魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

稲とオモダカ

2016-09-19 13:24:20 | 詩嚢
水田に実る稲はただ重く膨らんでゆく
その下で清廉なその白い色を見せていて
なんて自由なんだ なんでこんなところで生きているんだ

風に揺れている稲はどんどん重さを感じていきながら
その下に映る小さな実を見る
まだ青くつやつやとしていてなんだかとっても羨ましい

水を張ったその田にオモダカが
その上には今にも零れ落ちそうな実が
食べてみたいな おいしいんだろうな

雨に濡れている田んぼのオモダカ
手が届きそうなところに実はあるのに食用とはされなくて
各地に散らばってゆく

このまま広がってけばいつでもどこでも食べられる
そうなると思っていたのに特別な時だけしか食べられなくて

水田に実る稲は下を見る
水を張った田んぼでは上を見上げるオモダカが
あぁこのふたりは
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭間で揺れ動いているお婆さん | トップ | 犬が忌み嫌う世界 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。