魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

燕の巣立ち

2017-06-16 17:13:40 | 詩嚢
子ツバメは餌が足りない
騒ぎ立てているけれどその空腹が自立を促すきっかけなんだ
飛び立てる そう知った時にはもう自由に空を飛んでいて
どこまでも行けるとそう信じてた
だけども空は圧を掛け飛び出してしまわぬようにと
それに負けじと空を駆けて力をつける

親ツバメは餌が足りない
嘆いてみせてるけれど実際のところはそうじゃないんだ
もう飛んでいけるはず 期待を込めたその目で目撃したくて
近くでウロウロ 
邪魔だなと思われながらも一緒に飛んで
故郷に帰る

餌が足りない もう言わないけれど
ちょっと寂しいような 嬉しいような気持ちが一杯
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落ち枇杷に法師の陰を見つけたり | トップ | さやさや爽やかな風が吹いて... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。