魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

顔色をうかがう

2017-04-22 00:04:53 | 詩嚢
生まれて初めて顔色を窺ってみたのはパパのだった
不安そうな顔で眺めていたけど喜んでくれているはず
微笑んであげたらちょっとだけ笑い返してくれた

それだけで安心しきってしまったのが
馬鹿だったのかもしれない

物心ついたころには父の顔色ばかりを窺っていて
何だか今日は機嫌が悪いみたい 
だったら下手に出てみて肩叩きに晩酌に

それでもダメなら隠れるか
覚悟するしかないんです

生まれて初めてママの顔色を窺ってみた
何だか辛そうな顔で僕を見つめていたんだ
だけど微笑んでみたらすっごく喜んでくれていた

生まれ出てきて良かったと
思ったのが間違いだった

物心ついたころには母の顔色ばかり 窺っていて
今日はどこに行くの なんて聞けるわけもなく
ただ黙って鏡の前で化粧するその姿を見ていた

それでも別に構わなかった
母の側に 父の側に居られるなら
機嫌が良ければいろんなものを買い与えてくれたし

大きくなって初めて人の顔色窺った
たぶん今日は彼と喋らない方がいい
予測は当たって突然切れた 

触らぬ神に祟りなし
そう思っていたけれどそんなことは出来なくて

企業に就職しても人の顔色ばかり 窺っていた
怒られないようにうまくあしらっていきつつ
社長の目に留まるようにする

そんなことが出来てれば
こんな人生じゃなかったはずさ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これ 売れたん | トップ | 地獄という場所 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。