処分を受けるという挫折も経験しますが、同十五年に家督を継ぎます。四十代に公務が充実するようになると、作品制作も活発化し、宝暦八年(1758)に没するまで絵画に真摯に向き合いました。

大黒天図 柳沢淇園筆 MIHO MUSEUM蔵
大黒天図 柳沢淇園筆
MIHO MUSEUM蔵

果物籠図 柳沢淇園筆 頴川美術館蔵果物籠図

柳沢淇園筆 頴川美術館蔵淇園の絵画は、濃彩で精緻に描く人物図や花果図が主であり、文人画で主流となる柔らかな筆墨を用いた「南宗様式」とは異なります。しかし、高い身分に生まれて教養を積み、為政に関わりつつ絵画表現を模索する生き方は、理想とされる伝統的知識人に最も近いと言えます。

本展は、日本の文人画の胎動期に光彩を放った柳沢淇園を取りあげる約五十年ぶりの展覧会です。淇園の充実した作品とともに、淇園に影響を与えた黄檗の絵画や、淇園より影響を受けた次世代の文人画家の作品も併せて展示し、その生涯に迫ります。」

1700年頃の良き時代に、武士として勤めながら、趣味、教養を磨いた柳里恭。

12歳にして、狩野派を否定し、中国様の絵画技術を取り入れつつ昇華させた様が良く分かる展覧会でした。

敷地の芙蓉が綺麗でした。

帰宅して:

 豆大福 ()   ㋮

   

 アイス・コーヒー

 お買い物。

夜: 昨日の続きを焼きながら。 

 鳴門金時のポタージュ   ㋑㋳㋕

 鯵のにぎり寿司   ㋮㋳

   

 焼き焼き  大和牛ロース、大分産鱧、白菜ともやしのキムチ、しめじ、玉葱   ㋚㋳㋛㋑

 ミニ天麩羅  連れ:蓮根、竹輪 私:大葉、イカ、生姜

 チーズ5種盛  『プレジール』の「バトン」、『サハレ』製ザクロ・ピスタチオ   ㋕㋙

   パヴェ・ダフィノワ  (白カビ フランス)
   オルトラン・トリュフ  (白カビ フランス)
   ブシェット・アッシュ  (シェーブル フランス)
   ブルー・スチルトン  (青かび イギリス)
   スモーク プロヴォローネ  (ハード&セミハードタイプ イタリア)

   

 マルキ・ド・カロン 2009  (ACサンテステフ)  カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、メルロー 30%、カベルネ・フラン10%

       

「【サンテステフ3級:シャトー・カロン・セギュールのセカンドワイン】
第1級格付けワインに匹敵すると高く評価されているフォーストブランド、シャトー・カロン・セギュールのセカンドワインが、このシャトー・マルキ・ド・カロンです。

【シャトー・カロン・セギュールについて】
ボルドーのサンテステフ村を代表する「シャトー・カロン・セギュール」。格付けは第3級ですが、ときに第1級のシャトーにも勝る素晴らしいワインを生み出しています。18世紀当時のオーナーはシャトー・ラフィットやラトゥールなどを所有するボルドーきっての名門セギュール家。「カロン」というのはローマ時代の材木運搬船の名で、セギュール侯爵はこの名がいたく気に入っていたようです。
カロン・セギュールには有名な逸話が残っています。ヴェルサイユ宮殿でシャトー・ラフィットが評判になり人々の称讃を浴びたとき、セギュール侯爵は次のような言葉を残しました。

「ラフィットやラトゥールのぶどう園でも私はワインを造っている。けれど、私の心はカロンにある」

ラフィットが栄光に輝いてもセギュール侯爵の心を捕えていたのは「シャトー・カロン・セギュール」だったのです。 だからなのか、エチケットにはハートがデザインされ、今では「ハートのワイン」として人気が高まっています。

2009年ヴィンテージは言わずと知れたボルドーグレートヴィンテージ。シャトー・カロン・セギュールの中でも卓越なヴィンテージの一つです。」 

昨日、サード的存在のシャペル・ド・カロンを開けたので、比較を兼ねて今日はセカンドのマルキ・ド・カロンをチョイス。

二年前に開けた次点で、「少し早かったかな? 後1年で私向きのベストと思われる。 連れはこれでも丁度良いとのこと。 スタート時は黒い果実のアロマで、タンニンも強く酸も馴染んでいない感じ。 中盤以降はバランスは取れてくるが薄くなった感じ。」だったので、ぼちぼちかと抜栓。 

スタート時はまだ早いかという感じ。 アルコールが強く感じられ、タンニンも少々荒く、酸味もきつい。

大きめのグラスで開かせながらチビチビ頂くと、すぐに程よいまとまりが出てきたので、連れの好みに合わせてデキャンター無しでそのまま頂くことに。終盤は私好みのちょい早目の飲み頃だったが、まだまだ熟成が効きそう。

飲み比べとしては果実感はシャペルがファーストに近く、造りはマルキがファーストに近い。

家でのちょい飲みには、早く飲み頃を迎えるシャペルがやっぱり重宝かな。 

マルキは若い樹齢の葡萄なのかな?というお味であまり値打ちが感じられないかな。

牛ロースにはシャペルの方が良く合っていた。 今日は〇◎程度。

チーズには今日の方が良く合い、いずれにも◎〇。

 コーヒー

 

10/10 Tue. 『まこわやさしいか』 

朝:

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 豊水梨

 バナナ

昼:

 水菜サラダ  胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 福岡産特大真鯵の一夜干し  カボス   ㋚

   

   

 雑穀ご飯  奈良漬、紫蘇胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻

 豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮

おやつ:

 自家製スィート・ポテト   ㋑㋕

   

 信貴山せんべい

   

 『NAVARASA』製 「ダージリン ファースト・フラッシュ」

夜: 連れ、外食。 休肝日。

 鳴門金時のポタージュ   ㋑㋳㋕

 天丼  海老、さつま芋、茄子、玉葱、海苔   ㋚㋑㋳㋻

   

 『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』の「バトネ プラリネ」 ココナッツ、クレープ・ダンテル、ビスキュイ   ㋙

   

 コーヒー 

コメント

10/8 村祭

2017-10-08 22:54:56 | Today's Menu

2017.10.8. Sun.  村祭  『まこわやさしいか』 

お祭り日和の秋晴れの日となりました。

朝: 今日は私も。

 バター・トースト  『ル・プチ・メック』の パン・ド・ミ   ㋕

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 豊水梨

昼: 連れ、早ご飯。

 白和え  蒟蒻、しめじ、三つ葉、胡麻、青唐味噌   ㋮㋙㋑㋻㋛㋳

 焼き塩鮭(連れ)   ㋚

 骨天(私)   ㋚㋕

 雑穀ご飯  奈良漬、広島菜醤油漬、紫蘇胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻

 豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮

   

おやつ:

 『千代の舎竹村』製 「西大寺餅」   ㋮

   

 お薄

夜: こぱんちゃんが送ってくれた大和牛を焼きながら。

 蟹かまと水菜のサラダ 塩ポン酢ドレッシング   ㋚㋳

 お弁当 ( 分け分けして、オードブル的に。)

   

 焼肉  大和牛ロース、チョリソー、粗挽きハーブ・ソーセージ、鳴門金時、玉葱   ㋑㋳

   

   

 自家製白菜ともやしのキムチ   ㋳

   

 チーズ3種盛  『サハレ』製ザクロ・ピスタチオ   ㋕㋙

   ブシェット・アッシュ  (シェーブル フランス)
   ブルー・スチルトン  (青かび イギリス)
   スモーク プロヴォローネ  (ハード&セミハードタイプ イタリア)

 焼きおにぎり(お弁当のご飯を)   ㋙

 LA CHAPELLE DE CALON 2010  (フランス/ボルドー地方/サンテステフ地区)  CS55%、メルロー30%、CF15%

     

「今回ご案内の2010年もまたまた超大当り年!! もう皆様すっかりご存知とは思いますが、2010年ボルドーと言えば、あのパーカーさんの【ワイン・アドボケイト誌】が、このワインの産地であるボルドーのサンテステフ地区に、なんとなんと!!98点を付けた歴史的・超大当り年!! 本家[カロン・セギュール]も近年最高級の仕上がり!! パーカーさんもボルドー史上最高とも言われた2009年と同点の高得点【94+】を与えています!!

実際に味わってみますと・・・ この2010年は今まで以上に濃厚な仕上がり!!

『開けたてすぐに沸き立ってくるような濃密なカシスの香り、ブラックベリーのような凝縮感、そしてラズベリーのような甘酸っぱさ・・・ さに【カロン・セギュール】ならではの魅惑のアロマ!!
その味わいには湧き上がるような力強さがあり、豊富なタンニンに支えられた立体感が見事!!

サンテステフらしい頑丈な骨格と重厚なボディ感が印象的で、ボリューム感も抜群!! その飲み応えは過去のヴィンテージを完璧に彷彿!!
しかも、緻密な味わいには堂々とした風格とエレガントさも感じられ、飲むほどに旨みが増していきます!! 長くリッチな余韻はとても贅沢!!口中に広がる複雑な旨みがたまりません!!!』」

ばっちり好みの飲み頃。 サンテステフらしい甘い果実味が豊かで、しかも南国っぽくないボルドーらしさも備えている。

1st と同じ畑で造られているシャペル、当たり年のものは絶対お値打ちです。

お神酒をしっかり頂いて帰宅するので、格付けでは無くこちらをチョイスしたが、大和牛ロースに全然負けておらず、◎でした。

コメント

10/7 居酒屋メニュー

2017-10-07 23:46:13 | Today's Menu

2017.10.7. Sat. 『まこわやさしいか』 

朝: 

 月見たぬき蕎麦 葱、海苔 (連れ)   ㋮㋳㋻

 わかめ肉うどん 葱 (私)

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 メロン (連れ)

昼: 連れ、外食()。

 雑魚納豆ご飯  奈良漬、広島菜醤油漬   ㋚㋕㋮㋳㋙ ㋻㋛㋑

 豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮

 オー・レ   ㋕

おやつ:

 『歌屋』製 「五十五万石」 (和歌山市)   ㋮

 『小倉山荘』製 「あられづつみ」 (

   

 お薄

 お買い物。

夜: 

 おつまみ盛   ㋮㋙㋻㋳㋚㋛㋑

   おつまみ竹輪   

   胡麻豆腐   

   白和え 蒟蒻、しめじ、三つ葉、胡麻、青唐味噌  

   海鮮巻き

   

 焼き塩鮭(ロシア産天然時鮭)   ㋚

   

 豚汁 薩摩もち豚、椎茸、蒟蒻、大根、牛蒡、竹の子、玉葱、羅臼昆布のお味噌汁   ㋛㋑㋳㋻㋮ 

 『両関酒造』造 「翠玉 特別純米 生酒」 (秋田県・湯沢市)

 燗酒  『宝酒造』造 「松竹梅 純金箔入 干支ラベル」 

コメント

10/4-6 十五夜

2017-10-06 22:45:20 | Today's Menu

2017.10.4. Wed.  十五夜  『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 バター・トースト  『ル・プチ・メック』の パン・ド・ミ   ㋕

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 豊水梨

昼:

 シーチキンとレタスのサラダ 胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 おでん  大和牛すじ、玉子、練り物色々、揚げ、蒟蒻、じゃがいも、椎茸  ㋚㋮㋑㋻㋛

 雑穀ご飯   ㋮㋙㋻㋳㋚㋛㋑㋕

おやつ:

 『歌屋』製 「五十五万石」 (和歌山市)   ㋮

 『月世界本舗』製 「月世界」 (福井市)

 『亀末廣』の干菓子 月、芒 (京都市)

 『花園饅頭』製 「ぬれ甘なつと」 (新宿)   ㋮

 お薄

   

   

    綺麗なお月様を堪能。

夜:

    

 陶板盛   ㋮㋙㋻㋳㋚㋛㋑㋕

   畳鰯

   函館ミニいか飯 

   『柿安』製くるみ牛肉旨み焚き

   竹の子団子

   胡麻豆腐

   銀杏

   白和え 蒟蒻、しめじ、大根菜、青唐味噌

   あしらい

   

 二の皿

   鹿児島産鰻の蒲焼   ㋚

   焼き霜降りヒラタケ  すだち、生姜   ㋛

   月見玉子

   

 鰻重  奈良漬   ㋚㋳

   

 『秋田清酒株式会社』造 「出羽鶴 飛天の夢 スパークリング」 (秋田県大仙市)

   

    

分類 CLASSIFICATION: 純米吟醸酒 / Junmai Ginjo-shu

原料米 INGREDIENT: 酒こまち / Sakekomachi

味のタイプ TYPE OF FLAVOR: さわやかな発泡性を持つやや辛口 / Fresh sparkling, Semi dry

精米歩合 RICE POLISHING RATIO: 55%

アルコール度数 ALCOHOL OF VOLUME: 15.0-15.9%

日本酒度 SMV: ±0

酸度 ACIDITY: 1.8

おすすめ飲用温度 SERVE: 5-10℃

一般小売価格 PRICE: ¥1,728(税込)

商品説明 DESCRIPTION: さわやかできめ細かい炭酸の泡により、あざやかな香味がさらに際立ちます。暑い夏の日に最適のスパークリング、よく冷やしてお召し上がり下さい。

活性濁りの割には辛口で癖も無い、ありきたりのお味。 もちろん美味しいのだが、秋田からわざわざ取り寄せることはないかもしれない。

ネーミングに惹かれ、今宵の一本に。

 エヴィダンス 2000  (ACコート・ド・ブール)

   

「ボルドー右岸の格上赤ワイン! グレートヴィンテージ2000年!

中くらいの濃さのガーネット色。ケイトウの花をイメージさせる、萌えるような色合いです。黒スグリ、ベリー系のリキュールの香り。湿った土のスパイシーな香りに、ほのかにカラメルの香りも。酸味と果実の甘味が整った、バランスの良い味わいです。渋味が後から絡んで、心地良い旨味を楽しめます。」

程よい熟成感に、果実味と一体となった酸味もしっかり感じられる。

竹の子団子に〇◎。 甘酸っぱさがばっちり。

鰻重に〇。 

 コーヒー 

 

10/5 Thu. 『まこわやさしいか』 

朝: 私はコーヒーだけ。

 バター・トースト  『ル・プチ・メック』の パン・ド・ミ   ㋕

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 豊水梨

 病院。

昼:

 シーチキンとレタスのサラダ 胡麻ドレッシング   ㋳㋙

 白和え 蒟蒻、しめじ、大根菜、青唐味噌   ㋮㋙㋑㋻㋛㋳

 鰯一夜干し   ㋚

 雑穀ご飯  奈良漬、広島菜醤油漬、胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻ ㋮㋚㋛㋑㋕

 お揚げと大根、椎茸、じゃがいも、、玉葱、がごめ昆布のお味噌汁   ㋮㋛㋑㋳㋻

おやつ:

 メロン

 『花園饅頭』製 「ぬれ甘なつと」 (新宿)   ㋮

 『亀末廣』の干菓子 (京都市)

 『小倉山荘』製 「あられづつみ」 (

   

 お薄

 Ms.Oが訪ねてくれて。

 コーヒー

   

 『メリッサ』製 「カヌレ」 (

夜: 休肝日。 

 胡麻豆腐   ㋙

 焼き霜降りヒラタケ  すだち、生姜   ㋛

 鹿児島産鰻の蒲焼、銀杏、『柿安』製くるみ牛肉旨み焚き   ㋚㋙

 竹の子団子  雑魚と水菜、トマトのサラダ(ポン酢ドレッシング)添え   ㋳㋚㋕

 雑穀ご飯  奈良漬、広島菜醤油漬、胡麻ふりかけ   ㋳㋙㋻ ㋮㋚㋛㋑㋕

 

10/6 Fri. 『まこわやさしいか』 

朝:

 バター・トースト  『ル・プチ・メック』の パン・ド・ミ   ㋕

 コーヒー 

 ヨーグルト 自家製青梅ジャム   ㋕

 メロン(連れ)

昼:

 大根の金平   ㋳㋙

 雑魚納豆   ㋚㋕㋮

 焼き秋刀魚(北海道産) すだち   ㋚

   

 雑穀ご飯  奈良漬、広島菜醤油漬   ㋳㋙㋻ ㋮㋚㋛㋑㋕

 お揚げと大根、椎茸、じゃがいも、、玉葱、がごめ昆布のお味噌汁   ㋮㋛㋑㋳㋻

おやつ:

 『メリッサ』製 「カヌレ」

 『ラブチョック』のオーガニック・ロー・チョコレート 「ピュア・ニブス」「ピーカン・マカ」   ㋙

 金柑

   

 コーヒー 

 豚汁の下拵え。

夜: 休肝日。

 中華鍋  豚バラ、ソーセージ天、豆腐、蒟蒻、吉野しめじ、玉葱、白菜、水菜、羅臼昆布   ㋚㋮㋑㋻㋛㋳

 〆:ラーメン

 コーヒー 

コメント